多数の貴重なバラをコレクションする横浜イングリッシュガーデンでは、春に劣らず美しい色濃いバラが次々と咲き始め、秋色の季節の植物たちと競演中! 「オータムガーデン・フェスティバル」で賑やかな園内は、どこもかしこもフォトスポット満載です。11月2日からは、秋の装飾イベント第2弾「ハーベスト・ディスプレイ」にお色直し。季節の思い出を作りに出かけよう!

Print Friendly, PDF & Email

秋バラが色濃く彩るオータム・ガーデン

今年開花した秋バラ。写真左から時計回りに、‘テス・オブ・ザ・ダーヴァービルズ’、‘メルヘンツァウバー’、‘ドリーム・ウィーバー’、‘スキャボロー・フェアー’、‘ウィリアム・シェークスピア2000’、‘ホリデー・アイランド・ピオニー’、‘ザ・ポエッツ・ワイフ’。

横浜イングリッシュガーデンでは、今年も10月中旬頃から11月にかけて、秋バラが見頃を迎えています。日毎に涼しくなる気候の下でゆっくりと花開く秋バラは、春バラと比べ色合いが鮮明で、ふっくらとした大輪の花を咲かせる傾向があります。

秋バラが満開の横浜イングリッシュガーデン(2017年11月)。

花数こそ春と比べて少なくなるものの、一輪一輪の品質が高く重厚感があるのは秋ならではの魅力です。病害虫の発生しやすい日本の気候条件の下で夏を越し、秋バラを美しく咲かせるには、適切な管理が必要。横浜イングリッシュガーデンが自信を持ってお届けする美しい秋バラを、じっくり見て香りを嗅いで、堪能してください。

横浜イングリッシュガーデンの秋のガーデンの様子(2022年10月)。

バラのほかにも、秋らしい植栽がいっぱいです。22品種ものコスモスやシュウメイギク、穂が美しいオーナメンタル・グラス、カラーリーフのコリウスなど、秋を代表するさまざまな植物が競演中。夕日に長く伸びる花影さえも目を見張る美しさです。

11月2日からは秋の装飾イベント第2弾「ハーベスト・ディスプレイ」にお色直ししました

11月2日(水)~23日(水祝)には、収穫祭をイメージしたイベント装飾「ハーベスト・ディスプレイ」に園内はお色直しをしました。また、2022年は、ガーデンベアと秋の装いのイングリッシュガーデンとがコラボレーションして、特別企画「ガーデンベアパーティー」も開催中! 普段は入れない『プライベートガーデン』を特別企画期間のみ開放し(11月12日は除く)、ガーデンベアのティーパーティーのディスプレイが登場中!

ティーパーティーの雰囲気の中でガーデンベア と記念撮影も人気です。 実りの秋を祝う楽しい雰囲気のディスプレイと秋バラを眺める 期間限定の素敵な空間をぜひ、お楽しみください。実りの秋を祝う楽しい雰囲気のディスプレイと秋バラを眺める園内散策をお楽しみください。

秋色の植物が大集合! ハンギングバスケットコンテストも開催

昨年のコンテスト展示の様子。

毎年11月に開催するハンギングバスケットコンテストの開催は、今年で第10回目。全国から個性の光る魅力的なハンギングバスケットの作品の数々が一同に会し、その技術力とセンスを競います。合計100もの作品がずらりと並ぶ、見応えのある展示をお見逃しなく。

昨年の釣りタイプのハンギングバスケット。

「第10回 横浜イングリッシュガーデン ハンギングバスケットコンテスト」

展示期間:11月12日(土) ~20日(日) 10:00~18:00 ※最終日は15時まで
コンテストの種類 :① 壁掛けタイプ(募集数/80 作品)② 吊り下げタイプ(募集数/20 作品)
表彰式:11月13日(日) 予定
主催 :(一社)日本ハンギングバスケット協会神奈川支部、横浜イングリッシュガーデン

魔除効果あり⁉︎「YEG Original CAFE」秋限定! カップアレンジ・ソフトクリーム

ハロウィーンでは、子どもたちが「Trick or Treat!」と唱えてお菓子をもらう習慣がありますが、このハロウィーンのお菓子には魔除けの意味があります。ぜひ、魔除けをかねて味わって欲しいのが、期間限定のカップアレンジ・ソフトクリーム。ガーデンに併設のカフェ「YEG Original CAFE」では、期間限定でソフトクリームの新作カップアレンジが登場。写真左から「パンプキン・チャイ」「ローズ」「タルト・タタン」「ストロベリー・モカ」の4種類の味。トッピングやジャム、フレークなど味と食感のハーモニーが楽しめます。また、金木犀の香り高いハーブティーもおすすめです(販売期間:9/17(土)~11/30(水))。

併設のショップでは、ガーデングッズや花苗のお買い物も楽しめます。11月20日(土)と12月10日(土)には、ギャザリング・レッスンも開催予定! 詳細は、こちら。

ハロウィーンの起源を知ってお祭りを楽しもう

横浜イングリッシュガーデンのハロウィーン・ディスプレイの様子(2018年)

日本でも毎年恒例のイベントとなった10月31日のハロウィーン(Helloween)は、キリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日、11月1日の「諸聖人の日」「万聖節」(All Hallo)の前夜祭(All Hallo Eve)。先祖の霊をお迎えするとともに悪霊を追い払い、秋の収穫を祝うというヨーロッパが発祥のお祭りです。。日本では「仮装の日」というイメージがありますが、本来の意味は「秋の彼岸」に似ているかもしれませんね。

