お花も暑さで元気がなくなるこの時期…リーフをメインにしたグリーン色のおしゃれな寄せ植えリースを作りませんか? 今回は、ハーバルライフコーディネーターの堀久恵さんに、爽やかなグリーンの寄せ植えリースの作り方を、苗の選び方や組み合わせのコツとともにご紹介いただきました。

Print Friendly, PDF & Email

グリーンの寄せ植えリースを作るのに必要な材料

グリーンの寄せ植えリースを作るのに必要な材料

まずはグリーンの寄せ植えリースを作るのに必要な材料から。

● 苗10個程度

緑色の葉が楽しめる植物を10苗ほど、用意しましょう。

見本の写真は、アイビー、ヤブラン、ワイヤープランツ、カスミソウ、ヒューケラ、ロータス、ツルニチニチソウを合計で10個、使用しています。

苗選びのコツは、なるべく違う色の葉と、違う形の葉を集めること。同じ緑でも、色が濃いもの・薄いものがあり、また、葉が丸かったり、とがっていたりと形状もさまざまです。花苗を購入する際、お花の色ばかりに意識が向きがちですが、今回の主役は葉っぱです。色や形、育ち方などを改めて気をつけて見ると、葉にも新しい発見があるかもしれません。

● リース型プランター(直径30cm前後)

リース型プランター(直径30cm前後)

リース型の土台に、土を入れてもこぼれないよう、麻布やヤシ繊維が敷いてある製品です。ワイヤーなど耐久性のあるものや、手ごろな価格の籐でできたものなどがありますが、オススメはワイヤー製。年月の経過とともに、麻布やヤシ繊維は土に還り、ボロボロになってしまいますが、穴が開いたところは、麻布やヤシ繊維を継ぎ足して繰り返し使えますよ。ホームセンターの園芸コーナーや、インターネット通販などで入手可能です。

● 培養土と土入れ

グリーンの寄せ植えリースの作り方

準備ができたら、早速作っていきましょう。

1. 苗を並べて配置決め

まずは苗を並べて、どこに何を置くか、シミュレーションしましょう。

このグリーンのリースは、葉の組み合わせ次第で、印象がかなり変わります。10個の苗の魅力が最大限引き出せるように、時間をかけてしっかり考えてくださいね。

コツは、同じ色と形の葉は、隣に配置しないこと。

苗を並べて配置決め

例えば、一番上の部分には、アイビーとアイビーの間にヤブランが入っています。同じような色のもの・形のもの同士は、隣にしてしまうと、同化してお互いが目立ちません。間に葉の色と形が違うものを持ってくると、互いが活きてきますよ。

2. 植え込む

リース型プランターに少し培養土を入れ、時計回りに順番に植え込みます。植えこむ際のコツは、苗に付いた土をしっかり落とすこと。ギューっと無理に押し込むのではなく、事前に植えこみたい場所に合った形になるよう、土を落としておくとスムーズに苗が入ります。また、根へのダメージはその後の生育にも影響を与えます。根は丁寧に扱いましょうね。

3. 間に土を入れる

一周苗が入ったら、間にしっかり土を入れて、植物がグラグラしていないかを確認します。

グリーンのリースの上手な育て方

グリーンのリースは、屋外で育ててください。日当たりが5時間程度あれば、十分育ちます。例えば、ご自宅の玄関が北側で、日照時間があまりないところに置きたいのであれば、アイビー、ヤブラン、ワイヤープランツ、ヒューケラ、ツルニチニチソウがオススメ。これらの植物は、ある程度の光があれば育ちます。

置きたい場所に合わせて植物を選べば、育てるハードルもぐっと下がりますね。

グリーンのリースの上手な育て方

飾り方は、ボードや壁面につるしてもいいですし、ちょっとした段差に立て掛けて飾るのもオススメですよ。つるす場合は、植物の根が付くまで1~2週間ほど待ってからにすると安心です。

管理のポイントは、水やり!

リース型プランターはほとんど土が入っていないため、通常の寄せ植えと比べると、土の乾きが早いです。ジョーロで水をあげただけでは、土の表面がちょっと濡れただけの状態で、すぐに乾いてしまいます。また、気温が高くなる季節でもありますから、水切れには注意したいところ。

水やりのコツは、水を張った桶などを用意して、リースごとしっかり水につけること。

管理のポイントは、水やり!

リースベースの半分くらいが隠れる量の水に、5~10分程度、浸しておきましょう。

しっかり吸水したことを確認したら、水から出し、水が切れたら飾ってあった元の場所に戻して下さい。

この水やりで一番大変なのが、リース型プランターがしっかり入る桶がなかなか見つからない点…。根がついた状態なら、多少斜めにしても、苗が抜けて取れてしまうことはありませんが、私は、園芸店などで苗が入っている黒いトレイを使用しています。中にセロファンやごみ袋などを敷き、水が張れるようにしています。

植物のある暮らし・ガーデンセラピーのすすめ

自然と一体になって、植物との触れ合いがある暮らしをすることは、ストレスをコントロールし、心と体を健やかに保つ作用が期待できます。そんな植物を使った自然療法を総称して、「ガーデンセラピー」と呼んでいます。

中でも、土に触れ、植物を植えて育てることで、心身のバランスを取る一連の作業は「園芸療法」にあたります。風ひとつ取っても、爽やかな風や、夕立が来そうな風など、季節によってさまざま。園芸作業をしながら、そんな季節感を肌で感じると、気持ちがちょっと軽くなって、明日も頑張ろう!って思えたりします。

できることからちょっとずつ、ガーデンセラピーを暮らしに取り入れてみると、気持ちや体調の変化を感じられるかもしれません。

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email