トップへ戻る

今をときめく5人の個人育種家に注目! 園芸・ガーデニング業界最新情報をお届け

今をときめく5人の個人育種家に注目! 園芸・ガーデニング業界最新情報をお届け

秋のガーデニングシーズンの始まりです。ここでは、40年以上の歴史を持つ老舗業界専門雑誌「グリーン情報」最新号から最新トピックスをピックアップ! 魅力的な新品種を生み出す育種家インタビューや、人気観光ガーデンの裏側など、業界誌だからこそ発信できる貴重な情報の一部をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

5人の育種家が登場! 今をときめく個人育種家〜秋・冬編

「育種家」とは、植物などの品種改良を職業とする人のこと。ペット業界ではよく知られている「ブリーダー」という言葉が分かりやすいかもしれません。近年、個人育種家による植物の育種が活発になってきており、オリジナリティのある品種、希少価値の高い品種が増えてきています。

特集「今をときめく個人育種家 秋・冬編」では、小売業者として育種家と向き合いながら、植物のブームを引っ張ってきた『Junk Sweet Garden tef*tef*』に総論を伺っているほか、5名の個人育種家へのインタビューを掲載。それぞれ育種を手掛けるに至った経緯や、育種にかける想い、イチオシ品種などをご紹介しています。

総論:『Junk sweet Garden tef*tef*』〜育種・発信・販売を連携して植物のブームをつくる

foo.cha代表 槇谷桜子さん
foo.cha代表 槇谷桜子さん

株式会社foo.chaが運営する『Junk Sweet Garden tef*tef*』(以下tef*tef*)は、「ガーデンストーリー」にも度々登場する、今園芸業界で注目のネットショップです。代表の槇谷桜子さんが、ご自身の好みであるアンティークカラーの花を中心とした商品をセレクトして販売しています。槇谷さんが嘘のない言葉とセンスある写真で紹介する商品はどんどんファンを集め、ついには生産者の育種に影響を与えるまでに。昨今のアンティークカラーブームを生み出しました。

tef*tef*オジリナル西洋オダマキ “超八重アンティークピンク”
tef*tef*オリジナル西洋オダマキ ‘超八重アンティークピンク’
tef*tef*オジリナルビオラ “フロチョコフリル”
tef*tef*オリジナルビオラ ‘フロチョコフリル’

記事では、そんな槇谷さんがウェブショップをオープンするに至った経緯や育種家との関わり、園芸業界を盛り上げたいという意気込み、SNSを中心とした商品紹介の方法や商品へのこだわりについて、お話を伺っています。

育種家①:花日和(パンジー&ビオラ)〜玄人が求める、ほかにはない一鉢

花日和代表 川上竜一さん
花日和代表 川上竜一さん

インスタグラムフォロワーは約1万6千人、一般消費者からの注目度も高い『花日和』。さまざまな品目を育種している中でも、フリルや繊細な色合いが特徴的なパンジー&ビオラは定番人気の一つです。

記事では、その人気の秘密や、育種を始めたきっかけ、アンティークカラーやパステルカラーを中心としたおすすめ品種をご紹介しています。

●花日和のおすすめ品種

“シエルブリエ”。ピンク系、ブルー系が定番で2021年からイエロー系も追加された。
‘シエルブリエ’。ピンク系、ブルー系が定番で2021年からイエロー系も追加された。
“華あられ”。ひなあられをイメージして名付けられている。丸くまとまる育てやすさも選ばれているポイント。
‘華あられ’。ひなあられをイメージして名付けられている。丸くまとまる育てやすさも選ばれているポイント。
“恋みやび”。華あられからできた和テイストのパンジー。花首が伸びやすく、スマートな印象になる。
‘恋みやび’。華あられからできた和テイストのパンジー。花首が伸びやすく、スマートな印象になる。
“ミミ・ラパン”。10号鉢を覆うほどの強さが魅力の極小輪ビオラ。イエロー系とブルー系がある。
‘ミミ・ラパン’。10号鉢を覆うほどの強さが魅力の極小輪ビオラ。イエロー系とブルー系がある。
“イリスプリエール”。黄色の下地の上に虹がかかったような幻想的な色合いのフリル咲きビオラ。
‘イリスプリエール’。黄色の下地の上に虹がかかったような幻想的な色合いのフリル咲きビオラ。

育種家②:石川園芸(ビオラ)〜ロスを減らすことがこれからの課題

石川園芸代表 石川智樹さん
石川園芸代表 石川智樹さん

個性的なパンジー&ビオラの発信地である宮崎県で、主に寄せ植え用の花苗・カラーリーフ苗やラナンキュラスの鉢物などを生産する石川園芸。SNSでの情報発信は全くしていませんが、SNSで「石川園芸のビオラ」を検索すると、購入された方々がアップした画像が続々と出てくるという人気っぷりです。

記事では、育種する上での課題や苦労に触れながら、今期出荷するオリジナル品種の魅力などをご紹介しています。

●石川園芸が今期出荷するオリジナルのビオラ3シリーズ

中輪フリル咲き“レディ”
中輪フリル咲き‘レディ’
ラビット系「モンキージョージ」
ラビット系‘モンキージョージ’
極小輪「ぷちぷち」
極小輪‘ぷちぷち’

