愛知県安城市の多角形農業が「日本デンマーク」と称されたことからもじって、その名が与えられた「安城産業文化公園デンパーク」。大小22のガーデンが点在し、それぞれに異なるスタイルで展開するので、その先の景色を求めて歩みの足取りも軽くなります。毎月のイベントやレストラン、ショップも充実しており、観光ガーデンとして一日楽しめるスポットです。

Print Friendly, PDF & Email

絶対に写真を撮りたくなる
キュートなトピアリーに大注目!

1997年にオープンした「安城産業文化公園デンパーク」は、愛知県安城市が誇る花と緑の公園。13万1,000㎡の敷地を持ち、大人の足でゆっくり巡って、約1時間半かかる広さです。市民に愛される観光ガーデンで、年間約63万人(2018年実績)もの人々が憩いに訪れています。

安城産業文化公園デンパーク

「デンパーク」の名は、かつて稲作、畑作、果樹、畜産などの多角形農業を進めた安城市が農業先進国のデンマークに例えられ、「日本デンマーク」と呼ばれたことに由来。全国農業経営のモデルとなってきた安城市の歴史をもとに、自然と親しみ、花のある暮らしを提案する公園として設立されました。園内に時折ブタやウシ、ヒツジなどの可愛いトピアリーが登場するのも、その一環です。

園内は、大小20以上のガーデンが点在し、植物は約3,300種、約30万株を誇る規模。展示方式も、整形式庭園やイングリッシュガーデン、一定の植物を集めたコレクションガーデン、アトリウム内ショウガーデンなど、さまざまで、エリアごとに異なる景色を楽しめます。

安城産業文化公園デンパーク

ガーデニングコンテストや寄せ植え講座、フラワーアレンジメント講座など、年間を通してイベントが開催されているので、お目当てのイベントに合わせて出かけるのもいいですね。子ども向けの遊具も充実しているので、ファミリー層にもオススメ。人気の観光ガーデンだけに、土産物店やレストランも魅力満点で、一日かけてのレジャーにぴったりです。

約3,300種、約30万株の植物が息づく
大小22のガーデンを満喫しよう!

安城産業文化公園デンパーク

写真は「ヨーロッパ風のお花畑」の5月後半〜6月上旬の風景。ヨーロッパの花の公園などで好んで使われる、典型的な一年草花壇のスタイルをとっているため、この名前がつけられました。写真中央の孔雀のトピアリーは、全長9mあり、4月下旬〜5月下旬に登場。4月、6月、9月、11月の年5回に植え替えが行われ、一年中カラフルな花壇を楽しめます。

安城産業文化公園デンパーク

これは「秘密の花園」のエリア。色彩をテーマに、イングリッシュガーデンの一つ、アウトドアルームのスタイルでつくられたガーデンです。イギリスから輸入したアンティークレンガと生け垣により5つの小部屋に分かれ、それぞれ東側から順に黄色、ピンク、ブルー、赤、白でカラーコーディネートして植栽。写真は5月頃で、宿根草と一年草がバランスよく組み合わされています。

安城産業文化公園デンパーク

「不思議の森」エリアは、安城ヶ原の雑木林をそのまま生かした森です。ところどころに北欧の妖精トロールをかたどった鏡などがあり、不思議な世界へと誘います。6月にはアジサイが見頃になり、約7,500株が彩り豊かに咲き誇るので、ぜひお見逃しなく。池側にあふれるように植えられているため、風のない日には湖面に花々が映りこんで、一層の華やぎを演出します。

安城産業文化公園デンパーク

園内の「水生植物の池」では、水生植物が多く植栽され、水鳥や魚の姿も見られます。7月には、ハスが見頃に。‘黄陽’など4品種が池を覆うように茂って、凛として咲く姿を見せてくれます。ハスは早朝から咲き始め、夕方には閉じる性質があるため、毎年7月中旬の3連休は特別に朝6時から開園。涼しい時間帯にタイミングを合わせて、出かけて見ましょう!

安城産業文化公園デンパーク

写真はアンティーク風の花時計を中心に、アンデルセンの童話の世界をイメージした「ファンタジーガーデン」のエリアで、10月頃の景色です。花時計はガーデンのどこから眺めても美しく見えるよう、傾斜を生かして配されています。敷地の起伏と曲線的なラインを多用した、一年草が主役の整形式花壇で、年5回の植え替えを実施。植栽デザインは4月、6月、11月に変更されるので、季節によってがらりと雰囲気が変わります。少し高い場所にある休憩所からは、全体を一望できますよ!

