フラワーアレンジに欠かせない器の中でも、ガラス製の花器は一年を通じて重宝するフラワーベースです。ここでは、夏から秋へと季節が移り変わるシーズンに涼しげな雰囲気を演出するアレンジメントを、ダリア‘ムーンワルツ’を主役にして3タイプ、海野美規さんに教わります。気取らない毎日の花を小さなガラスの器に活けて、暮らしを彩りましょう。 

Print Friendly, PDF & Email

一年を通じて重宝するガラスの花器

ガラス器

ガラスの花器は、夏はもちろん、一年を通して重宝に使えるフラワーベースです。大きなもの、小さなもの、背の高いもの、直線的なもの、丸みのあるもの、シンプルなもの、デコラティブなものなど、いろいろなバリエーションがありますね。ガラス製の器に花を活けると、どんな花でも間違いなく映えます! だから私は大好きです。

まだまだ残暑が厳しい時期ではありますが、ガラスのベースを使って初秋の花を飾り、涼しく楽しみましょう。

花器の水替えを朝の習慣にしましょう

水替え

ガラスの花器で一番気になるところは、器の中が見えることです。茎の見え方、水の見え方に気を配りたいところです。ガラスの器は、透明感がポイントになりますから、水が新鮮であることはとても重要です。

ところが、夏は毎日水を替えても、夕方には水が濁って見えることがあります。エアコンの効いた部屋であれば、それほど濁らないのですが、それでもやはり気になりますよね。

ある雑誌で「朝の儀式」というテーマの連載がありました。そこには、各分野で活躍されている素敵な女性たちの、朝の時間の過ごし方が紹介されていました。そこには、「庭の手入れをする」とか「花を活ける」「花瓶の水を替える」と挙げている方がいらっしゃいました。それを読んで、やはり朝は植物に触れる人が多いのだなぁと思いました。

ダリアのアレンジ

花瓶が1つでも2つでも、大きくても小さくても、必ず部屋に花が活けてある、花のある暮らしをしているのっていいなと思いますし、その花瓶の水を替えることから、その日一日をスタートさせるのは、とても気持ちのよいことだなと思います。ぜひ、花を活けることとセットで、朝の水替えを習慣にしていけるとよいですよね。

私はといえば、コップ一杯の白湯を飲んで、犬を起こして散歩に行くことから一日が始まります。

ガラスの器の中に入れる水の量

花の活け方
ダリアは浅水で活けます。

花器に入れる水の量によって、茎が腐らず、水が濁りにくくなるコツがあります。花器にたっぷりの水を入れて花を活けると、水に浸かっ ている茎の面積が大きいため、バクテリアが繁殖しやすく、水が腐りやすくなります。

暑い季節は、気温(室温)が上昇すると、花瓶の水の温度も上がってぬるくなります。このぬるい水が、バクテリアが繁殖するのに好条件となってしまうのです。バクテリアが繁殖した水に花を活けていると、バクテリアが茎に入り込み、植物が水を吸いづらくしてしまうのです。

花それぞれには、適切な水の量があります。花器に数センチ程度の浅めの水「浅水」に適している花と、花器にたっぷりの水を入れる「深水」に適している花に分けられます。

「浅水」に適している花は、茎にうぶ毛が生えているヒマワリやガーベラ、ダリアなどのキク科の植物、茎が柔らかいカラー、それからカーネーショントルコキキョウなども浅水にします。また、チューリップ、ヒアシンスなどの球根の花は、吸収がよすぎて早く咲き終わってしまうので、浅水にした方がゆっくり楽しめます。

「深水」に向いている花は、アジサイやライラック、バラといわれています。その他、細くて硬い茎は、深水でも大丈夫なようです。

花の活け方

できれば、毎日の水替えの時に合わせて「切り戻し」(茎の切り口を1~2cmカット)をすると、切り口が新鮮に保てます。その際、水中で切る(「水切り」をする)とより効果的です(切り口から空気が入ると導管内で気泡となり、水の移動が止まってしまうことがあるため)。

花器の中の水の量と、水換え、切り戻しをして、いつも清潔にすることが大切です。

ダリアを使った3つのガラス器のアレンジ

ダリア

秋に見頃を迎えるダリアは、2000年頃から切り花として盛んに流通されてきたそうです。大輪の華やかなダリア、ポンポン咲きのカラフルなダリア、どのタイプも目を引く美しい花ですね。世界中の人々に人気があるのもうなずけます。

