「ホ〜ホケキョ!」と、ウグイスの澄んだ歌声が聞こえてきた時、「ああ、春が来たなぁ」としみじみ実感するのは、日本人ならではの感性かもしれません。昔からいわれる「梅に鶯(うぐいす)」とは、「互いに調和し合う、取り合わせのよいもの」という意味があります。まだ冬の名残のあるなか、いち早く満開になって華やぎと香りをもたらす梅と、通りのよい声を響かせるウグイスは、春の到来を五感に訴えかける存在。どちらも春の喜びを伝えるものとして、憧れやめでたさを感じてこのような文言が生まれたのでしょう。さて、このウグイス、どんな姿をしていましたっけ? 確か、うぐいす餡は緑色だったから、緑色の小さな鳥では……う〜ん、なんだかモヤっとしませんか?

遊ぶようにチョコチョコと小枝をわたる、黄緑色の小さな鳥

Photo/Keith Tarrier/Shutterstock.com

「あ、そうそう、この鳥がウグイスだ!」とピンときた方がいるのでは? いいえ、これはメジロ。目の周りに白い縁取りが入るので、その名がつきました。体長は10〜12㎝くらいで、丸みを帯びたふっくらとした愛らしい姿をしています。この鮮やかな黄緑色の姿を見て、ウグイスと間違える方も多いようですね。

メジロは、森林のほか市街地の公園などでもよく見られる身近な野鳥です。花の蜜を好むため、春先になるとよく目にとまるようになり、「チーヨ、チーヨ」 とさえずる姿は、なんとも微笑ましいもの。あまり人の気配に敏感になりすぎず、花を目当てに庭先に現れることも多いので、ウグイス同様、春を告げる鳥として愛される存在です。

美声の持ち主のウグイスは、意外に地味スタイル!?

Photo/yasuo inoue/Shutterstock.com

さて、ウグイスの写真は、これが正解です。イメージしていたよりも意外に地味だと思う方も多いのでは? 実のところ、ウグイスは灰色がかった渋いグリーンで、15㎝くらいの野鳥です。「ホ〜ホケキョ!」と冴え渡る声から、人間側としてはとても親しみを感じる野鳥ですが、ウグイス側では、さにあらず。

人家の近くにいたとしても林や藪の中に生息しており、警戒心が強いので、めったに庭先に現れることはありません。餌も、花の蜜を好むメジロの雅び派とは違い、主に昆虫を食す野趣派。緑色の姿をイメージしがちなウグイスですが、あまり人目につかないところにいるので、実際に見たことのある方は少ないのではないでしょうか。

さて、ウグイス色とはどんな色?

左から鶯色、鶯茶、現代人がイメージしがちな鶯色。

ウグイスの姿を黄緑だとイメージする原因は、冒頭の花札に描かれた「梅に鶯」や食欲をそそる色調の「うぐいす餡」にもあるでしょう。しかし、日本の伝統色の「鶯色」は実際のウグイスの羽根に近い色をしていますし、江戸時代に女性の着物に流行った「鶯茶」も実際のウグイスの姿を知らなければ、この名はつかなかったはず。ですから、古人はウグイスの羽根色をしっかり認識していたと考えられます。もしかしたら、自然から遠ざかって野鳥の姿に目をとめなくなってしまった現代人が、声の美しいウグイスと、梅の枝にとまるのをよく見かけるグリーンのメジロをミックスさせて、理想の春の鳥を生んだのかもしれませんね。

春を告げる野鳥を庭に招こう!

Photo/ MI7/Shutterstock.com

ウグイスは警戒心が強く、昆虫が主食のため庭に呼ぶにはハードルが高いので、メジロにターゲットを絞って庭に呼ぶ仕掛けをつくってはいかがでしょう。

メジロは花の蜜を好むので、ツバキやウメ、サクラを庭に植えると、花が咲いた頃に頻繁に現れるようになります。甘いものが大好きなので、輪切りにしたミカンを枝に挿しておいても、好んでついばみます。混み合う意味を表す「目白押し」の語源にもなっているように、メジロは複数で行動するのが特徴的。

餌場として認識されるようになれば、数羽で一緒に現れて枝を飛び回る愛らしい姿を楽しめます。ただし、メジロも生き物ですから、食べもすれば、もちろん排泄もします。もし彼らが落とし物をしても、大目に見てあげてくださいね。

Credit

取材&文/長田節子

ガーデニング、インテリア、ハウジングを中心に、ライフスタイル分野を得意とするライター、エディター。1994年より約10年の編集プロダクション勤務を経て、独立しフリーランスで活動。特にガーデニング分野が好きで、自身でも小さなベランダでバラ6姉妹と季節の草花を育てています。草花や木の名前を覚えると、道端で咲いている姿を見て、お友達にばったり会って親しく挨拶するような気分になれるのが、醍醐味ですね。https://twitter.com/passion_oranges/