壁を乗り越え咲きこぼれるバラの景色。イギリスやフランスのガーデンでよく見かける優雅かつダイナミックなあの風景は、一体どうやってつくられているのでしょうか。造園家の阿部容子さんが群馬県での施工実例をもとに、その仕立て方を教えてくれます。

Print Friendly, PDF & Email

冬のつるバラは美観上やや問題あり

冬のつるバラの様子。

壁を這って咲くバラの景色は、とてもエレガント。

ただし、バラの花が咲いている春は。

春の花後は枝がビューンと旺盛に伸びて、モサモサと枝葉が茂ります。公道に面していれば枝が通行の邪魔になりますし、秋冬は葉が落ちて茶色い枝がむき出しになると、無骨な景色にならざるを得ません。春を過ぎてしまったバラの姿は、家の顔となる場所にはあまり相応しいとはいえないかもしれません。とはいえ、家の外観をバラで華やかにしたい! と思う気持ちもよく分かります。バラは特別な美しさを持つ花ですものね。

壁の裏へバラを植栽して表はスッキリ

公道に面したレンガの壁。てっぺんをロサ・バンクシアエ・マルノリスがふわふわと彩る。

私が手がけた上の写真の個人邸でも、外壁をバラで彩りたいという希望がありました。高さのある美しいレンガの壁に一面バラが咲いたら、それはそれは見事でしょう。しかし、せっかくの美しいレンガの壁が秋冬にバラの枝で覆われてしまうのも、もったいないなぁと思いました。そこで、バラを壁の前ではなく、後ろへ植えました。ほら、こんなにスッキリ。

壁の裏側。太い枝が何本も。

壁の後ろに植える場合のポイント

バラは株元に日が当たらなくても、光合成をする葉に日が当たっていれば生育できます。この庭ではロサ・バンクシアエ・ノルマリス(モッコウバラ)を壁の後ろへ植栽していますが、新苗のような小さな苗だと日が全く当たらず枯れてしまう可能性があるので、壁の上まで枝が届く大苗か、ある程度枝を伸ばしてから定植するとよいでしょう。

可憐な白い花を咲かせるロサ・バンクシアエ・ノルマリス。

壁の上への誘引・固定の仕方

壁のてっぺんに、主軸となる太い枝を真横に2本這わせています。2本這わせている理由は、1本がテッポウムシなどで枯れてしまったとしても、もう1本あれば景色が変わることがないからです。5年も経てば、写真のように直径3㎝ほどの太い枝になります。強風や台風で外れてしまわないように、ネジとワイヤーで主軸をしっかり塀の上部に固定しています。

頂芽優勢で花がたくさん咲く

枝を横に這わせると、「頂芽優勢」という植物の性質によって、縦に這わせるより花芽を持った枝が主軸からたくさん発生します。それを表裏に振り分けて適度に剪定し、壁の縁をふわふわと縁取るようにバラを咲かせています。ロサ・バンクシアエ・ノルマリスは5月初旬に咲くモッコウバラの一重タイプで、春早い時期に開花し、その後は常緑の葉が壁を一年中飾ってくれます。トゲがないので扱いやすく、病虫害の被害もほとんどない丈夫なつるバラです。高い壁をバラの花や葉がふんわり柔らかく覆い、外に対し威圧感や圧迫感のない景色を生み出しています。

ロマンチックな雰囲気を演出するローズ・ヘム仕立て

スカートの裾や袖口に取りつけたフリルを「ヘム」といいますが、壁の縁をふわふわとバラの花が飾るこの仕立ては、ちょうどそんなロマンチックなイメージ。「ローズ・ヘム仕立て」とでも呼びましょうか。誘引している太いバラの枝が表からは見えないので、花が終わった後も一年中、エレガントな雰囲気で壁を演出することができます。

ローズ・ヘム仕立ては、他のつるバラでも同様につくることができます。つるバラは品種によって枝の伸長率が異なるので、壁の長さに合わせて適したものを選ぶとよいでしょう。

外壁がなんとなく味気ないなぁと思っている方は、ぜひこの「ローズ・ヘム仕立て」をお試しください。素敵な外観のお家になりますよ。

Credit

アドバイス/阿部容子
ガーデンデザイナー・造園家。岐阜県可児郡「かたくり工房」に所属。モデルガーデンのガーデンカフェ「ガズー(Garzzz)」を拠点とし、公共、企業、個人の庭を全国各地でデザイン、施工。ぎふ国際バラコンクール審査員として岐阜県「花フェスタ記念公園」でも活動。アメリカ園芸療法協会会員として米国のカンファレンスで学んだ知識や技術を活かし、病院のガーデンも施工しています。
かたくり工房/岐阜県可児郡御嵩町伏見747 TEL:0574-67-6633
http://www.katakuri.co.jp/

写真&文/3and garden

Photo/1)Berna Namoglu/ 2)Marie Linner/ 9) SusaZoom/ Shutterstock.com

Print Friendly, PDF & Email