数ある植物の中から今、注目の植物をピックアップするシリーズ「Now blooming」。ガーデナーや育種家、ナーセリーなど、植物の達人たちへの取材を元に編集部がセレクトした植えどき・買い時・咲き時のオススメ植物をご紹介します。今回は秋の庭の主役花、ダリアをピックアップ。

Print Friendly, PDF & Email

秋のガーデンの主役を担うダリア。その醍醐味はなんといっても圧倒的な存在感。ダリアにおいては花径10cmでも小輪と呼ばれ、大きな花では30 cmに達するものもあります。色はもちろん咲き方、草丈、花径、花期のバリエーションが豊富で、数万という単位で品種数が存在しています。

近年では大型のダリアと区別して、プチダリアまたはガーデンダリアと呼ばれる小型の品種も人気です。草丈が20cmからと扱いやすく、寄せ植えなどにも用いることができます。

ガーデンダリアは一年草扱いですが、従来の大型のダリアは夏から秋に開花する春植え球根植物で、1mを超える草丈のものも多いので、支柱を立てて育ててあげましょう。特に、巨大輪は花を支えるためのサポートがあった方がキレイに咲かせることができます。

左/‘ジョイフル・インベストメント’ 2種類の花びらが組み合わさった面白い咲き方は「コラレット咲き」と呼ばれます。

中/‘デヴリル’ 淡いピンクのグラデーションが美しい花。「カクタス咲き」。

右/‘ジェスコット・ジュリー’ 花びらの表は淡いオレンジ色、裏は朱色というおしゃれな花。

左/‘ハワイ’ 花びらが幾重にも重なってまん丸い形を作る「ポンポン咲き」。

中/‘アラウナ・クレア・オブスキュア’ ルビーレッドと白のドラマチックな花色。細い花弁が集まって咲く「カクタス咲き」。

左/‘ホンカ・ピンク’ フューシャピンクの花びらと黄色い花心のコントラストが鮮やか。花びらが内巻きになる面白い花姿の「オーキッド咲き」。

中/‘ラッキー・ラブ’ 着彩したかのような個性的な花色。花びらが8枚並ぶシンプルな「シングル咲き」。

右/‘シニアズ・スピリット’ 黄色と赤色の花弁が目を引きます。平たい花びらがキレイに並んだ八重咲きで「デコラティブ咲き」と呼ばれます。

Credit

写真&文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Photo/top)Pakorn Chunhaswasdikul/1-3)InfoFlowersPlants/Shutterstock.com

Print Friendly, PDF & Email