庭で旺盛に茂るローズマリー。剪定しないままでいると株元のほうから木質化して、姿が悪くなってきます。ローズマリーは剪定しても香りが長く持続し、暮らしの中のさまざまなシーンに使えます。ハーバルセラピストの資格を持つ海野美規さんは、愛犬の黒柴「あん」のためのクッションに利用しています。ペットも人もリラックスできるローズマリー・クッションのつくり方をご紹介します。

1時間もあれば完成します

夏によく成長した庭のローズマリー。刈り取った枝をリースにして、部屋に掛けて乾燥させました。程よくカリカリのドライになったので、紙の袋に入れて保管。さて、何に使おうかなと考えて、愛犬あんのための防虫クッションをつくることにしました。

クッションといっても、匂い袋、サシェの少し大きいサイズのものといった感じで。袋の中にドライ・ローズマリーと綿を詰めました。

【作り方】

1. 布をカットし、1辺を残して縫い合わせ、袋をつくります。私はテレビを見ながら、チクチク手縫い。20×20㎝ほどの袋なら20~30分ほどでつくれます。

2. ドライ・ローズマリーを不織布などの中袋に入れます(洋服を買った時に入れてもらった袋を使いました)。直接布の袋に入れず、薄い袋に入れることで、細かい葉が飛び出さず、次の取り替えもラクにできます。茎の硬いところも、細かくカットして入れました。

3. 布の袋に綿を入れて、真ん中にローズマリー入りの中袋を入れます。

4. さらに、ふかふかになるように綿を詰めて形を整えます。

5. 開けておいた1辺を縫い合わせて出来上がり。

香りがしなくなったら、ローズマリーの中袋を取り替えます。その際、布袋の縫い目をほどいて再度縫い合わせなくてはいけません。犬が使うことを考えると、ホックやボタンは使えず、また、鼻や口を入れて、中の綿を引っ張り出さないようにする工夫が必要です。面倒でも縫い合わせておいたほうが安心ですね。

クッションに綿を入れたことで、ローズマリーの香りが強すぎることがなく、ヒトには少々物足りないかなと感じますが、嗅覚の優れた犬にはこのくらいでちょうどよいのかなと思います。

あんも気に入ったようで、早速枕にして使っていました。ローズマリーは、消臭効果、防虫効果があるとされています。清涼感のあるスッキリした香りは、爽やかな気持ちにしてくれます。犬のベッドに置いたり、いつも寝ているソファーなどに置きたいと思います。

Credit

写真・文/海野美規(Unno Miki)

フラワー&フォトスタイリスト。ハーバルセラピスト。愛犬あんとの暮らしを通じて、動物のための自然療法を学ぶ。パリで『エコール・フランセーズ・ドゥ・デコラシオン・フローラル』に入門、ディプロムを取得。『アトリエ・サンク』の山本由美氏、『From Nature』の神田隆氏に師事。『草月流』師範。フランス、ハンガリー、シンガポールでの暮らしを経て、現在日本でパリスタイル・フラワーアレンジメントの教室『Petit Salon MILOU(プチ・サロン・ミロウ)』を主宰。http://petitsalonmilou.net