老舗の園芸店として近畿圏の園芸ファンに愛されている兵庫県にある「陽春園(ようしゅんえん)植物場」。バラやクレマチス、ガーデン草花などのほか、インドアプランツや多肉植物などの最近人気の植物も充実しています。そんな陽春園のカフェが、パルダリウムカフェにリニューアル。どんなカフェなのかをレポートします。

Print Friendly, PDF & Email

宝塚の老舗園芸店「陽春園植物場」

陽春園

「陽春園植物場」といえば、関西の園芸ファンによく知られた園芸店。古くから植木類の生産が盛んだった、兵庫県宝塚市の山本地区で明治18年(1885年)以来続く老舗園芸店です。

バラやガーデンの草花などの、ガーデニング向けの植物はもちろんのこと、2000年代からは温室を新設し、時代に合った観葉植物や、流行りの多肉植物屋ティランジアなどもほかの園芸店に先駆けて取り揃え、関西の園芸ムーブメントを牽引してきた存在です。

現代的なガーデンセンターの先駆け

陽春園

2009年にはカフェをオープンし、ゆったりと滞在しながらショッピングを楽しめる滞在型ガーデンセンターのスタイルをいち早く取り入れたりと、園芸業界のトップランナーでもあります。

これまでも陽春園のカフェは、美味しいコーヒーとこだわりのカレーなどのメニューが人気で、買い物だけではなく、場内の植物をゆったりと楽しむのによいと好評でした。

「当店では人気のバラや宿根草から庭木や花木、宿根草などのガーデン向けの植物、資材のほか、観葉植物や多肉植物など多彩な植物をラインナップしています。

それだけのものをざっと見て回るだけでも、かなり歩いて頂くことになります。そうした際にちょっと休んで頂けるスペースとして、あるいはお茶や食事のついでにご来店いただこうと、場内にカフェをつくりました」(陽春園・野里元哉さん。カギ括弧内、以下同)

そんな陽春園のカフェが
パルダリウムカフェにリニューアル

陽春園

「当初はガーデンセンターに飲食スペースがあるというのは目新しさもありましたが、最近はこうした店舗も増えてきたため、より特色を打ち出したカフェにリニューアルしました」

こうして登場したのがパルダリウムカフェです。

これまでは漆喰塗りの白い壁だった奥の壁面には4つのパルダリウムがはめ込まれ、空間のそこここに苔テラリウムが配置されています。

パルダリウムは湿度を好む植物のテラリウム

陽春園

パルダリウムは、ここのところ盛り上がりを見せている園芸ジャンルで、水槽などの容器の中に植物を入れて栽培、観賞するというもの。

パルダリウムはガラスケースの中につくられ、テラリウムとよく似ていますが、湿度を好む植物を使ったものを指すことが多いです。

観葉植物の多くは熱帯雨林の薄暗い場所で育つものなので、光が足りない室内の環境でも耐えられます。

これまでは、熱帯雨林に比べて湿度が低い室内環境に合ったものが中心に楽しまれてきましたが、水槽などのケースに入れることで、より多くの植物を楽しむことができます。

「最近はインドアで楽しむ植物として、苔が大変人気です。中でも人気なのは、これまでの苔盆栽や苔玉ではなく、苔テラリウム。

苔テラリウムもパルダリウムもガラスの器の中に植物を入れて楽しむ点は同じです。まだ馴染みが薄いパルダリウムですが、多くの人に楽しんでもらえるのではないかと思い、カフェの目玉とすることにしました」

目を引くダイナミックなパルダリウム

陽春園

カフェのパルダリウムは最大幅90cm。

60cmの高さいっぱいに湿地を模した壁面をつくり、壁面いっぱいに植物が植え込まれています。シダやベゴニア、苔など熱帯雨林を思わせる迫力のある風景が広がります。

陽春園
カラーリーフも使われ、彩りも豊か。
陽春園
店内には苔テラリウムもたくさん飾られている。

忘れずに味わいたい『苔パフェ』

陽春園

陽春園のパルダリウムカフェに行ったら忘れずに食べたいのが『苔パフェ』。

抹茶味のアイスクリームや抹茶、白玉などを組み合わせ、苔むす風景が、グラスの中につくられています。なかなか手が込んでいるので、できあがりにはちょっと時間がかかります。食事と一緒に注文しておくのがオススメです。

パルダリウムがつくれる素材も買えます

陽春園

陽春園にパルダリウムカフェと同時に登場したのが「パルコジョキ」。

「パルコ・ジョキとはイタリア語で『遊び場』のこと。植物を育てる楽しみや喜びに加え、暮らしをより豊かに楽しくする『遊び心』を提案する場として新しくつくったコーナーです」

パルコジョキが提案するのは、植物がある現代的なライフスタイル。ティランジアなどのブロメリア類やコーデックス、アガベなどの多肉植物といった『珍奇植物』が軒先にずらりと並ぶパルコジョキ。

屋外スペースはどちらかというと乾燥を好む植物が並んでいます。しかし、屋内スペースには打って変わって、パルダリウム向きの植物や資材が豊富に揃っています。

陽春園
戸外売り場にたくさん並ぶ、乾燥を好む植物。

パルダリウムがつくれる資材も植物も揃う!

陽春園

カフェでパルダリウムに興味が湧いたらつくりたくなるのも当然のこと。パルコジョキにはそんな人がすぐにもパルダリウムをつくり始められる素材が並びます。

コケやシダ、ジュエルオーキッドや着生ランなど、強い光を必要とせず、湿度が高い環境を好む植物がよりどりみどりです。

また、パルダリウムをつくるには水槽や着生材、流木などが必要ですが、そうした資材の品揃えもバッチリです。資材の扱い方や植物の管理の仕方についての相談にも乗ってもらえるほか、苔テラリウムやパルダリウムのつくり方のワークショップも随時行っているそう。パルダリウムでその楽しさに魅了され、初めてのパルダリウムづくりに挑戦してみてはいかがでしょうか。

陽春園
着生ラン。
陽春園
ジュエルオーキッド。
陽春園
レインボーファーン。

Information

陽春園植物場・パルコジョキ
http://parco-giochi.net/

パルコジョキinstagramアカウント
https://www.instagram.com/parco_giochi_/

Credit

写真&文/土屋 悟(つちや さとる)
フリーライター。
園芸雑誌の編集に携わりながらフリーランスのライターとしても活動。都内在住のベランダー。鉢の置き場所がなくなったため、最近はランを中心とする着生植物にシフト中。その延長で、コンパクトで清潔に植物を楽しめる、水槽、透明ケースなどを使いながら試行錯誤している。ときおり実家の庭の手入れも行い、家の中、外での園芸ノウハウを蓄積。

Print Friendly, PDF & Email