ローメンテナンスでワイルドなカッコよさから、今、人気急上昇中のドライガーデン。しかし、人気のアガベやユッカなどばかりコレクションのように植えても単調な植栽になってしまいます。ここでは、ドライガーデンに取り入れても異彩を放つアガベ近縁種、マンフレダとマンガベの魅力、そしてオススメの品種を8種ピックアップ! 分類の垣根を取り去った植物セレクトで話題のボタニカルショップ「ACID NATURE 乙庭」のオーナーで、園芸家の太田敦雄さんにご案内いただきます。

Print Friendly, PDF & Email

キモカッコいい珍ドライガーデン素材「マンフレダとマンガべ」品種編

アガベの近縁種で、葉に入るチョコチップ状の斑点模様や、アガベよりもドロっと垂れた姿が珍妙で目を引く新感覚素材「マンフレダとマンガベ」。その魅力や特徴については前回の概要編もぜひ併せてお読みください。

アガベ、ユッカ、ヤシだけではなかなか差がつきにくい、ドライガーデン植栽に個性を加えてくれる植物です。今回は特にキャラクターの際立った品種をセレクトしてご紹介したいと思います。

マンフレダ ‘チョコレートチップ’やカンナの植栽

上写真は、アガベやユッカばかりで単調にならないようにマンフレダ ‘チョコレートチップ’ (写真手前中央)やカンナ ‘オーストラリア’ (写真中央奥)や非耐寒性のブロメリアなども合わせて熱帯的な雰囲気を演出した夏の寄せ置き植栽例です。カリフォルニアっぽいドライガーデンとは違う、無国籍なエキゾチック感のある植栽になっていますね。

他とは違う独創的なガーデニングを目指している方々に新たな視点を与えてくれる植物です。

マンフレダとアガベの交配種「マンガべ」

マンガべ(x Mangave)は、アガベの亜属であるマンフレダとアガベの交配種で、主に21世紀に入ってから、アメリカのナーセリーを中心に品種開発が進み始めた植物です。

マンガベ‘マッチョモカ’
21世紀のマンガべ品種改良の口火を切った大型品種 ‘マッチョモカ’。

特に2010年以降は、交配親のアガベに多様性を持たせることで、さまざまなタイプのマンガべが登場しています。現在進行形で毎年新しい品種が世に出ている、同時代性も感じられて面白い植物です。

マンガべ ‘ペインテッドデザート’
2019年発表の最新品種、マンガべ ‘ペインテッドデザート’ (x Mangave ‘Painted Desert’)。ドット模様の上にうっすらとした中斑、そしてロゼット中心に赤みのフラッシュが乗る多芸で装飾的な品種。

では以下にて、耐寒・耐暑性もあり、ガーデニングで異彩を発揮するマンフレダ、マンガべのオススメ品種をご紹介します。

セレクト1
マンフレダ ‘チョコレートチップ’

葉縁がヒラヒラと波打った細長葉で、品種名のごとく葉面にチョコレートチップのような斑点模様が無数に入る品種です。

マンフレダ チョコレートチップ
Pavaphon Supanantananont/Shutterstock.com

地植えすると地面にべたっと張り付いたような平たいロゼット姿となり、段差のある花壇の縁や鉢に植えると装飾的な垂れ葉姿となります。

マンフレダ チョコレートチップ

葉が柔らかいため高さが出ず草丈も低いですが、たいへん個性的なルックスで目を引きます。晩春~初夏に花茎を高く伸ばして咲く花も、不思議な雰囲気があり独創的な植栽演出に貢献してくれます。

マンフレダ チョコレートチップ

■学 名:Manfreda undulata ‘Chocolate Chips’
■草 丈:20cm(葉)~2m(花茎)

セレクト2
マンガべ ‘マッチョモカ’

ロゼット径1m程度に大きく育つ、マンガべの初期代表的名品種です。

マンガべ ‘マッチョモカ’

全体がボルドーを帯びて見えるほど葉面にびっしりと密に斑点模様が入ります。大型のアガベと合わせても引けを取らない圧倒的な存在感が魅力の品種です。

マンガベ マッチョモカ’

マッチョモカのレアな斑入り品種 ‘エスプレッソ’ (x Mangave ‘Espresso’)も、より装飾性が高く植栽の中で異彩を発揮します。

マンガベ エスプレッソ

■学 名:x Mangave ‘Macho Mocha’
■草 丈:50cm(葉)~2.4m(花茎)

セレクト3
マンガべ ‘ジャガー’

ダークな深緑地に黒みの斑点模様が入る、マンフレダ・グッタータ(Manfreda guttata)系統の品種です。

マンガべ ‘ジャガー’

一つのロゼットが大きくなるというよりは、分頭しやすく、葉数の多い立ち葉気味の群生姿になります。多肉質のしなやかな細葉が叢生する姿は、オーナメンタルプランツだけでなく、カラーリーフやトロピカルな雰囲気の宿根草ともよく似合います。他のマンガべよりも耐寒性があり冬の葉傷みが少なく、育てやすいのもうれしいところ。

マンガべ ‘カレイドスコープ’
マンガべ ‘カレイドスコープ’

2016年には本種‘ジャガー’ のピンクみの黄外斑入り品種 ‘カレイドスコープ’ (xMangave ‘Kaleidoscope’)が、2018年にはクールな白外斑入り品種 ‘スノーレオパード’ (xMangave ‘Snow Leopard’)も発表されています。

マンガべ ‘スノーレオパード’
マンガべ ‘スノーレオパード’

■学 名:x Mangave ‘Jaguar’
■草 丈:45cm(葉)~2.2m(花茎)

