お庭で育てた野菜や果実を美味しく飽きずにいただくために、簡単にできる保存食レシピをご紹介するシリーズ。今回は、調理用のサクランボ ”サワーチェリー”​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​をご紹介します。ジャムにしてしまえば、一気に全て食べ切らなくても、少しづつ長く楽しむことができますよ!

Print Friendly, PDF & Email

サワーチェリージャム

日本では生で食べる甘いサクランボがメジャーですが、サワーチェリーは調理用のサクランボ。生ではとても酸っぱいのですが、火を入れると素晴らしい香りを放ち、果肉まで赤く美しいため、お菓子作りに重宝する果実です。サワーチェリーは1本で結実し、お庭で育てやすいのが魅力。あまり流通していないので、育てて味わってみませんか。

サワーチェリージャムの作り方

サワーチェリーをジャムにして長く楽しめます。

【材料】サワーチェリー、砂糖(サワーチェリーの量の70〜80%)

①サワーチェリーは洗ってから軸を取ります。サクランボの種取り器をお持ちの場合はタネを取り除きます。ない場合は後からでも取れるのでそのままでOK。
①サワーチェリーは洗ってから軸を取ります。サクランボの種取り器をお持ちの場合はタネを取り除きます。ない場合は後からでも取れるのでそのままでOK。

 

②鍋にサワーチェリーと砂糖を入れ、中火から強火で煮ます。
②鍋にサワーチェリーと砂糖を入れ、中火から強火で煮ます。

 

③ワインレッドの汁が出てフツフツと湧いてくると同時に、アクが出てくるので、丁寧にすくいます。
③ワインレッドの汁が出てフツフツと湧いてくると同時に、アクが出てくるので、丁寧にすくいます。

 

④途中かき混ぜながら10分程煮るとタネが浮いてくるので、火からおろしてタネを取り除きます。あまり長い時間火を入れずに、短時間で仕上げた方が風味が生きます。
④途中かき混ぜながら10分程煮るとタネが浮いてくるので、火からおろしてタネを取り除きます。あまり長い時間火を入れずに、短時間で仕上げた方が風味が生きます。

 

サワーチェリークレープの作り方

【材料】クレープ生地5〜6枚分(卵2個、牛乳300cc、小麦粉100g、砂糖大さじ1〜2)、板チョコ1枚、バター、サワーチェリージャム

  1. クレープ生地の材料を全部混ぜ合わせます。
  2. 熱したフライパンにバターをひとかけ溶かし入れ、生地をおたま一杯分流し入れ、フライパンに薄く広げます。火は弱火〜中火。
  3. 片面が焼けたらひっくり返し、チョコレートを2〜3片のせて全体に溶かし伸ばします。
  4. クレープ生地をたたんで皿に盛り、サワーチェリージャムをかけて完成。

 

美と健康に作用する「赤色」

左がサワーチェリーの「ノーススター」、右は生食用の甘いサクランボ。サワーチェリーは中まで赤いのが特徴。
左がサワーチェリーの「ノーススター」、右は生食用の甘いサクランボ。サワーチェリーは中まで赤いのが特徴。

サワーチェリーは果皮だけでなく、中まで赤いのが特徴です。主に加工用に使われるサワーチェリーは、火を入れてもこの赤色が失われることなく、スイーツ作りに美しい色彩を提供し、パティシエから高い評価を得ています。

さらに、この赤色はただ単に色彩として美しいだけでなく、人の健康や美容においてもさまざまな嬉しい機能を持っています。

サワーチェリーの赤色は、アントシアニンという成分に由来します。眼精疲労の回復や視力改善などに即効性の効果を示すため、スマホやPCを頻繁に使用する現代生活では積極的に取り入れたい栄養素です。
また、アントシアニンには強い抗酸化力やコラーゲンの安定作用など、アンチエイジング効果も。保存食として常備し、日々の食卓で取り入れることで健康維持を目指したいですね。

Print Friendly, PDF & Email