庭木として代表的な常緑樹、キンモクセイの花でシロップをつくり、その甘い香りを生かしたふわふわのシフォンケーキをつくります。オレンジ色の可愛い花が混ざって、見た目の可愛らしさも魅力です。米粉を使うことで、オイルなしでもふわっと軽い仕上がりになりますよ。

Print Friendly, PDF & Email

グルテンフリーでローカロリーの米粉を使用

材料

卵4個、米粉75g、砂糖(30g+20g)、塩少々、キンモクセイシロップ50g(既製品もありますが、キンモクセイシロップのつくり方は「甘く香ってかわいい、キンモクセイシロップの作り方」でご紹介しています)

【point!】小麦粉を使う場合は、グルテンを抑えて生地に粘りを出さないために、通常はオイルを使用します。一方、グルテンフリーの米粉ならカロリーカットにもなるうえ、フワフワが長もちするのでオススメです。

準備

オーブンを170℃に予熱する。

卵を卵黄と淡白に分け、それぞれ大きめのボウルに入れる。

つくり方

  1. ボウルに卵白、塩少々を入れて泡立てる。泡が均一になってきたら、砂糖30gを2〜3回に分けて入れ、ツノがピンと立ち、固めのメレンゲになるまでしっかりと泡立てる。【point!】メレンゲの固さの目安は、ボウルを逆さにしても落ちてこない程度です。
  2. 別のボウルで卵黄、砂糖20g、キンモクセイシロップを混ぜる。そこに米粉を一度に入れ、手早く混ぜ合わせる。
  3. 2に1のメレンゲ1/2を入れ、ボウルの底をすくうよう下から上に持ち上げながら混ぜる。生地が馴染んできたら残りのメレンゲも入れ、同じように下から上に持ち上げながら混ぜる。均一に混ざったら、素早くシフォン型に流し込み、10㎝くらいの高さから一度落として膨らみを均等にする。
  4. オーブンで30〜35分焼いたら竹串を刺し、生地がついてこなければ焼き上がり。
  5. 焼き上がったら10〜20㎝くらいの高さから落として焼き縮みを防ぐ。型に入れたまま、台の上に逆さに伏せて冷ます。
  6. パレットナイフを型の縁に差し入れて一周し、型から外す。底部分にもナイフを入れて底板を外す。
お好みで粉糖やアイシング、キンモクセイのシロップをかけても可愛く仕上がります。
Photo/traction/Shutterstock.com
キンモクセイの花。鉢植えでも育てられます。

あわせて読みたい

甘く香ってかわいい、キンモクセイシロップの作り方

秋に花咲くキンモクセイの意外な効用―収穫してハーブチンキをつくろうー

Credit

制作&レシピ/本間のぞみ

福島県会津若松市生まれ。デザイン事務所のアシスタントを経てガーデニング雑誌編集部に入社。庭のある暮らしや食に関する記事をつくる中で、さまざまな食のプロに出会い魅了され、和菓子店、ベーグル店、ビストロなどで経験を積む。現在2人の子どもを育てながら、地元の母がつくった会津野菜や食品を使ったレシピの提供、また不定期でoisixのグループ会社「ふらりーと」の社食弁当も提供中。

Photo/3and garden

Print Friendly, PDF & Email