数ある植物の中から今、注目の植物をピックアップするシリーズ「Now blooming」。ガーデナーや育種家、ナーセリーなど、植物の達人たちへの取材を元に編集部がセレクトした植えどき・買い時・咲き時のオススメ植物をご紹介します。今回は日本で古くから季節を伝える花として愛されてきた「秋の七草」をピックアップ。

Print Friendly, PDF & Email

秋の七草

秋の七草をご存知でしょうか。七草粥の行事で有名な春の七草に比べ、知っている人は少数派かもしれません。秋の七草は、万葉集で山上憶良が詠んだ次の2首に由来するといわれます。

秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花
萩の花尾花葛花なでしこが花をみなへしまた藤袴朝顔が花

ここに登場するハギ、ススキ、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウの7種の花が一般に秋の七草といわれています。どれも夏の終わり頃には咲き始め、秋の訪れを告げる初秋の花です。華やかでエネルギーに満ちた盛夏の花に比べ、控えめで楚々とした雰囲気ですが、秋の景色を見渡すとあちらこちらに色彩がちりばめられていることに気づきます。紅葉狩りのイメージが強い秋ですが、可憐な野の花々の美しさも引けをとりません。

夏の終わり、朝夕に涼しさを感じる頃になったら、秋の七草を探しに秋の野原に出掛けてみましょう。秋の七草は古くから親しまれてきた花ばかりなので、注意してみると、意外と身近な場所でも見つけることができます。また、ハギのトンネルが有名な向島百花園や、仙石原のススキ草原など、それぞれの花の名所を訪れるのも楽しいものです。旅するチョウ、アサギマダラが訪れる花としても知られるフジバカマの群落に足を運べば、透き通った水色の羽をもつチョウたちが舞う姿も見られるかもしれません。

柔らかく風に揺れる姿が美しい秋の花は、ナチュラルなガーデン風景の演出にもピッタリです。日本の気候風土に合った植物なので、庭植えにするとほとんど手を掛けなくても元気に育つのも大きな魅力。ガーデンに取り入れれば、たおやかな秋の風情を味わうことができます。写真は「野の花ガーデン fukushima」http://www.eco-plants.net

庭植えにオススメの秋の七草

①キキョウ Platycodon grandiflorus

花形の美しさから、家紋としても愛された花。風通しのよい日向を好み、熟したタネで増やすこともできます。

②カワラナデシコ Dianthus superbuslongicalycinus

繊細な花弁の切り込みが魅力的。寒さに強くほとんど手を掛けなくても美しい花を咲かせます。

③ハギ Lespedeza thunbergii

長くしだれた枝にたくさん花が咲き、風に揺れる姿が美しい。大きく育つので、植える場所には注意が必要です。

④フジバカマ Eupatorium japonicum

小さな花を無数に咲かせる、控えめな美しさ。アサギマダラが訪れる花としても有名です。

ドライにすると甘い香りが広がるフジバカマは、匂い袋に仕立ててみましょう。お出掛けの時に懐に忍ばせれば、ほんのりと上品な香りが立ち上ります。

【匂い袋の作り方】

  1. 収穫したフジバカマを陰干しで乾燥させます。
  2. 完全に乾燥したら、こぼれないように不織布で包みます。お茶の小分けパックを使うと簡単。
  3. 巾着袋など、お好きな袋に入れたらでき上がりです。

秋の庭で咲かせた草花は、景色として眺めて楽しむのはもちろん、生活の中に取り入れるとさらに季節を感じることができます。空気が澄んで、月が美しく見える秋には、ススキの穂を飾ってお月見を。柔らかな穂を透かして見る月は、いつもよりちょっぴり大きく、特別に見えます。かたわらには、まん丸のお団子や秋の和菓子を用意して、家族の時間を楽しみませんか?

Credit

写真&文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email