中輪でスイレン咲き、淡いフラミンゴのような色の‘ムーンワルツ’という素敵な名前のダリアを、3つのガラスの器に活けてみました。

タマゴ形の大ぶりな器に「一種活け」

ダリアのアレンジ

中輪のダリアで、茎も長めの50cmというサイズ。長さを生かして、高さのある器にダリアだけを一種、活けました。

存在感のある花ですので、一種生けでもボリュームたっぷりです。花同士がなるべく重ならないように、あちこち向くようにすると、花びらが蒸れず、平面的な印象にもなりません。

ダリアは高温多湿が苦手ですので、まだ気温が高い季節でしたら、風通しをよくするように気をつけます。

口のつぼまった器に「ナチュラルにアレンジ」

ダリアのアレンジ

ダリアは、庭に咲く花ともよく合いますので、色が緑色に変化してきたアナベルとセージ、少し小ぶりなオレンジ色のダリアと合わせてアレンジしました。

口径が広く低い器に「短くカットしてアレンジ」

ダリアのアレンジ

アナベルと、オレンジ色のダリア、白のダリアと、ムーンワルツの3色のダリアを、こんもりとドーム型にまとめました。

私の好きな球形のガラスの器

ランのアレンジ
ランを使った南国の花アレンジはこちらでご紹介。

いろいろあるガラスの花器の中で、私が一番好きな器というと、球形の丸い器です。丸いフォルムが優しい雰囲気で、意外とどんな花にも似合います。

このボール型の器は、イギリス人フラワーデザイナーのジェーン・パッカーさんが来日してレッスンをされた時に使われたものです。東京・銀座にジェーン・パッッカーフラワースクールがあった頃、ご本人が来日して直接指導してくださるというレッスンを、私は2度ほど受講したことがあります。その2回とも、この球形の器を使ってのレッスンでした。

フラワーアレンジメント

一回は、チューリップを使ったアレンジ、もう一回はトピアリー風のアレンジだったか、こちらは記憶が曖昧なのですが、チューリップのアレンジの方は大好きなデザインでしたので、今でもよく覚えています。もう10年以上前のことになるでしょうか。

ジェーン・パッカーさんは、ロイヤルウエディングのブーケを手がけたり、ロンドンオリンピックのヴィクトリーブーケもデザインされて、世界的にとても人気のあるフラワーデザイナーでした。

フラワーアレンジメント
庭の花をサラリと活ける「多彩な色のまとめ方」の記事はこちら

初めてジェーン・パッカーさんのアレンジを見たとき、これまでのフラワーアレンジメントとはぜんぜん違うスタイルで、とても驚きました。そのときの印象は、「葉っぱがない!」「花がいっぱい!」。バラの花首だけを揃えて活けるデザインや、同じ種類で同じ色の花を集めて活ける(グルーピング)デザインは、ジェーン・パッカーさんの特徴的なスタイルといわれています。

とても華やかで可愛らしく、フェミニンな雰囲気のアレンジに、私はすっかり魅了されてしまいました。

ジェーン・パッカーさんは、世界中の人に新しい素敵な花の世界を広げてくださり、2011年に若くしてこの世を去ってしまいました。

気取らない毎日の花活けには、小さなガラスの器で

フラワーアレンジメント

私は、庭で摘んだ花などを活けるのが好きです。小さなガラスの器に小さな花を活けるのは、毎日気軽に楽しめる、気取らない花アレンジです。こういうアレンジには、ガラスの器がとても重宝します。

いつも母は、庭に咲いている花を3~4本摘んで、コップやおまけで付いてきたようなワイングラスにポンと入れて、テーブルや台所の窓辺に飾っています。

フラワーアレンジメント

子どもの頃からその様子を見てきた影響でしょうか。私もいつの間にか、母がしている、ガラスに小さな花を活ける習慣を真似するようになっていました。

実はこのスタイルが、一番心地よい私の花活けのスタイルのように思っています。

Credit

写真・文/海野美規(Unno Miki)
フラワー&フォトスタイリスト。ハーバルセラピスト。愛犬あんとの暮らしを通じて、動物のための自然療法を学ぶ。パリで『エコール・フランセーズ・ドゥ・デコラシオン・フローラル』に入門、ディプロムを取得。『アトリエ・サンク』の山本由美氏、『From Nature』の神田隆氏に師事。『草月流』師範。フランス、ハンガリー、シンガポールでの暮らしを経て、現在日本でパリスタイル・フラワーアレンジメントの教室『Petit Salon MILOU(プチ・サロン・ミロウ)』を主宰。
http://www.annegarden.jp

Print Friendly, PDF & Email