風景式庭園(ランドスケープ・ガーデン)という言葉を、聞いたことがありますか。一般的な庭のイメージとは違って、そこに花の咲く花壇はありません。あるのは、まさに風景画に描かれるような、水と緑の美しい眺めです。湖と緑の芝生、豊かに茂る木々と、それから、風景のアクセントとなる、いくつかの古風な建造物。18世紀にウィルトシャー州につくられたストアヘッドは、英国で独自に発展した風景式庭園の代表格。スケールの大きなガーデンの魅力をご紹介します。

120年前のこと、英国の慈善団体ナショナル・トラストは、開発で失われていく自然や、歴史ある建物や庭といった文化的遺産を守り、後世に残そうと、活動を始めました。多くのボランティアの力によって守り継がれる、その素晴らしい庭の数々を訪ねます。

風景画さながらの美しさ

©National Trust Images/John Millar

ストアヘッドの門をくぐり、庭園に向かうと、そこには絵のように美しい景色が広がっています。ゆるやかにうねる緑の芝生の先で、風景の中心となるのは、穏やかに水を湛える湖。自然な佇まいを見せていますが、じつは、川をせき止めて人工的につくったものというから、驚いてしまいます。湖の周りには、針葉樹や広葉樹、さまざまな種類の大木が豊かに葉を茂らせ、その緑の中に建てられた古代神殿(パンテオン)が、景色に趣を与えています。

ストアヘッドを愛したホア一族

©National Trust Images/Clive Nichols

ストアヘッドの歴史は、1717年、銀行業で成功を収めたホア一族の2代目、ヘンリー・ホア1世が地所を買い取り、パッラーディオ様式の大邸宅を建てたことに始まります。

ストアヘッドの世界的名園を設計し、形にしたのは、その息子のヘンリー・ホア2世。彼は、1743年から30年余りをかけ、建築家のヘンリー・フリットクロフトとともに、湖を造成し、50人のガーデナーを使って植林するなど、ダイナミックな造園に情熱を注ぎました。

次に地所を継いだ、ホア2世の孫は、祖父が植えたモミの代わりにさまざまな広葉樹を植えるなどして、改良を試みます。こうして、ストアヘッドの屋敷と庭は、代々のホア一族によって愛されました。

永久の楽園と称される庭

©National Trust Images/Ian Shaw

17世紀まで、英国貴族の間では、フランスのベルサイユ宮殿に代表される、左右対称の整形式庭園が人気でした。しかし、18世紀に入ると、その幾何学的なデザインに堅苦しさを感じるようになったのか、より自然な趣のある風景式庭園を称賛する動きが起きます。ストアヘッドはその先駆的な存在で、1740年代に公開されると「生ける芸術作品」と絶賛を浴びました。

©National Trust Images/Clive Nichols

ヘンリー・ホア2世は、自らの土地に、自らの信条や願いを表現する景観を創ろうとする小さなグループ〈ジェントルマン階級のガーデナー〉の一員でした。彼は芸術に造詣が深く、イタリアへも旅しており、造園のインスピレーションを、17世紀フランス古典主義の巨匠、クロード・ロランやニコラ・プッサンの風景画から得たといわれます。ホア2世がここに創ろうとしたのは、画家たちの描いた理想的な風景、つまり、永久の楽園のような景色だったのです。

ストアヘッドの春夏秋冬

©National Trust Images/Tamsin Holmes

ストアヘッドの広大な庭に花壇はありませんが、湖の周辺では、早春のスノードロップから、春のラッパズイセン、初夏のブルーベルなど、季節の花々が咲き継ぎ、開放的な花景色が広がります。また、5月になると、木々の間でシャクナゲの類が鮮やかな色の塊となって、彩りを添えます。

©National Trust Images/Tamsin Holmes

メドウにワイルドフラワーが咲き乱れる夏は、芝生でのピクニックや、園内の散策を楽しむのに最高の季節。湖畔を一周すると、木々の間から次々と新しい景色が開けます。のんびりと思い思いのペースで巡るのもいいし、3月から10月にかけて行われている、ボランティアによるガイドツアーに参加するのもよいでしょう。庭園について深く知ることができる上に、絶景スポットにも案内してもらえます。

©National Trust Images/Ian Shaw

ストアヘッドでは秋の紅葉も見応えがあります。真っ赤に染まる北米原産のサトウカエデを皮切りに、日本のモミジやセイヨウシデ、セイヨウトチノキなど、多種多様な落葉樹が次々と紅葉して、庭園の景色を日々変えていきます。

そして、葉が落ちた頃にやってくる冬。静寂に包まれたモノトーンの世界も、格別の美しさを見せてくれます。

©National Trust Images/Arnhel de Serra

 

Information

〈The National Trust〉Stourhead ストアヘッド

ストアヘッドへは、ロンドンから車で約2時間半。電車では、ロンドン・ウォータールー(Waterloo)駅からギリンガム(Gillingham)駅まで約2時間、駅からタクシーで約15分。庭園は12月25日を除き通年開園。9~17時(4~10月は18時閉園)。

住所:near Mere, Wiltshire BA12 6QF
電話:+44 (0) 1747841152

https://www.nationaltrust.org.uk/stourhead

Credit

文/萩尾 昌美 (Masami Hagio)

ガーデン及びガーデニングを専門分野に、英日翻訳と執筆に携わる。世界の庭情報をお届けすべく、日々勉強中。5年間のイギリス滞在中に、英国の田舎と庭めぐり、お茶の時間をこよなく愛するようになる。神奈川生まれ、早稲田大学第一文学部・英文学専修卒。

協力

英国ナショナル・トラスト(英語) https://www.nationaltrust.org.uk/

ナショナル・トラスト(日本語) http://www.ntejc.jp/