今回は庭で育てた青じその活用法! 「しそビネガージュース」の作り方をハーバルライフコーディネーターの堀久恵さんにご紹介いただきました。赤じそを使ったジュースはよく見ますが、実は、青じそでもおいしく作れるのです。夏バテ防止作用も期待できるビネガー(お酢)を使った、さっぱりヘルシーな飲み物です。しそ栽培のコツとあわせてお読みください。

Print Friendly, PDF & Email

和のハーブ・しその作用

和のハーブ・しその作用

しそは、ビタミン・ミネラル・α-リノレン酸を含んでいます。α-リノレン酸は、体には絶対に必要な必須脂肪酸の1つで、体内で生成できず、食品から摂るしかないため、積極的に摂りたい成分。最近では、えごま油や亜麻仁油に多く含まれると話題ですね。α-リノレン酸は、オメガ3に分類され、血中の中性脂肪を下げる作用、血栓ができるのを防止する作用、高血圧を予防する作用があるとされています。また、解毒・抗菌・防腐作用や、発汗・消化促進作用も期待できます。風邪のひき始めや、夏バテ気味、食欲がなく胃もたれがする…そんな状態の時に、飲んだり食べたりしてみるのがおすすめですよ。

もともとハーブとは、香りがあって生活に役に立つ植物の総称として、ヨーロッパで付けられた名前です。そのために、なんとなくハーブというと「海外の植物」というイメージがありませんか? ですが、日本でも昔から植物を薬草として用いたり、食事に加えて香りや風味を楽しんだり、いろいろと活用してきた歴史があります。今回ご紹介するしそや、よもぎ・ゆず・わさび・山椒・しょうがなど、和のハーブもいっぱいあるんですよ。

初心者さん向け! しその栽培はとても簡単

しその栽培はとても簡単! しかも、5月~11月の長い期間、青い葉から穂じそまで余すところなく活用できるし、1つの株から大量に収穫可能。ぜひ栽培にチャレンジしてみてください。しそは、シソ科に属し、寒さに弱いため、霜が降りる頃には枯れる一年草とされていますが、我が家はこぼれ種で毎年出てきます。園芸が得意な方は種から、初心者さんは苗の購入がおすすめです。

初心者さん向け!しその栽培はとても簡単

草丈は80cm程度まで大きくなりますので、地面に直接植える際には、場所をしっかり確保してから、植えてくださいね。

栽培のコツは2つ。まずは、水切れさせないこと。しそは湿った土を好み、水が不足すると葉が固くなり、おいしく食べられませんので、水切れさせないように管理しましょう。

2つめは、花芽を付けさせないこと。花が咲くと、種を育てることに栄養を注がれ、香りや味が落ちます。剪定を兼ねて収穫し、花芽は見つけたら取り除きましょう。8月以降についた花穂はそのままにしておくと、2ヵ月ほどで穂じそができます。穂じそもおいしく食べられますし、みそに漬けておく保存方法もありますよ。→「話題のオメガ3が豊富! 和のハーブ、シソの実のみそ漬けを作ろう

青じそビネガージュースの作り方

それでは、青じそを使ったビネガージュースの作り方をご紹介します。

<材料>

※仕上がり量1,300cc程度

◯青じそ(葉) 80枚

◯水 1,200cc

◯きび砂糖 250g

◯りんご酢 100cc

◯レモン汁 大さじ2

◯煮沸消毒した保存容器

<作り方>

1. 青じそをよく洗い、葉のみにします

2. 鍋に水と青じそを入れ、水から茹でます。沸騰したら、弱火で10分煮ましょう

3. 液をザルで濾したら、りんご酢・レモン汁・きび砂糖を加えて、よく混ぜたら完成です

青じそビネガージュースの作り方

このレシピは、濃縮タイプです。水やお湯、炭酸水などで3倍程度に薄めて飲んでください。かき氷のシロップにもおすすめです。

ビンに入れて、リボンをかけてラッピング

ビンに入れて、リボンをかけてラッピングしたら、プレゼントにも喜ばれそう!

植物で癒される暮らし方「ガーデンセラピー」

ガーデンセラピーという言葉をご存じですか? 日々の暮らしの中で、植物と触れ合うことを通じて、心身の健康を維持・向上させようというものです。

植物を通じて体験できる、5つの療法(園芸・食事・芳香・森林・芸術)を組み合わせたものをガーデンセラピーとしていて、今回のケースでいうと、しそを育てよう(園芸療法)、食べよう(食事療法)、可愛らしくラッピングしてみよう(芸術療法)と、さまざまな組み合わせを実行することで、あなただけのガーデンセラピーが出来上がっていくイメージです。

以前から、園芸療法や芳香療法など、それぞれの療法はありますが、これをいろいろと取り入れることで、相乗効果を得ることができますよ。

自分で育てたものを、飲んだり食べたりするって、すごく贅沢で特別な時間だなぁと、私は日々感じて癒されています。さらに、周りの人におすそ分けしたりすることで、笑顔が繋がっていく…そんなガーデンセラピーを一緒に楽しんでみませんか?

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email