敷地のサイズにかかわらず、庭にまず欲しい「小道」。旬の花を眺めながら庭を散策できる道は、ストレスなく歩けるようにと、いくつかのポイントを踏まえてつくられています。基本的なレンガの小道のつくり方と、おしゃれなデザインのバリエーションをご紹介しましょう。

Print Friendly, PDF & Email

レンガの小道つくり方ポイント

まずは、平らでつまずかない道であり、雨でぬかるまず、水はけがいいことが大事です。つくり方のポイントを知らずに、ただ石を並べただけでは、次第に道が凸凹してきて、なんとなく歩きたくない場所に変わってしまいますよ。まずは、上写真をよく見てみましょう。お兄さんがレンガを敷いている左右の縁には、花壇との境目となる板が埋まっていて、レンガを敷いた仕上がり麺と花壇の地面が同じ高さになっています。これは、あらかじめ「石材の厚み+基礎となる敷砂2㎝厚+砕石8㎝厚」を合計した深さの分を掘ってから3つの石材を重ねているため、花壇と道がフラットになっているのです。

道の断面に近づいてみましょう。レンガの下に敷かれた砂は「敷砂(しきすな)」と呼ばれる海砂や川砂などです。この砂の下には「砕石(さいせき)」と呼ぶ小さく砕かれた石が8㎝厚ほど敷かれていて、足や丸太でつき固められて平らになっています。レンガや石材などの下は、すぐ地面の土ではなく、敷砂と砕石がミルフィーユ状に重なって、平らな面を維持しながら雨水を透します。

レンガの小道より簡単施工の砂利の道

「なんだかレンガを敷くまで時間がかかるのね〜」と思った方には、砂利敷きの道をご紹介しましょう。まず、地面を平らにならし、雑草防止のために「防草シート」を道幅×長さ分敷いて、その上に砂利を4㎝厚以上敷き詰めれば出来上がり。砂利の中に生えた雑草を抜く必要が減って、お手入れが楽になるアイデアです。写真のように道の左右が低い植物で縁取られている場合は、道幅は50〜60㎝程度あればOKです。

『敷くだけ簡単雑草対策 防草シート「デュポン™ プランテックス®」』も合わせてご覧ください。

庭をD.I.Y.する人に選ばれている真砂土の道

上から水をかけると固まる「真砂土(まさど)」も小道づくりに活用されることが多い便利な土です。オレンジやブラウンなど色も選べます。地面を平らにならしたら、真砂土を平らに敷き詰めて、あとはシャワーなどで水をかけるだけ。乾くと土が固まるので、歩きやすい道ができるうえに雑草が間に生えてきません。ひとつ残念なのが、寒冷地には不向きなこと。冬に凍結する地域では、表面がひび割れてしまうためオススメできません。

ステップストーンの敷き方ポイント

まんべんなく石を敷き詰めなくても、少し大きめの平板を歩幅に合わせて置くだけで、十分小道になります。ステップストーン(飛び石)を並べる時は、地面に石の広さ分の砕石をあらかじめ敷いて踏み固めてから乗せると、地面にめり込みません。写真のように道の左右に膝丈以上の植栽がある場合は、道幅を1mほど確保すると、圧迫感なく歩けます。

おしゃれな小道づくりに役立つデザイン例

芝生の間にランダムに平板を並べた小道は、目地に芝生が入り込んでナチュラルな雰囲気ですね。でも、このままにしておくと芝生が伸びて歩く時にまとわりついて邪魔になります。時々目地に生えた長い芝生をハサミやバリカンで刈り込む必要があります。

擬木のステップストーンの間に小石を並べてコンクリートで固めた、凝ったデザインの小道。最初にご紹介したレンガを置く前の基礎をつくる工程(砕石を敷いて、上に敷砂を重ねる)のあと、コンクリートを流しながら小石やステップストーンを並べていきます。根気と手間がかかる分、見た目が美しいうえに丈夫な仕上がりです。自分でD.I.Y.するのも冬の庭仕事にオススメですが、無理をせず街の施工店さんにお願いするというのも方法ですよ。

石材やレンガ、ピンコロ石などの並べ方によって、デザインもいろいろ変化が出ます。狭い庭なら、縦のラインを生かして奥行きを出したり、小道が交差する場所に模様敷きをプラスしてアクセントにしたり。使う素材を探しながら、デザインを考えることも、自分で庭をつくる楽しみの一つです。

小道をカーブさせる場合の注意点

公道と玄関をつなぐ小道をつくる時、気をつけたいのがカーブの描き方。「まっすぐ一直線では芸がない!」と、カーブをきつくしたり、何度も曲がるような道にすると、カーブに沿って歩くのが億劫になります。さらには、小道を脱線して芝生の上を歩いたり、花壇を踏み荒らしてしまう事態にも。どんな形の道にするのか、実際にラインを地面に描いてみて、歩いて無理がないかを確認するのも必要です。

庭の大切な要素「小道」のデザインバリエーション』の記事もどうぞ。

あわせて読みたい

理想の庭をつくるための植物選びのコツとガーデンテクニック
真似したい! フェンスを可愛く変身させる花使い、海外実例5選
カメラマンが訪ねた感動の花の庭。緑が美しい大人シックの庭 福島・小泉邸

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Photo/ 2)Serhii Lysenko/ 3)Kirill Ustinov/ 6)JuneJ/ 7)allstars/ 8)afoto6267/ 9)kaokiemonkey/ 10)mims/ Shutterstock.com

Print Friendly, PDF & Email