育種家③:長谷川園芸(クレマチス/シクラメン)〜プラチナリーフの育種に情熱を注ぐ

長谷川園芸代表 長谷川康平さん
長谷川園芸代表 長谷川康平さん

クレマチス生産で30年の歴史を持つ長谷川園芸。育種においても実力があり、クレマチスで数々の賞を受賞。シクラメンでは“プラチナリーフ”といったロングセラーを生み出している育種家です。

記事では、“プラチナリーフ”の誕生秘話や、コロナ禍で発生した大量キャンセルのエピソード、今年の秋冬の注目商品などについてご紹介しています。

フロリアード金賞を受賞したクレマチス“北浜”。淡緑色から純白に変わる花が魅力。
フロリアード金賞を受賞したクレマチス‘北浜’。淡緑色から純白に変わる花が魅力。
シクラメン“プラチナリーフ”5号。葉がシルバーのシクラメン。5色展開。
シクラメン‘プラチナリーフ”5号。葉がシルバーのシクラメン。5色展開。

●秋冬の注目商品

シクラメン“プラチナリーフミディ”。従来より花が小さい。ブラッシュ、レッド、パープル、ワインレッドの4色展開で4号鉢仕立て。
シクラメン‘プラチナリーフミディ’。従来より花が小さい。ブラッシュ、レッド、パープル、ワインレッドの4色展開で4号鉢仕立て。

育種家④:矢祭園芸(シクラメン/プリムラ/シュウメイギク)〜育種のトップランナー

矢祭園芸代表 金澤美浩さん
矢祭園芸代表 金澤美浩さん

育種を始めて50年以上の矢祭園芸。最初は書籍を参考に、失敗を繰り返しながらの試行錯誤でしたが、1988年には、全国シクラメン品評会で農林水産大臣賞の受賞を果たすまでに育種の技術を上げました。

記事では、核商品であるシクラメンの中でも、開発に20年かかった八重咲きミニシクラメンの魅力や、秋冬におすすめのプリムラやメラコイデス、シュウメイギクのオリジナル品種をご紹介しています。

●今秋発売予定の品種

ミニシクラメン“チモピコ斑入り”。斑入りは10年以上をかけて完成させた。
ミニシクラメン‘チモピコ斑入り’。斑入りは10年以上をかけて完成させた。
プリムラ・ポリアンサ“マジカルブルー”。花持ちがよく、鑑賞期間が長い。
プリムラ・ポリアンサ‘マジカルブルー’。花もちがよく、観賞期間が長い。

育種家⑤:k-plants(ハボタン/プリムラ)〜寄せ植えやリース見本でイメージしやすい販売を

k-plants代表 久保田高生さん
k-plants代表 久保田高生さん

群馬県で育種・生産しているk-plants。現在は1000坪の敷地にハウス5棟と露地で、ハボタンを中心にパンジー&ビオラ、プリムラ、ペチュニア、ペラルゴニウムなどを生産しています。

記事では、ハボタンの生産をきっかけに育種へと踏み出した経緯や、個人育種家とのコラボ商品、SNSでの発信やエンドユーザーの声を拾った商品開発についてご紹介しています。

●今年の注目作品

グレイッシュケール“ファントムブーケ”シリーズ。リースを作りやすい多粒蒔きの小ぶりサイズ。
グレイッシュケール‘ファントムブーケ’シリーズ。リースを作りやすい多粒蒔きの小ぶりサイズ。
ハボタン“恋するうさぎ”。うさぎの耳を連想する可愛い葉が特徴。
ハボタン‘恋するうさぎ’。うさぎの耳を連想する可愛い葉が特徴。
“恋するうさぎ”と“ファントムブーケ”を使用したリース。
‘恋するうさぎ’と‘ファントムブーケ’を使用したリース。

作庭中の注目ガーデンを取材! 東京ドイツ村「Five Senses Garden」

2022年6月撮影の『Five Senses Garden』
2022年6月撮影の『Five Senses Garden』。

広大な芝生が美しい東京ドイツ村の最奥にある丘、約6,500平米の土地に、ガーデンデザイナーの佐藤麻貴子さん主導で作庭中の『Five Senses Garden』があります。記事では、全3回の工期のうち2期目が終わった段階の現在を、植栽を手掛けている「ハクサン」の藤原雅志さんの話とともにご紹介しています。

今回の庭づくり構想のきっかけは、「ハクサン」が東京ドイツ村の担当者に、アメリカの『PWフォースターガーデン』(※下記YouTube参照)を見せたこと。植物のパフォーマンスだけでなくローメンテナンスで無理のない管理をしている様子を見て、それを東京ドイツ村で再現したいという話があったことから、構想がスタートしました。

