花や緑に親しみ、季節感に溢れる暮らしを訪ねる「私の庭・私の暮らし」。今回は、住宅街の一軒家で90種以上の樹々を育てながら、季節の移ろいを毎日眺めて暮らしている前島さんの庭を訪ねました。

カラフルな花が咲くガーデンも魅力的ですが、花の背景には樹々があり、夏には日を遮って木陰をつくってくれる落葉樹が育つ庭もまた魅力的です。庭に木を初めて植えてから40年がたち、ますます樹木の魅力に引き込まれているという東京都の前島光恵さんの庭では、今では90種以上の樹木が育っています。

90種もの木を植えるなんて、広いスペースがなくては難しいと思いますよね。でも実は、前島さんの庭の面積は120㎡(約36坪)と住宅街では一般的なサイズです。いろんな種類の木を育てたいからと、大木にまで育ったシャラやカシノキ、コナラ、ヤマモミジ、ソヨゴ、アブラツツジなどの間に、ゆっくり育つ樹種で、さらには華奢で美しい枝ぶりの苗を探しては、大木の間に植えてきたことで、実現できたのです。

このカラフルな葉は、前島さんの庭で11月に色づいた紅葉です。赤や黄、オレンジ、橙と、色幅も広く、葉の形もそれぞれ違って見ていて飽きませんね。「お気に入りの紅葉を教えてください」とお願いしたら、前島さんは、庭の奥から順番に1本1本、木の名前を呼びながらお気に入りの樹木を29種教えてくれました。

少し葉が大きめの赤く色づく樹種8種。左から、モシカリ、ネジキ、ジューンベリー、ウリハダカエデ、シラキ、メグスリノキ、コハウチカエデ、フウリンガマズミ。近年、シンボルツリーとしても植える人が多いジューンベリーは、6月に小粒の果実が実り、食用できて野鳥も集まってきます。

葉が小ぶりでも、濃い赤色が庭に生える紅葉樹11種。左から、ホツツジ、カマツカ、チチブドウダン、ナツハゼ、ツリバナ、アブラツツジ、コマユミ、ズイナ、コバノガマズミ、オトコヨウゾメ、バイカツツジ。

葉が小ぶりな紅葉の中に名前があがっていたアブラツツジは、春にスズランに似た小花が房状に咲き、秋には小さな実をぶら下げて美しい木。前島さんが特にお気に入りで、部屋から一番見えやすい場所へ植えています。

黄金色が美しい樹種10種。左から、アメリカハナズオウ‘フォレスト・パンシー、アズキナシ、クロモジ、シロモジ、ダンコウバイ、ハウチバカエデ、シロバナマンサク、イギリスコナラ、ウリハダカエデ、アブラチャン。一番左にあるアメリカハナズオウ‘フォレスト・パンシーは、葉が芽吹く前にピンクの花が房状に咲いてから赤紫色の葉が芽吹き、次第に緑色に変化して、秋には写真のように黄色く変化するという個性的な木です。

バイカツツジは紅葉している間から、すでに葉のつけ根部分に、春の新芽を準備していました。

最初は呪文のようでなかなか覚えられなかった木の名前も、毎日そばに眺めて、その変化に感動をもらっているうちに、自然と名前が言えるようになるのもガーデニングの面白いところです。

すっかり葉が落ちた2月の庭では、木々の株元に植わる福寿草やイチゲ類、クリスマスローズなどが陽をうけて、新しい年を祝うように花を咲かせます。そして、葉が茂り木陰をつくる初夏からは、暑さが苦手なクリスマスローズなどが日陰で夏を越します。

みずみずしい新緑のグラデーションが庭を明るくする初夏は、木にかけた鳥小屋にシジュウカラなどの野鳥がやってきたり、ジューンベリーが実るなど、賑やかで嬉しい季節がまたやってきます。

Credit

写真&文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。