安城産業文化公園デンパーク

こちらは「グラスウォーク」のエリアで、25〜30種のグラス類が100株以上植栽されています。グラスとは、イネ科の植物で葉の細いススキのような姿をした植物の総称。みずみずしい芽吹きから秋の出穂、冬枯れまで、四季の移り変わりを表現します。一番の見頃は、グラスの穂が出揃う秋。わずかな風にそよぐ姿は美しく、光を受けて輝く穂の姿は見応えがあります。

トピアリーやショウガーデンでインスタ映え!
パークトレインでの楽々観覧もオススメ

安城産業文化公園デンパーク

「安城産業文化公園デンパーク」のトピアリーコーナーにも注目を! 春・夏・秋のイベント時に期間限定で登場します。左の牛を象ったトピアリーは、赤と白のベゴニア・センパフローレンスを植え込んでキュートに。右の羊を象ったトピアリーは、ヘリクリサム・スクリュースターを使って、もふもふ感を演出しています。酪農が盛んな地元柄、開園当初よりブタやヒツジのほか、ニワトリ&ヒヨコやウシのトピアリーが展示されていましたが、今やカエル&オタマジャクシ、ドラゴン、イルカ、大カボチャなども登場! ぜひインスタ映え用の記念写真を撮りましょう。

安城産業文化公園デンパーク

花の大温室「フローラルプレイス」は、面積3,600㎡のアトリウムの中に、デンマークの街並みを再現したショウガーデンスペース。「フィールド」と呼ばれる大空間と、企画的な展示を行う「ガーデンルーム」の2つに分かれています。「フィールド」では年5回、「ガーデンルーム」では年8回の植物総入れ替えを行っているので、いつ訪れても季節感のある爛漫の景色を楽しめますよ! 写真は4月頃で、青、赤、ピンク、黄色のカラースキームで展開した様子です。

安城産業文化公園デンパーク

広い園内では、「パークトレイン メルヘン号」が運行。約1.5㎞を約15分かけて一周します。毎時00分、20分、40分発で、料金は大人200円、小中学生他100円、幼児無料。親子連れや年配のご夫婦など、年齢を問わず幅広く利用されています。最初に乗って、見たい場所を絞り込むのもいいですね。

地元の特産が多数並ぶ土産物店は必見!
レストランでは旬の味覚を楽しんで

安城産業文化公園デンパーク

「安城産業文化公園デンパーク」には、広くて品揃え充実のマーケットがあるので、ぜひパトロールを! 主に安城市、三河地方の特産を使用したお土産や雑貨が勢揃い。イチジクを使用したレアチーズケーキや季節のジェラート、焼きたてパンの販売が大人気。特に手作りソーセージやハム(1パック410円〜)、クラフトビール600円がオススメです。

安城産業文化公園デンパーク

「安城産業文化公園デンパーク」には、食事どころが4店舗あり、地ビールが楽しめるレストランや和食のお店、カジュアルなポテトフライ専門店などがあります。写真は「農場レストラン 花車」です。地元の旬の食材を使った料理が並び、バイキングで80分食べ放題。ビュッフェコースは大人1,706円、小学生1,058円、幼児810円です。ランチタイムは11:00〜16:30(受け付けは15:00終了)。

安城産業文化公園デンパーク

こちらは「和食処 ふるさと館」の人気メニュー「安城の箱寿司」、1,280円。箱寿司や郷土料理のほか、海鮮丼やうどんなどの和食が楽しめます。ランチは11:00〜2:15(LO1:45)で、喫茶は9:30〜16:00。みたらし団子や五平餅、白玉ぜんざいのほか、季節限定の和スイーツメニューも充実していますよ!

※なお、2019年10月以降は消費増税により、食事の値段が変わりますのでご了承ください。

Information

安城産業文化公園デンパーク

所在地:愛知県安城市赤松町梶1番地
TEL:0566-92-7111
http://www.denpark.jp

アクセス:JR「安城駅」、名鉄「桜井駅」または「南桜井駅」から市内循環バス「あんくるバス」にて「デンパーク」下車

オープン期間 通年

休園日:火曜休園(祝日の場合は翌平日)、年末年始など

営業時間:9:30~17:00 ※季節、イベントなどにより変動あり

料金:大人600円、小中学生300円 ※団体、シニアなど各種割引あり駐車場:1,000台(無料)

Credit


取材&文/長田節子
ガーデニング、インテリア、ハウジングを中心に、ライフスタイル分野を得意とするライター、エディター。1994年より約10年の編集プロダクション勤務を経て、独立しフリーランスで活動。特にガーデニング分野が好きで、自身でも小さなベランダでバラ6姉妹と季節の草花を育てています。草花や木の名前を覚えると、道端で咲いている姿を見て、お友達にばったり会って親しく挨拶するような気分になれるのが醍醐味ですね。
https://twitter.com/passion_oranges/
Print Friendly, PDF & Email