ルナリア(別名/合田草 学名/Lunaria annua)は、タネを播いて育てるアブラナ科の草花です。春に花が咲き、夏以降、薄くて丸い個性的なさやが実るのが魅力。6月のイギリスの庭でも、オーナメントのようなタネが花壇のアクセントになっていました。ここでは、ルナリアの花からタネ、ドライフラワーまでの成長の様子と活用法をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

ルナリアとは

ルナリア
イギリス、ナイマンズ・ガーデンにて。

月を意味する「ルナ」が属名につくルナリア(Lunaria)は、アブラナ科で、合田草(ごうだそう)、マネープラント、銀扇草、銀貨草、大判草、英名でhonestyなど呼ばれています。原産はヨーロッパで、1901年(明治34年)にフランス、パリから東京美術学校(現・東京芸術大学)教授の合田清氏が日本に持ち帰り、普及しました。和名の合田草は、合田氏にちなんで名付けられたものです。ルナリア・アヌア(Lunaria annua)は、品種により一年草と二年草があります。

ルナリア
Anna Gratys/Shutterstock.com

花は、アブラナ科らしい十字形で、紫や桃、白色などが咲き、香りがあります。草丈は30〜100 cmで、栽培には土質を選びませんが、耐寒性は強いものの、夏の高温多湿が苦手なので、水はけをよくし、根腐れに注意します。栽培は主にタネからで、春に播くと翌年春に、秋に播くと翌々年の春、冬の低温期を経て5〜6月に咲きます。直根性なので花壇への直播きか、苗が小さいうちに移植を行い、根を切らないように注意をしましょう。適地であれば、こぼれダネでも増えます。

ルナリア・レディバ
ルナリア属には2種あり、もう一種は、多年草のルナリア・レディバ(Lunaria redivia)。さやは先が尖り、細長い。イギリスのガーデンにて撮影。

タネは月を思わせる薄いさやの中に

ルナリアのサヤ
園芸品種は数種あり、茎が赤い品種のルナリアは、丸いさやの輪郭がくっきり表れます。銀葉の品種もあります。
ルナリアのさやとタネ

さやが熟すと、両面の茶色く薄い膜が破れ、中に挟まれていた平たいタネが出てきます。このタネを取り除いた後に残った膜が張った楕円形のさやは、マネープラントと別名があるように銀貨を思わせます。光が透けて美しく、クラフトの素材として使ってみたい魅力があります。

ルナリアのさや
刈り取らないまま冬を迎えたリナリア。雪を背景に輝いてオーナメントとして美しい。Ksenia Lada/Shutterstock.com

イギリスの名園でもルナリアが花壇で活躍

ベスチャトーの花壇

6月のベス・チャトー・ガーデンで、大木の下にジギタリスが丈高く咲くボーダー花壇。よく見ると、ジギタリスの後方にルナリアがさやをつけています。左手奥のピンクのレースフラワーがふわふわと咲く間にもルナリアの株が。

ルナリアのさや

さやになったルナリアがレースフラワーの中でアクセントに。さやになる前の、ムラサキハナナに似た素朴な花が、レースフラワーが盛りを迎える少し前の時期の彩りになっていたことが想像できます。

シシングハースト・カースル・ガーデン

シシングハースト・カースル・ガーデンのローズガーデンのエリアにも、ルナリアのさやが実る株がありました。写真中央、スイートピーのオベリスクの株元付近に茂っているのがルナリアです。

ルナリア

少し細長いさやが実るリナリアの右には、ピンクのリクニス。後方のスイートピーがまだ低く咲いていた時期に、リナリアの花がコラボレーションを見せていたことでしょう。

グレートディクスターのルナリア

グレートディクスターでは、黄色や白花が咲くエリアには、明るい色のさやが背景のブロンズ色のフェンネルに引き立って、アクセントに。

グレートディクスターのルナリア

同じグレートディクスターの別のエリアでは、アリウムの紫花と調和する紫がかるさやのルナリアが、不思議な色合いを見せていました。

ルナリア

ナショナル・トラストのガーデンの一つ、ロンドン郊外にあるナイマンズ・ガーデンでも、紫花が咲くボーダー花壇の一部にルナリアを見つけました。ここでは紫花とさやが一緒に見られる株も。

ナイマンズ・ガーデンのボーダー花壇

ルナリアを見つけたボーダー花壇の別の場所では、ゲラニウムやアリウムが花盛りの季節。

ルナリアの群生

ボーダー沿いをさらに行くと、ルナリアが群生しているかのような一角もありました。株いっぱいにさやをつけて、花がなくても存在感のある花壇ですね。花がらが残っていると見た目に美しくない草花もありますが、このようにタネがついているなら、花が終わってからも、他とは異なる雰囲気が演出できます。ローメンテナンスガーデンを目指している人にオススメの植物。

ドライフラワーとして楽しむ

ルナリアのドライフラワー
タネを取り外し、すっかり色が抜けたルナリア。束ねただけでも美しい。InfoFlowersPlants/Shutterstock.com

イギリスでは、このルナリアのドライフラワーをショップやカフェに飾っているシーンを時々見かけることができます。丸いさやがついた枝をそのまま花瓶に挿して飾ったり、シダやグラスの穂のドライと一緒にリースに仕立てて、天井から吊るしていたり。クラフトの素材としても使ってみたい美しさがあります。

ルナリアのドライフラワー

シシングハースト・カースル・ガーデンの展示場の一角でドライフラワーの花束の一部にルナリアが。

ルナリアのドライフラワー

ベス・チャトー・ガーデンのカフェコーナーでは、ルナリアを使ったフライングリースが飾られて、おしゃれなインテリアとして活躍。

ドライのルナリアのリース
Agnes Kantaruk/Shutterstock.com

ルナリアのドライフラワーは市販ではあまり見かけない素材なので、ぜひご自分の庭で育てて、花、タネ、ドライフラワーまでを楽しんでみませんか?

Credit

写真&文/3and garden

ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email