冬真っ只中のこの時期も、元気に咲いてくれるビオラ。店頭にもまだまだたくさんの種類が並んでいるので、寄せ植えを楽しんでみませんか。今植えれば5月いっぱいまで花が咲くのを楽しめますよ。バスケットに植え込む花かごの寄せ植えとリースの寄せ植えをご紹介します。

ワイヤーリースを使ったパンジー・ビオラの寄せ植え

まあるく花が咲き集う様子が可愛いリースの寄せ植え。色をパープル系で揃えて、大輪・小輪のパンジーとビオラを組み合わせました。

<使った花>

・ビオラ つぶらなタヌキ あずき
・ビオラ フリリオラ
・パンジー ドラキュラ
・リシマキア

<植え方手順1>
ワイヤーバスケットに不織布やビニール、ヤシマットなどを敷きます。ここでは洋服屋さんが商品を包んでくれる不織布を使いました。

<植え方手順2>
用土を入れます。土は自分で配合してもいいですし、市販の培養土でもOK。

<植え方手順3>
本格的に植え込む前に、花苗を仮に置いてみてバランスを見てみましょう。植え込んでからは位置を変えるのは大変です。

<植え方手順4>
ビニールポットから苗を取り出し、植え込み、苗と苗の間に隙間なく用土を入れていきます。

<植え方手順5>
最後に不織布の端をカットして完成。水やりをして日当たりのよい場所で管理しましょう。土留めの素材としてビニール以外の不織布やヤシマットを使った場合は、鉢植えよりも乾きが早いので他の鉢植えよりも水やりに気をつけてあげましょう。

プレゼントにもオススメの持ち手付きバスケットの花かご

バスケットは素材感が草花と相性抜群! 花いっぱいになったバスケットは、童話に出てくる花売りの娘を彷彿とさせ、メルヘンで可愛らしいイメージに仕上がります。

<使った花>

 

・パンジー パーティーガール’
・ガーデンシクラメン
・プリムラ・星咲きプラチナジュリアン スターパレード
・イチゴ(桃花)
・シロタエギク

<植え方手順>
園芸店にある植え込み用のバスケットはあらかじめ中にビニールが敷かれているので、水抜けとして数カ所ビニールに穴をあけ手から用土をバスケットの半分くらいまで入れます。花苗をビニールポットから出して置いてみて、用土の高さを調整しましょう。水やりの際に土が流出してしまわないよう、バスケットの縁から3〜4cm下がった位置を土の上限とします。
花苗の隙間にも用土をくまなく入れたら、水やりをして完成。

水やりは表面が乾いてからたっぷりあげます。やりすぎると根が腐ってしまうので注意しましょう。春が近づくにつれ花数がどんどん増えて、バスケットいっぱいに花が溢れ、赤いイチゴも実ってくるはずです。ビオラやプリムラ、ガーデンシクラメンは花が終わったら花がら摘みをしますが、イチゴは花の咲いた後に実が大きくなってくるので、花びらが散った後もそのまま残しておきます。

バスケットはハンドル付きで持ち運びしやすいので、プレゼントにも最適ですよ。年始のご挨拶に、明るい花色を選んで贈ってみてはいかがですか。

Credit

写真&文/3and garden

ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。