横浜イングリッシュガーデンのハロウィーン・ディスプレイの様子(2022年)。

ハロウィンの起源は、古代ケルトのドルイド教で行われていた「サウィン祭」といわれています。古代ケルトの暦では新年を11月1日とし、前日にあたる10月31日の大晦日の夜に先祖の霊が帰ってくると信じられていました。ところが、悪霊も一緒にやって来て、収穫した作物に悪影響を与えたり、子どもをさらうなど悪事をはたらくといわれていたのです。そこで人間は、悪霊から身を守るために仮面を被ったり、仮装をして悪霊の仲間に扮し、魔除けの焚き火をしていたといわれます。これがハロウィーンにお化けの仮装をする由来です。

ハロウィーンに欠かせない「ジャック・オー・ランタン」とは

横浜イングリッシュガーデンのハロウィーン・ディスプレイの様子(2018年)。

ハロウィーンで欠かせないのがシンボルとして使われるカボチャ。目・口・鼻の形をくり抜いて中にキャンドルを灯してランタンに仕立てたものを「ジャック・オー・ランタン」と呼びますが、そのジャックとは、アイルランドの物語に登場する男性の名前です。ジャックは生前、悪いことを繰り返し、魂を取ろうとやってきた悪魔さえも騙すような行為をしたことから、地獄に堕ちることすらできず、死後もランタンに火を灯して闇夜をさまよい続けたという物語に由来します。愉快で可愛い印象のオバケカボチャですが、そのじつ業の深い人間の姿だったというわけです。ジャックはいまだ闇夜をさまよい続けているのでしょうか…。

芝生のエリアにもハロウィーン・ディスプレイ。まるでイギリスの庭のよう! お見逃しなく。

写真撮影が楽しいと好評の「ハロウィーン・ディスプレイ」※終了しました

横浜イングリッシュガーデンのハロウィーン・ディスプレイの様子(2022年)。

年々、素敵な仮装をした来園者も増え、楽しさも倍増している毎年恒例のハロウィーンをテーマとしたディスプレイは、10月31日(月)まで。大小さまざまな陶器製のジャック・オー・ランタンや、ユニークな色や形の本物のカボチャをふんだんに使って、秋の植物とコラボレーションします。コリウスや美しい穂を揺らすグラス類など、秋の庭演出にも参考になりますよ。

横浜イングリッシュガーデンのハロウィーン・ディスプレイの様子(2022年)。

季節のイベント装飾でもお馴染みとなっているミニクーパーも、ハロウィーン仕様になってフォトスポットとして登場。今年は実際にミニクーパーに乗って写真が撮れます。ぜひ、運転手さんと一緒に写真を撮ってくださいね。

園内に入ってすぐに驚きがあり、園内のあちこちにフォトスポットがあります。秋の植物もふんだんに使ったこの時期ならではの装飾をぜひ楽しんでください。

横浜イングリッシュガーデンのハロウィーン・ディスプレイの様子(2022年)。

また、展示期間中には小学生以下のお子様を対象に、園内にたくさん置かれたカボチャの中からキーワードが書かれたカボチャを探し出すイベントも開催。見事正解して、プチ・プレゼントをもらいましょう。

4日間限定のライトアップイベントを開催!輝く「ハロウィーン・ナイト」※終了しました

期間限定公開の、横浜イングリッシュガーデン「ハロウィーン・ナイト」の様子(2022年)。

4日間限定で、ハロウィーン装飾のライトアップを楽しめる夜間イベント「ハロウィーン・ナイト」を実施します! 通常、日没後の園内はご覧いただけませんが、ハロウィーン装飾のランタンに明かりを灯し、営業時間を20時まで延長して開園いたします。普段は味わえない、幻想的な夜のガーデンをお楽しみください。

【「ハロウィーン・ナイト」イベント概要】

開催日:2022年10月21日(金)・22日(土)・28日(金)・29日(土)
開催時間:17:30~20:00(最終入園19:30)
イベント入園料:大人500円、小中学生200円(未就学児無料)
※チケットは、開催日当日の 10:00 ~ 19:30に横浜イングリッシュガーデン入口のチケット・カウンターにて販売

※悪天候の場合は中止となる場合がございます。公式 HPでご確認ください。
※開催日当日に限り、無料送迎バスを延長して運行します。時刻表などは、当園公式 HPをご確認ください。
※開催日当日は、17:00 で通常営業を終了し17:30より「ハロウィーン・ナイト」を開催(特別イベントのため、通常営業時間に来園され17:30以降に再入園される方、YEG メンバーズ様もイベント料金が必要です。通常入園時の各種割引は適用されませんのでご了承ください。

期間限定公開の、横浜イングリッシュガーデン「ハロウィーン・ナイト」の様子(2022年)。

Information

横浜イングリッシュガーデンオータムガーデン・フェスティバル

開催期間 9月16日(土)~11月23日(水・祝日)
開園時間 10:00~18:00(最終入園17:30)
入園料 大人1,000円/小中学生500円/未就学児無料)/年間パスポート(1年間入園無料)5,000円

アクセス 相鉄線・平沼橋駅より徒歩約10分(横浜駅西口りそな銀行前より無料送迎バス有 ※水曜運休)

住所 神奈川県横浜市西区西平沼町6-1 tvk ecom park
TEL 045-326-3670
HP https://www.y-eg.jp/
インスタグラム yokohama_eg_officia  *インスタグラムや各種SNSでは、河合伸志さんの品種解説が書き添えられた最新の庭や見頃の花も発信中!
写真・協力/横浜イングリッシュガーデン

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email