※ 『PWフォースターガーデン』ご紹介動画:https://youtu.be/l8zGsNs-_Os

コンセプトでもある『Five Senses Garden』の名のとおり、ここは風に揺れる植物や香りのする植物などを配して、五感で楽しむ庭。この庭のコンセプト、植物、景観や安全面まで幅広く考案するガーデンデザイナーの佐藤麻貴子さんは、「五感を生かした庭をつくってみたいと思っていました。庭はパーソナルな存在。感じる心も人それぞれです。未来に踏み出せる一歩になるような、緑の力を体感できる空間にしたい」と語ります。

その言葉どおり、ここでは、一人になれるベンチ、せせらぎが聞こえる小川など、自然や人との距離をさまざまに変えられる演出がなされています。

一人でも大勢でも居心地良く感じるようにと設計された地下ベンチ。座ると植物との距離が縮まり、新たな視線で庭を見ることができる。
一人でも大勢でも居心地よく感じるようにと設計された地下ベンチ。座ると植物との距離が縮まり、新たな視線で庭を見ることができる。
水音が聞こえるように配慮された小川。
水音が聞こえるように配慮された小川。

そしてもう一つ重視したのはSDGs。宿根草など1年間の変化を楽しむ植物を使い、植物の生産にかかるエネルギーや管理コストの削減につなげ、ローメンテナンスを目指しています。

「メンテナンスにおける重労働を少しでも減らして、管理している方にも庭づくりを楽しんでいただきたいと考えました」と藤原さん。

花壇で埋め尽くすのではなく、東京ドイツ村の魅力である芝生が映える庭づくりをしている。
花壇で埋め尽くすのではなく、東京ドイツ村の魅力である芝生が映える庭づくりをしている。

季節や日ごとの変化を五感で楽しめる『Five Senses Garden』、完成が楽しみですね。

【Information】
東京ドイツ村
住所:千葉県袖ケ浦市永吉419
電話:0438-60-5511
営業時間 9:30〜17:00(最終入園16:00)※季節により変動あり
定休日:なし
ウェブサイト:https://t-doitsumura.co.jp
※『Five Senses Garden』は作庭途中ですが、一般の方も入れます。

貴重なオープンガーデンをレポート! 「恵泉蓼科ガーデン」

シンボルツリーのリンデンバーム(シナノキ)が夏のガーデンに爽やかな木陰をつくる。
シンボルツリーのリンデンバーム(シナノキ)が夏のガーデンに爽やかな木陰をつくる。

東京都多摩市にある恵泉女学園大学の学生や卒業生が学ぶためにつくられた庭『恵泉蓼科ガーデン』が2022年7月、3年ぶりのオープンガーデンを開催。草花や木々が伸びやかに育ったガーデンに、地元をはじめ関東からもファンが集まり、オープンガーデンの再開と、花好きな仲間との再会を楽しみました。

恵泉女学園は、創立の1929年から「園芸」を正科に取り入れています。大学では「自然を慈しみ、いのちを尊ぶ人を育てること」を教育理念に掲げており、そのための学生や卒業生の学びの場として、1985年7月、『恵泉蓼科ガーデン』を長野県茅野市にオープンしました。

ガーデン全体の骨格は“英国風ボーダーガーデン”です。場所は標高1150mに位置し、冬はマイナス15度以下にもなってからっ風が吹く植物にとっては過酷な環境です。そんな場所でも毎年芽吹いて花を咲かせる品種が生き続け、自然を尊重する形で植栽管理が行われています。

記事では、ガーデン長の小澤文子さんにガーデンの管理などについてお話を伺いながら、オープンガーデンの様子をご紹介しています。

ガーデンツアーで解説する小澤さん
ガーデンツアーで解説する小澤さん。
ホワイトボーダーガーデン
ホワイトボーダーガーデン
ブルーボーダーガーデンブルーボーダーガーデン
ブルーボーダーガーデン
イエローボーダーガーデン
イエローボーダーガーデン
ピンクボーダーガーデン
ピンクボーダーガーデン

ガーデンは通常非公開ですが、研修ツアーの受け入れや不定期でオープンガーデンを開催しています。観光庭園とは一味違った自然の植栽を観られる恵泉蓼科ガーデンは、一見の価値ありです。オープンガーデンの予定などはウェブサイトでチェックを!

https://www.keisen.ac.jp/institution/tateshina/

業界情報盛りだくさんの『グリーン情報』

ご紹介した特集やトピックのほか、『グリーン情報』9月号では、第二特集として「花と緑のまちづくりへの視点〜バラの可能性」を掲載。そのほか、エクステリアガーデンの現場で働く人たちからの最新情報紹介や、生産者紹介、業界最新ニュース、学べるクイズコーナーなど、園芸・ガーデニング業界の幅広く深い情報が満載の最新号。ぜひお手にとってご覧ください。

グリーン情報

『グリーン情報』はガーデンストーリーウェブショップからご購入いただけます↓↓
ショップページはこちら。

https://www.gardenstory.shop/shopbrand/ct8/

Credit

ガーデンストーリー編集部

Print Friendly, PDF & Email

人気の記事

連載・特集

GardenStoryを
フォローする

ビギナーさん向け!基本のHOW TO