SNSでも「#庭づくり」「#庭のある暮らし」といったハッシュタグがたくさん見られるように、最近では自分の庭をもつ人が増えてきています。そんな中、「庭はあるけれど、どうすればいいのか分からない」「せっかくの庭をもっと活用したい」という人も。そんな人たちのために、庭を「夜の第2のリビング」としておしゃれに活用する方法やコツをご提案! 3つのタイプに分けて施工例とともにご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

ライトアップで庭をもっと有効活用しよう!

「庭はあるけれど、どうすればいいのか分からない」「せっかくの庭をもっと活用したい」というお悩みの最大の理由は、多くの方が平日の昼間に自宅不在のことが多く、庭を利用できる時間が限られているから。平日の昼間は仕事や学校で家人が不在の場合が少なくありませんし、家にいる土日がいつも晴れるとは限りません。

そこで、おすすめなのが平日の夜の庭活用。家族が帰宅してから、庭を「夜の第2のリビング」として有意義に活用しましょう。それにはライトアップが必須です。

ゆっくり過ごしたい人向けのライトアップ

ゆっくり過ごしたい人向けのライトアップ

夜、自宅の庭でおしゃべりしたり、お酒を飲んだり…優雅で大人な時間を過ごせたら素敵だと思いませんか? そんな空間を作るにはデッキライティングというテクニックを活用します。小さなライトが温かく照らし、暗くなりがちなデッキの端に並べて配置することで奥行きと美観を作り、安全性も確保してくれます。

光の色によっても全く見え方が変わってくるので、庭の雰囲気や好みに合わせて選びましょう。落ち着いた雰囲気にしたければ、電球色をメインに。低位置に電球色の光を集めると、より落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

リゾート風にしたければ、青色・白色をメインに。華やかで非日常的な雰囲気を演出してくれます。

デッキライティングというテクニック

楽しい時間を大勢で過ごしたい人向けのライトアップ

楽しい時間を大勢で過ごしたい人向けのライトアップ

大勢で楽しめる場がほしい!! そんな人にはフレームライティングをおすすめします。空間を全体的に明るく照らし、夜の庭でも大人から子供まで、さまざまな年代が集まって楽しく団欒できる場となります。また、頭上から照らす光があると、テーブル面も明るくなるので、食事にも適します。

このほかにも、装飾性の高いデコレーションライトなどを設置すると、より楽しい空間で過ごせます。デコレーションライトは写真の他にもたくさん種類があるので、お気に入りの組み合わせを見つけてみてください。

装飾性の高いデコレーションライトなどを設置

室内からの眺めや外観も意識したい人向けのライトアップ

室内からの眺めや外観も意識したい人向けのライトアップ

部屋からの眺めや、近隣からの眺めもオシャレにしたい!! という人には‘パスライティング’と樹木のライトアップを組み合わせた、上級ライトアップテクニックがおすすめ。

パスライトはアプローチや庭の小道の足元を照らすための照明器具です。パスライトと樹木のライトアップを組み合わせると、庭空間がより明るく照らし出され、夜でも庭の色彩を楽しむことができます。室内からの眺めも最高ですし、夜の庭で食事もでき、一石二鳥です!

庭のスタイルに合わせてパスライトや樹木の照らし方を選ぶのも楽しいですよ。

庭のスタイルに合わせてパスライトや樹木の照らし方を選ぶ

このように、さまざまな場面に合わせてライトアップ方法を変えることで、庭の見え方も変わり、いろんな役割を果たしてくれます。

夜の庭に第2のリビングを作るには、照明器具のほかにもガーデン家具があるとくつろぎの空間に近づけられます。「自分がどんな風に、誰と過ごしたいか」を考え、光の色や、照明器具、庭に合ったガーデン家具を選んでみてください。

そして、大切な人と大切な時間を庭で過ごしましょう!

 

Credit

LEDIUSロゴ

LEDIUS Lighting Lab.
『LEDIUS Lighting Lab.』は、庭に快適な光を計画・提案する〝ライティングデザインチーム〟、庭に新たな光を考え、創造する〝商品企画チーム〟、庭に最適な照明器具を形にする〝開発チーム〟、庭の光の価値を伝える〝セールスプランチーム〟からなる屋外照明のプロフェッショナル集団。
エクステリア、ガーデン、商業施設などあらゆる空間に合った照明器具デザイン、空間デザインを通して光の価値、重要性を考え、新しさ、ワクワクする光の提案を行っていきます。

Print Friendly, PDF & Email