ひと口にブッシュローズの剪定といっても、バラの種類や症状によって剪定方法は異なります。「うちのバラはあんまり大きくないけれど、思い切って剪定してしまっても大丈夫かな…?」と、悩んでいる方必見! コンパクトに生育するタイプのブッシュローズと、生育不良の株の剪定方法を、バラの専門家、河合伸志さんに分かりやすく解説していただきます。

コンパクトに生育するブッシュローズの剪定

ブッシュローズの剪定時期は、関東以西の平地であればバラが完全に休眠する12月下旬~2月頃です(寒冷地では寒さが緩んだ頃が適期)。つるバラを栽培している人は、つるバラの剪定・誘引を優先し、その終了後に行います。剪定時期が早すぎたり遅すぎたりする場合は、樹液が動いているため切り口から水が噴出し株の養分をロスしてしまいます。

ブッシュローズとひと口に言っても、よく伸びて樹高が高くなる品種や、コンパクトに生育するものなどさまざま。タイプに合わせた剪定が必要です。ここでは、コンパクトに生育するブッシュローズの剪定方法を解説します。よく伸びるタイプのブッシュローズの剪定は、『バラの専門家がズバリ答える! ブッシュローズの剪定方法 基本編』をご覧ください。

一般的な背の高くなるブッシュローズの場合、順調に生育していれば、上写真のように剪定では1/3強まで切り詰めますが、コンパクトに生育するブッシュローズの場合、それほど切り詰める必要はありません。それでは、コンパクトに生育するブッシュローズの剪定はどのように行うのか、 ‘イヴ・ピアジェ’を例に、剪定の手順を解説します。

Photo/88studio/Shutterstock.com

‘イヴ・ピアジェ’
花径14㎝ほどのシャクヤク咲きの大輪花。樹勢がやや弱く、耐病性も低く育てにくい品種の1つだが、力のついた株が咲かせる大きな花は圧巻の迫力がある。またダマスク系の強い香りも魅力的。樹高1.2mほど。

剪定前の‘イヴ・ピアジェ’。樹高1mほどで。秋でもさほど樹高が高くならない。

用意するもの

・剪定ばさみ
・とげに引っかかってもよい服
・革手袋
・ゴミ袋(ビニール袋は破れやすいので、切った枝は新聞紙などで巻くか、紙袋に入れてから捨てるのがオススメです)

剪定の手順

  1. 葉を取り除く

    株全体の姿が分かりやすくなるよう、残っている葉があれば取り除きます。多少葉があっても、全体の姿が分かる場合は、ほかの作業と並行して取り除いてもOKです。
  2. 枯れ枝を切る

    茶色く枯れた枯れ枝を付け根から切ります。切り残しがないよう根元から丁寧に作業します。うどん粉病が枝まで広がってしまった場合、枝が灰色をしていることがあります。枯れ枝かどうかの判別ができない場合は、枝先を切ってみます。生きている場合は内部が緑色をしています。
  3. 弱小枝を切る

    花の咲かない前年に伸びた細い枝(弱小枝/12月に剪定する場合は当年に伸びた枝)をつけ根から切ります。この株の場合は、鉛筆の太さ以下の枝を弱小枝として切ります。
    ※弱小枝の目安
    弱小枝のおおまかな目安としては、大輪品種では鉛筆以下、中輪品種は割りばし以下、小輪品種は竹串以下になります。ただし大輪品種であっても枝が細めの品種があるなど、品種特性の差もあるので、その辺は考慮して判断します。また成育の悪い大輪品種は、鉛筆以下を基準にすると枝が無くなってしまうことがあるので、成育の度合いに応じて格下げして細い枝も残すようにします。
  4. 古枝を切る
    枯れ枝と弱小枝を切った結果、古枝(前年以前の枝)だけになってしまった枝を元から切ります(慣れてくれば②~④の作業は一度にできるようになります)。
    古枝(前年以前の枝)と前年の枝の区別は、前年の枝の方が枝の表面がつややかで、トゲもしっかりと残っています。また赤い小さな芽が葉のつけ根ごとにあります。古枝は表面につやが無く、トゲも欠けていたり灰色っぽい乾いた質感のことが多いです。また赤い芽も少なく芽が黒くなっていることが多いです。
  5. 枝を軽く切り詰める。

    コンパクトに生育する品種は、特に樹高を下げる必要がないので、体力を温存するために、枯れ枝や弱小枝、古枝を切り除いた後は、樹形を整えるように軽く切り詰めましょう。高く伸びるブッシュローズの剪定に比べると切り詰めの度合いは小さく、全体の1/3程度を切り詰めます。
    ‘イヴ・ピアジェ’は株が横張りなので、春以降に伸びた枝が混みあってこないよう、外芽(外側を向いた芽)の上で切るようにします(新しい枝は芽の方向に伸びていきます)。
  6. 掃除して完了
    剪定後の株に葉が残っている場合は摘み取ります。同時に株元を掃除し、落とした枝や枯れ葉を全て取り除きます。この作業は病害の予防にとても重要です。

コンパクトに生育するブッシュローズの剪定はこれで完了です。

ブッシュローズの剪定は、よく伸びる樹高の高い品種はがっつり剪定し、コンパクトな品種は軽く剪定するので、切りつめというよりは枝を透かすイメージになります。しかしながら、すべてのバラの株がこの2つにきっちり二分される訳ではないので、中間の状態のものも存在し、それらは状況に合わせて切り詰めの度合いを変化させます。

成育の悪いバラの剪定

育てているバラの生育が悪い場合、剪定をする際には注意が必要です。調子が悪い株の場合、不用意に剪定するとかえって株を弱らせてしまうことにつながります。そこで、枯れ枝を切り、残っている葉を除く以外は極力剪定を控えます。贅沢を言えないので、弱小枝も大切に残します。

ここでは、調子の悪い‘楽園’を例に、生育の悪いバラの剪定方法を解説します。この株は植え付け1年後で、周りに植えてある既存のバラに圧倒され、さらに追い討ちをかけるように黒点病が発生したこともあり、成育が悪い状態です。

‘楽園’
花径10cmほどで、明るいオレンジ色で花弁の裏は黄色を帯びる。早咲きで花付きがよく、香りも強い。樹高1.2mほどとコンパクトでまとまりよく成育するが、黒星病には注意が必要。

 

調子の悪いバラを剪定する場合、手順は3つのみ。
1.枯れ枝をつけ根から切ります。
2.残った葉を落とします。
3.すごく枝が込み合っている場合に限り、多少枝を透かすように弱小枝を切り取ります。

これで剪定は終了です。本品種は大輪品種なので、本来ならば鉛筆以下の太さの枝は切り落とすのですが、竹串程度の細い枝さえも残しました。弱った株の場合、あまりハサミを入れずに、株の体力を温存し、春以降の成育に繋ぎます。

Credit

アドバイス&文責/河合伸志 

千葉大学大学院園芸学研究科修了後、大手種苗会社の研究員などの経歴を経たのち、フリーとして活躍の場を広げる。現在は横浜イングリッシュガーデンを拠点に、育種や全国各地での講演や講座、バラ園のアドバイスやガーデンデザインを行う。著書に『ミニバラ NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月』(NHK出版)、『バラ大図鑑 選ぶ、育てる、咲かせる(別冊NHK趣味の園芸)』監修など。

写真/3and garden

撮影協力/横浜イングリッシュガーデン http://www.y-eg.jp