「印西爽居」は一級建築士の小野善規さんがデザインした邸宅。庭でも家でも落ち着いた空間を楽しめるよう、様々な工夫が施されている。シックな住宅に合わせつつ、敷地を充分に満喫できる使い勝手だけでなく居心地の良い外構はどのように作られているのだろうか。

Print Friendly, PDF & Email

住む人のライフスタイルに合わせたデザイン

写真/オノ・デザイン

ニュータウンの新築住宅。

自宅で過ごすことの多い住まい手の生活スタイルを考慮して、家の中でも内と外を行き来できる楽しさと、居心地の良さを目指した。

モノトーンを基調とした建物に、前庭のヤマボウシの緑が彩りを添えている。

 

リビングの先にデッキを作ることで開放感を演出

写真/オノ・デザイン

この家の中心は敷地南側のリビングとデッキであり、ここが内と外をつなげる「寄り添いどころ」として視覚的にも認識できるように壁の仕上げをスギ板張りで統一している。

ダイニングからリビングを通してデッキ方向を見ると、視線の先に「受け止めるもの」としてベンチと植栽が配置されている。

敷地の一番端にこのような「寄り添いどころ」を設けることで、奥行きのある豊かな住まい空間を実現している。

建物の雰囲気に合わせた植栽を選ぶ

写真/オノ・デザイン

バーベキューコートから見たデッキ。リビングは外壁も室内と同様にスギ板張り仕上げで、デッキを囲む塀を含めた統一感を持たせている。

植えられたモミジは、ダークな色合いの建物に映える植栽が選ばれたもの。庭にいる時だけでなく、家の中からも四季折々の美しい姿を楽しむこともできる。

 

引用元/『HomeGarden&EXTERIOR vol.2』より
写真提供/オノ・デザイン

Print Friendly, PDF & Email