四季がはっきり変化する日本には、豊かな自然と幅広い植物群、そして花を美しく咲かせる技術力があり、海外からも注目されるガーデンもたくさんあります。全国各地で育まれ、訪れる人々を感動させる数々の花咲くスポット。人生で一度は訪れてほしい観光ガーデンへご案内します。

Print Friendly, PDF & Email

下総台地の豊かな自然を残した市街地を擁する千葉県八千代市。その住宅街のほど近くに、国内有数のバラ園「京成バラ園」はあります。八千代市では、バラは市民投票により市の花に決定されるほど、多くの市民に親しまれています。敷地面積約3万㎡の京成バラ園のメインとなるのは、何といってもバラ。ゲートを抜けた先に現れる整形式のローズガーデンには、1,600品種1万株のバラが咲き誇り、満開のシーズンには色とりどりのバラが視界いっぱいに広がる景色が楽しめます。ローズガーデンの奥にはナチュラルな自然風庭園があり、敷地内には大温室も。バラを中心としながらも、四季折々の花々が楽しめるガーデン構成になっています。

撮影/今井秀治

京成バラ園のメインであるローズガーデン。左右対称につくられた約3万㎡のガーデンは、まるでフランスの城に広がる庭園のようなクラシックな雰囲気を持ち、歩を進めるたびに、さまざまな品種のバラと出合えます。京成バラ園芸のオリジナルブランドのバラはもちろん、原種バラやオールドローズから最新品種まで植えられているので、園内を巡ることで気になるバラをチェックしたり、バラの歴史の奥深さに触れることができるガーデンです。

‘フランソワ・ジュランビル’の大アーチ

つるバラ‘フランソワ・ジュランビル’の大きなアーチ。このガーデンの経営母体である、日本最大のバラメーカー、京成バラ園芸株式会社の創立時から植えられていて、ローズガーデンのリニューアル時に移植されたものです。樹齢約60年を数えますが、満開時には毎年ピンク色の花がアーチ全体を覆う見事な景色に。アーチの下をくぐれば、ティー系の上品な香りも漂います。

愛のガゼボ

撮影/今井秀治

ローズガーデンの奥には、数多くのバラに囲まれた大理石のガゼボが。ブライダルファッションデザイナーの桂由美さんより寄贈されたこのガゼボの中には、プロポーズにふさわしい場所「恋人の聖地」として認証されたシンボルである「エデンの鐘」が設置され、挙式の際には2人を祝福するような音色が響きます。バラが咲き乱れる中、恋人と過ごす時間は大切な思い出となることでしょう。バラのシーズン中には「カップル割」で入園できる期間限定イベントも。受付で「愛しあってます」と大きな声で申告すると、お得に入園できるそうです(2017年現在)。ガゼボの前はイベントスペースになっていて、コンサートやトークショウなどのイベントも行われています。

ベルばらのテラス

フランス革命の頃のベルサイユ宮殿を舞台にした人気少女漫画『ベルサイユのばら』をモチーフに、メイアン社(仏)が作出した美しいバラ全6種を集めたテラスです。純白のバラ‘オスカル・フランソワ’や、あでやかな大輪花‘王妃アントワネット’など、漫画に登場する人物それぞれのイメージに合わせた姿や香りを持つバラとともに、記念写真を撮れるスポットです。白いテラスに立てば、あなたも‘ベルばら’の気分を味わえるかも。

撮影/今井秀治

つるバラの‘羽衣’と‘新雪’が絡むアーチ越しに、涼しげな音を立てる噴水「エデンの泉」を望む景色。その先は、イングリッシュローズが数多く咲く「バラの丘」へと続きます。ローズガーデンのほぼ中央に位置する噴水の周囲にはベンチが置かれ、美しいバラの花と涼やかな水の流れを見ながら一息入れることができます。

撮影/今井秀治

ローズガーデンの一角。オールドローズが系統別に植栽されていて、バラの進化の歴史に触れることができるエリアです。白やピンクなどのかぐわしいバラに囲まれ、柔らかい光を浴びて佇むスタチューは、まるで一枚の絵のようです。京成バラ園では、バラのシーズン時には早朝入園ができる日もあるので、朝の透明な光の中で写真を撮影することもできます。

ローズガーデンを抜けた先には、整形式のバラ園とは対照的な自然風庭園が続いています。緩やかに流れる小川と池にはスイレンやハナショウブが、通路の横にはアジサイや四季折々の花木が花をつけ、秋には草木がしっとりとした紅葉に染まります。自然風庭園のエリアには、野性味のある原種バラ約80品種が植栽され、春に咲く素朴なバラの花の表情、秋にはたわわな赤い実など、季節の風情を楽しむことができます。

京成バラ園の歴史は1971年、すでにバラの育種や販売を始めていた京成バラ園芸が、品種ごとに実際の花色や香り、樹形、花つきなどを五感で知ってもらうために開園した見本園までさかのぼります。その後、1999年の大規模な工事を経て、現在楽しめるような本格的な整形式庭園としてリニューアルオープンしました。2015年には、世界バラ会議にて優秀庭園賞を受賞し、世界的にも美しく価値の高いガーデンであることが認められています。バラを中心としたガーデンですが、バラの特徴に合うように宿根草を植栽したエリアもあり、庭づくりの参考として訪れるのもオススメです。

京成バラ園を訪れたら、ぜひ立ち寄りたいのがガーデンセンターです。ガーデンセンターの広い敷地には、京成バラ園芸で扱っているさまざまなブランドの苗がずらりと並びます。バラ以外の植物やガーデニング資材なども豊富に手に入るので、ガーデナーなら楽しめること間違いなし。セール時は、お得に元気なバラ苗を購入する大きなチャンスです。ガーデンセンターのほか、約2,000種類のバラアイテムを取り揃えたローズショップやバラのソフトクリームが楽しめるカフェ、レストランも併設されています。

撮影/今井秀治

Information

「京成バラ園」

所在地:千葉県八千代市大和田新田755

☎047-459-0106 http://www.keiseirose.co.jp/

アクセス:東葉高速鉄道 八千代緑が丘駅から徒歩15分

Open:1月2日〜12月30日(7月・8月、12月~3月15日は水曜定休)

入園料:

通常時(1~4月、9月、12月)大人300円・小・中学生100円

春バラシーズン(5・6月) 大人1,200円・小・中学生200円

夏バラシーズン(7・8月) 大人500円・小・中学生100円

秋バラシーズン(10・11月) 大人1,000円・小・中学生200円

開園時間(入園は閉園30分前まで):

1~3月上旬 10:00~16:00

3月下旬~4月 10:00~17:00

5・6月 9:00~18:00

7~9月 10:00~17:00

10・11月 9:00~17:00

12月 10:00~16:00

Credit

写真&文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

記事協力:京成バラ園芸 http://www.keiseirose.co.jp/

Print Friendly, PDF & Email