セレクト4
マンガべ ‘スポッティドッティ’

緑色地に濃紫褐色の斑点模様がバランスよく入り、ドット模様がとても際立って見える、2017年発表の新しい品種です。

マンガべ ‘スポッティドッティ’

葉幅も広くロゼット径70~80cm程度にも広がり、とても存在感があります。マンフレダ・マキュロサ(Manfreda maculosa)とアガベ・ジプソフィラ(Agave gypsophila)などの交配により生まれた品種で、アガベ・ジプソフィラの形質を受け継ぎ、葉縁に緩やかな波打ちラッフルも入ります。

■学 名:x Mangave ‘Spotty Dotty’
■草 丈:45cm(葉)~2.2m(花茎)

セレクト5
マンガべ ‘フォーリングウォーターズ’

幅広葉でどっしりとイカつい姿がとてもカッコよく人気の高い、アガベ・オバティフォリア(Agave ovatifolia)の血を受け継いだ、耐寒性に優れ姿も美しい2017年発表の品種です。

マンガべ ‘フォーリングウォーターズ’

地植えにすると直径75cm程度のぼってりとしたロゼット姿になり、鉢植えにすると、その品種名のように滝のように流れ垂れたような草姿になります。

本種 ‘フォーリングウォーターズ’の交配親のひとつアガベ・オバティフォリア。
本種 ‘フォーリングウォーターズ’の交配親の一つ、アガベ・オバティフォリア。

アガベ・オバティフォリアの幅広く分厚い葉、剛強な棘などの形状を受け継いでおり、シルエットの美しい品種です。葉縁の棘は形としてはしっかり残っていますが、柔らかく、触れても痛くないので、アガベのようなカッチリした姿と棘の危険性を避けたい場所などに最適です。

耐寒性の強いオバティフォリアの性質を受け継ぎ、他のマンガべの品種よりも冬傷みも少なく、マンガべ特有のチョコチップ模様も楽しめ、育てやすさ・観賞価値の両側面において完成度の高い品種です。

■学 名:x Mangave ‘Falling Waters’
■草 丈:40cm(葉)~2.2m(花茎)

セレクト6
マンガべ ‘シルバーフォックス’

マンフレダ由来の紫褐色のドット模様がびっしりと入った上に、パウダーがかったシルバーグレーが乗り、これまでのマンガべにはない、とても珍しい銀灰紫みの美しい葉色を獲得した、2017年発表の美麗品種です。他のマンガべにはない気品の高さを感じさせる品種です。

マンガべ ‘シルバーフォックス’

直径55cm程度の端正なロゼットに育ち、葉色の美しさと相まってとても目を引きます。他にあまり類を見ない葉色なので、さまざまなカラーリーフプランツと組み合せて楽しめます。耐寒性のエケベリア や セネキオなどの多肉植物と合わせてもデコラティブで独創性の高い植栽になります。

■学 名:x Mangave ‘Silver Fox’
■草 丈:25cm(葉)~2m(花茎)

セレクト7
マンガべ ‘メイアンクイーン’

前出の ‘シルバーフォックス’ を思わせる銀灰色に覆われつつも、赤紫みの斑点模様が強く、そしてロゼット径75cm程度と ‘シルバーフォックス’ より大型に育つ、異彩と迫力、おしゃれな雰囲気を兼ね備えた2017年発表の品種です。

マンガべ ‘メイアンクイーン’

■学 名:x Mangave ‘Mayan Queen’
■草 丈:45cm(葉)~2.2m(花茎)

セレクト8
マンガべ ‘デザートドラゴン’

マンガべらしい「毒々しい」雰囲気満点の2018年発表の品種です。

マンガべ ‘デザートドラゴン’

交配親の一つに、葉縁の波打ちラッフルが入るアガベ・ジプソフィラ 亜種 パブロカリロイ(Agave gypsophila ssp. pablocarrilloi)があるせいか、大きく波打った葉縁が装飾的な雰囲気を漂わせます。

アガベ・ジプソフィラ 亜種 パブロカリロイ
本種 ‘デザートドラゴン’ の交配親の一つ、アガベ・ジプソフィラ 亜種 パブロカリロイ。demamiel62/Shutterstock.com

地にへばりついたような直径50cm程度にもなるロゼットや、灰緑の地色に粒の大きな、そしてとても黒みの強い斑点模様が入り、不気味ダークなキャラクターがとても強い品種です。こういった植物がさりげなく植えてあると「ここの庭主はどんな人なんだろう」と思わず空想が膨らんでしまいませんか? とても見る者のイマジネーションを掻き立ててくれる品種です。

■学 名:x Mangave ‘Desert Dragon’
■草 丈:15cm(葉)~2m(花茎)

 

マンガベ

「独創的なものは、初めは少数派である。多数というものは独創ではない。」
(湯川秀樹 理論物理学者  1907 – 1981)

Credit


写真&文/太田敦雄
「ACID NATURE 乙庭」代表。園芸研究家、植栽デザイナー。立教大学経済学科卒業後、前橋工科大学で建築デザインを学ぶ。趣味で楽しんでいた自庭の植栽が注目され、建築家とのコラボレーションワークなどを経て、2011年にWEBデザイナー松島哲雄と「ACID NATURE 乙庭」を設立。著書に『刺激的・ガーデンプランツブック』(エフジー武蔵)。オンラインショップでは、レア植物や新発見のある植物紹介でファンを増やしている。
「ACID NATURE 乙庭」オンラインショップ http://garden0220.ocnk.net
「ACID NATURE 乙庭」WEBサイト http://garden0220.jp
Print Friendly, PDF & Email