咲かせて、眺めて、飾って嬉しい、花のある暮らしにオススメの植物をセレクトしてご紹介。小さな庭のある暮らしを楽しむ前田満見さんが、冬の庭の楽しみ、ローズヒップのリースを飾る楽しみをご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

つるバラに実る小さなローズヒップ

初冬の風が、紅葉した木の葉を散らす頃、小さな庭では、真っ赤に染まったローズヒップが、つやつやと輝き始めます。その実は、Rosa filipes ‘ Kiftgate’。10年ほど前に、半日陰の場所に一重のつるバラを植えたくて選んだバラです。けれども、想像以上に生育旺盛で、毎年、剪定や誘引に四苦八苦。とはいえ、初夏に咲く満開の白い可憐な花や、濃厚な甘い香りを嗅ぐと、そんな苦労もどこへやら……。何処からかブンブンとミツバチたちもやってきて、それはそれは賑やかです。そのおかげで、秋にはたくさんの愛らしいローズヒップが実り、再び目を楽しませてくれるのです。

ローズヒップを収穫する喜び

ローズピップは、盛夏の緑色から秋の橙色、寒さが増す初冬には真紅へと変化し、その様子を楽しみながら収穫の時を待ちます。そして、真紅の実が冴える11月下旬〜12月上旬、ガーデングローブを身につけ花鋏でカットするのですが、暴れん坊のツルの棘が何度も手に刺さり、ここでもひと苦労。それでも、ツヤツヤと輝く実を見つけると、嬉しくてつい夢中になります。籠いっぱいに集めた真紅のローズヒップは、まるでルビーのよう。宝石箱を手に入れたようなワクワクした気分になります。

ローズヒップのリースづくり

収穫後のお楽しみは、ローズヒップのリースづくり。リースベースに挿すだけの簡単なものですが、実のひと粒ひと粒が庭からの贈り物。愛おしさは格別です。

出来上がったリースをガーデンシェッドの窓辺に飾ると、冬支度を始めた庭にポッと明かりが灯ったようで、間近に迫ったクリスマス飾りとして最適です。また、実つきの悪い小枝は、短く切ってガラスのキャンドルポットの中へ入れて室内へ。キャンドルの温かな光をまとったローズヒップの美しさに、思わず目を奪われます。

併せて読みたい

晩夏から秋のバラの楽しみ ガーデンで観賞する珍しいローズ・ヒップ
今日から「#ヒヤシンス部」を結成! 水耕栽培を友だちと共有する方法
小さな庭と花暮らし「暮らしを彩るビオラとパンジー」

Credit

写真&文/前田満見

高知県四万十市出身。マンション暮らしを経て30坪の庭がある神奈川県横浜市に在住し、ガーデニングをスタートして15年。庭では、故郷を思い出す和の植物も育てながら、生け花やリースづくりなどで季節の花を生活に取り入れ、花と緑がそばにある暮らしを楽しむ。小原流いけばな三級家元教授免許。著書に『小さな庭で季節の花あそび』(芸文社)。

Print Friendly, PDF & Email