家が建て替えられれば、同じ場所でも家と庭の関係は新しくなる。既存の樹木や石を再利用した新しい空間の誕生。テラスをできるだけ広く取ったことで、眺めるだけでなく、食事もしやすいアウトドアリビングとして使えるようになった。

Print Friendly, PDF & Email

旧家屋の石や植栽を再利用

写真/庭衆

建替えにともなう中庭のリノベーション。旧家屋の時も同じ場所に一般的な和風の庭があった。住まい手であるIさんには、室内との連続性や一体感が感じられること、石や植栽を再利用したいという希望があった。

一体感のある室内と中庭

写真/庭衆

リビング・ダイニングと中庭の間は大きなガラス面で仕切られており、視界を遮るものはない。その先には濡れ縁風のウッドデッキがL型にまわされて庭を囲み、天然石のスレート敷きのテラスへとつながっている。室内と庭との距離がぐっと近づき、開放的な空間となった。

美しさだけでなくメンテナンスのしやすさも考慮

写真/庭衆

庭をデザインしたのは庭衆の早野恵三さん。以前の庭のイメージも継承しつつ、落ち着いた和モダンの雰囲気を出すために、既存の壁の前に黒い人工竹垣を配置。植込みスペースを区切って4mのウメ、3.5mのサザンカと、サツキなどの低木を再利用した。また、テラスの一部をくり抜いてイロハモミジを植え、ビューポイントに。趣のある既存の景石と沓脱石を効果的に再配置している。

植込みスペースを限られた面積に抑えたため、人工竹垣も含めてローメンテンスなことにもIさんは満足しているようだ。

 

引用元/『HomeGarden&EXTERIOR vol.3』より
写真提供/庭衆

Print Friendly, PDF & Email