季節の移り変わりに合わせて、植物たちは日々成長し、次のシーズンに向けた準備をはじめています。秋は、冬に休む準備をはじめる植物や樹木、早春に向けて育つ準備がはじまる季節。今が旬の庭作業を忘れずにおこなって、ガーデニングを楽しみましょう。

Print Friendly, PDF & Email

果樹の植どき

ブルーベリーやラズベリー、レッドカラント、リンゴやイチジクなど、果樹の植え付け時期です。ブルーベリーの場合は2品種以上を植えましょう。

豆類のタネ播き

えんどう豆、そら豆の播きどきです。暖地では11月中旬以降が播きどき。

宿根草の手入れ

宿根草の手入れをしましょう。花後に即効性の肥料を与え、地上部が枯れたら地際でカットします。寒さに弱い種類は掘り上げて鉢植えにし、暖かい場所で養生させます。

 

花木の剪定

ツバキやキンモクセイの枝を剪定しましょう。一度に多くの枝を切ると反動でおかしなところから勢いよく枝が出てきてしまいます。一度に切らず、毎年少しずつ切るのが樹形を保つコツです。

樹木の移植

落葉樹の移動ができる時期です。庭のレイアウトを変えたいならこの時期がチャンス。大きな木の場合は、専門家に依頼したほうが安全です。

 

ローズヒップの収穫

ローズヒップ(バラの実)の収穫をしましょう。お茶にできるのは、ロサ・カニナ、ロサ・エグランテリアなど。中身のタネと細かい毛は、よく取り除きましょう。残っているとお腹をこわすことがあります。

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Illust/Nikiparonak/Shutterstock.com

Print Friendly, PDF & Email