120年ほど前のこと、英国の慈善団体ナショナル・トラストは、開発で失われていく自然や、歴史ある建物や庭といった文化的遺産を守り、後世に残そうと、活動を始めました。多くのボランティアの力によって守り継がれる、素晴らしい庭の数々を訪ねます。

©National Trust Images/Jonathan Buckley

昔ながらの村々が点在する美しい田園として知られる、グロスターシャー州のコッツウォルズ地方。その北部に、世界中から年間17万人もが訪れる名園、ヒドコートはあります。

©National Trust Images/Nick Meers
鳥のトピアリーが可愛らしく並ぶ、屋敷近くの〈ホワイト・ガーデン〉
©National Trust Images/Chris Lacey
静けさとかすかな水音を楽しむ〈ベイジング・プール・ガーデン〉。
©National Trust Images/Arnhel de Serra
一直線に芝生の道が伸びていく、ドラマチックな〈ロング・ウォーク〉。

この庭園の最大の魅力は、園内を巡っていると、個性的な小さな庭が次から次へと現れることでしょう。ヒドコートの庭は、高い生け垣や塀によって20余りの「部屋」に仕切られていますが、どれもが印象的。見る者は足を踏み入れるなり、それぞれの異なる美しさに惹きつけられます。

小鳥のトピアリーが白い花々と戯れる〈ホワイト・ガーデン〉、生け垣に囲まれた丸池が静かに水を湛える〈ベイジング・プール・ガーデン〉、そして、直線的な芝生の道が遠くまで続く〈ロング・ウォーク〉。角を一つ曲がる度に、新たな驚きが待っています。

©National Trust Images/Stephen Robson
©National Trust Images/Jonathan Buckley
美しいフォルムを持つ赤い花や銅葉の植物が集められた〈レッド・ボーダー〉。真夏が見頃の、情熱的な印象の庭。
©National Trust Images/David Sellman
青と黄の花々で埋められた〈ミセス・ウィンスロップズ・ガーデン〉。ジョンストンの母の名を冠した庭です。
©National Trust Images/Paul Harris

この素晴らしい庭をつくったのは、園芸家のローレンス・ジョンストン(1871-1958)です。彼はアメリカの裕福な家に生まれ、フランスや英ケンブリッジ大学で教育を受けました。

©National Trust Images/Jonathan Buckley
〈プラント・ハウス〉の鉢植え。

1907年、ジョンストンは母が買い取ったヒドコート

・マナーに暮らし始めます。その時、屋敷周辺に庭らしきものはなく、彼は独学で庭をつくり始めました。ジョンストンは、幾何学模様や噴水といった、伝統的なイタリア式庭園の要素を取り入れる一方で、当時流行していたアーツ・アンド・クラフツ・スタイルの庭づくりにも目を向けて、独自の世界をつくり出しました。何人ものガーデナーを雇い、40年に渡って、精力的に庭をつくり、守り続けたのです。

親密な雰囲気に満たされた、特徴ある小さな庭が連続する彼のスタイルは、後に続いたシシングハースト・カースルの庭だけでなく、現代における庭づくりにも大きな影響を与えています。

©National Trust Images/Nick Meers
園内に咲くヒドコート・ラベンダー。

ジョンストンは植物の蒐集に熱心なプランツマンで、国内のみならず、オーストラリアや日本などの遠い国々のガーデナーとも種の交換を行っていました。そして、「どんな植物でも最良の姿のものだけを植える」という信条を持って、庭に植えるべき植物を吟味しました。

1920年代に入ると、ヒドコートの庭はほぼ完成を迎え、ジョンストンの関心は次第に、南仏のマントンに設けた〈セール・ドゥ・ラ・マドン〉というもう一つの庭をつくることに移っていきます。また、植物の蒐集にますます情熱を傾け、プラントハンティングの旅に資金提供をするだけでなく、自ら、アルプスの山々や南アフリカ共和国、中国などに出かけていきました。

こうして自らの手で集めた珍しい植物の数々は、ヒドコートと南仏の2つの庭に植えられ、また、英国内の植物園にも寄付されました。ヒドコート・ラベンダーやヒペリカム・ヒドコートのように、ジョンストンが持ち帰り、彼自身やヒドコートの名を冠した植物は、今も多く残されています。

©National Trust Images/Jonathan Buckley
コテージガーデン風の植栽が美しい〈オールド・ガーデン〉。
©National Trust Images/Jonathan Buckley
大きな柱のようなトピアリーを背景にピンクと白の花々が躍る〈ピラー・ガーデン〉。

ヒドコートの庭が最も美しかったのは、1920年代から1930年代にかけてと言われています。その頃、庭はジョンストンと園芸界の友人たちだけが知る、ごく私的な空間でした。年に数回、チャリティーで公開されることはありましたが、その素晴らしさを耳にしても、実際に目にした者は少ないという、伝説のような庭だったのです。

1948年、70代となったジョンストンは、ヒドコートをナショナル・トラストの手に委ね、自身は南仏の庭へと移ります。庭園はその後、変化が加えられましたが、近年また、ジョンストンが丹精していた頃の庭園を再現しようとする取り組みが行われています。ナショナル・トラストの手によって守られたヒドコートは、100年前の美しさを今も私たちに伝えています。

©National Trust Images/Sarah Davis
©National Trust Images/Sarah Davis

ヒドコートは2月から12月まで開園していますが、毎日開園するのは気候のよい3月から10月にかけて。季節によって開園日時が変わるので、詳しくはHPでご確認ください。

ロンドンからは車で2時間半、電車の場合は、ロンドン・パディントン駅から最寄り駅のハニーボーン(Honeybourne)まで2時間ほど。駅からはタクシーで約15分。

近くの村、チッピング・カムデンはコッツウォルズの名所なので、合わせて観光するのもオススメです。ヒドコートでは、手入れの行き届いた芝生の上で、『不思議の国のアリス』にも出てくる英国伝統の遊び、クロッケーに挑戦することもできます。また、駐車場から、遊歩道パブリック・フット・パスが伸びているので、イヴシャムの谷やコッツウォルズの景色を見渡しながら少し歩いてみるのも楽しいでしょう。

@National Trust Images/Jonathan Buckley

Text by Masami Hagio

Information

〈The National Trust〉Hidcote ヒドコート

住所Hidcote Bartrim, near Chipping Campden, Gloucestershire, GL55 6LR

電話+44 (0)1386-438333

https://www.nationaltrust.org.uk/hidcote