7月になると、春から初夏にかけての花はほぼ咲き終わり、庭は夏模様。菜園では夏野菜が次々に実ります。月の前半はまだ梅雨空ですが、雨の晴れ間にせっせと庭仕事をしましょう。紫外線対策、熱中症予防にくれぐれも気をつけて!

Print Friendly, PDF & Email

ブラックベリーのお酒づくり

ブラックベリーのお酒
Lesya Dolyuk/Shutterstock.com

7月はブラックベリーの収穫期。あまり熟し過ぎないうちに摘み取って、お酒をつくりましょう。

つくり方は?

ブラックベリー酒のつくり方は梅酒のつくり方と同じ。焼酎に氷砂糖とブラックベリーの実を入れ、1年ほど寝かせます。焼酎のかわりに果実酒用のブランデーを使っても美味しいお酒ができます。

ジャムもオススメ!

ブラックベリーはジャムにしても美味しいです。

 レッドカラントのジャムづくり

レッドカラント
Seva_blsv/Shutterstock.com

真っ赤に熟したレッドカラント(房すぐり)の小さな丸い実は、まるで宝石のよう。収穫するときは、繁みの奥にハチが巣をつくっていることがありますから、事前によく確かめましょう。

つくり方は?

レッドカラントのジャム
sarsmis/Shutterstock.com

レッドカラントの実は生食ではあまり美味しくありません。けれども、加熱すると風味がよくなり、砂糖を加えて煮詰めると、甘酸っぱい美味しいジャムになります。

お酒づくりもオススメ!

レッドカラントのお酒づくりもオススメ。つくり方はブラックベリー酒や梅酒と同じ。何年も長く寝かせて熟成させると、より美味しいお酒になります。

木いちごを育てよう

キイチゴ類
Besklubova Liubov/Shutterstock.com

6月末から7月にかけては、そのほかにもジューンベリー、マルベリー(桑の実)など、いろいろな木いちご類が熟す時期。鉢やコンテナでの栽培も可能で、苗木もよく市販されています。おうちで木いちご類を育て、お酒やジャムにして楽しみましょう。

ジギタリスのタネ採り

ジギタリス
Natalia van D/Shutterstock.com

初夏の庭を華やかに彩ってくれたジギタリスが咲き終わり、長い花穂が残っています。

しばらくそのままにしておき、全体が茶色くなり枯れっぽくなってきたら地際から刈り取り、花穂にたくさんついているちっちゃなサヤを採取しましょう。

タネを播くのは9月

ジギタリスのタネ
HHelene/Shutterstock.com

そのサヤの中にジギタリスの非常に細かいタネがぎっしりと入っています。それを保存しておき、9月になったら庭やコンテナにまきます。ジギタリスのタネは好光性なので、覆土はしません。

タネ採りは7月中旬までには済ませましょう。

ニゲラのドライフラワーつくり

ニゲラ
Stanislava Karagyozova/Shutterstock.com

ニゲラ(クロタネソウ)は空色は白やピンクの花が咲き終わると、花茎の先にヒゲがいっぱいついた丸い球果をつくります。この花茎が少し枯れっぽくなってきた頃に刈り取り、室内に吊るすと素敵なインテリアになります。

タネを保存しよう

また、この球果の中にはニゲラのタネがたくさん入っています。室内に吊るしておくと、そのタネの追熟が進み、球果の中でカラカラと音をたてたり、床にこぼれ落ちたりするようになります。

そのタネを集めて保存しておき、9月に庭やコンテナに播きます。ニゲラのタネも好光性なので覆土はしません。手の甲などでタネを用土にしっかり圧着させ、発芽するまで霧吹きで毎日水やりをしましょう。

ラベンダーの花穂の刈り取り

ラベンダー
Subbotina Anna/Shutterstock.com

青紫色に色づいたラベンダーの花穂は、1茎で平均50〜80個の小さな花のつぼみの集まりです。

それが下から順に咲き上がっていき、最上段に達すると、隣の列のつぼみが再び下から咲き上がっていきます。10数日かけてこの開花を計3回繰り返すと、ラベンダーは満開となります。

刈り取りの適期は?

ラベンダー
zsu044/Shutterstock.com

花が満開になった花穂をそのままにしておくと種をつけようとするので、樹勢が弱まります。花穂はなるべく早めに刈り取るようにしましょう。

刈り取りの適期は満開の少し前。初めに最上段まで咲き上がり、次の列の最下段の花が咲き始める頃です。この時期は樹液の活動が活発なので最も香りがよく、刈り取った後も香りが長持ちするのです。

利用法は?

ラベンダーのサシェ
Jelena Yukka/Shutterstock.com

刈り取ったラベンダーの花穂はドライフラワーにして保存しましょう。

ドライの花茎でラベンダーバンドルズを作ったり、花粒でサシェ(匂い袋)やピロー(枕)をつくるのもオススメです。

ラベンダーを育てる楽しみ ラベンダーバンドルズをつくってみよう!

朝顔の花がら摘み

アサガオ
SOMRERK WITTHAYANANT/Shutterstock.com

朝顔はその名の通り朝に開花し、夕方にはしぼむ一日花です。しぼんだ花は摘み取りましょう。昔の子どもたちは、しぼんだ花を水につけて青や赤の色水をつくって遊んだものでした。

タネをつくらせる

アサガオのタネ
Keith Manfredi/Shutterstock.com

しぼんだ花を摘み取らずにおくと、やがてそこにタネができます。あえてタネをつくらせて、翌年それを播いてもよいでしょう。

入谷の朝顔市

朝顔市
KPG Payless2/Shutterstock.com

ちなみに、東京の夏の風物詩「入谷朝顔まつり」(朝顔市)は2019年も台東区入谷の鬼子母神(真源寺)で7月6日(土)〜8日(月)の開催です。

小さな庭と花暮らし「涼を呼ぶ夏の鉢植え」夏に丈夫な一年草と朝顔

ポピーとヤグルマギクの後片付け

ポピーとヤグルマギク
Anstey33/Shutterstock.com

5〜6月の庭の主役だったポピーやヤグルマギクも、いまや花期の終わり。枯れ始めると倒伏しやすくなり、庭の景観を乱しますので、早めに抜き取って片付けましょう。

自家製堆肥をつくろう

抜き取ったポピーやヤグルマギクは庭の隅に摘んでおき、堆肥化することをオススメします。完熟堆肥、米ぬか、油粕などを混ぜ、ときどき水をかけると発酵が進み、堆肥化が早まります。

堆肥ができたら花壇や菜園に戻しましょう。

夏野菜の収穫

夏野菜の収穫
janken/Shutterstock.com

キュウリ、ナス、ズッキーニなどの夏野菜が次々に実る頃です。採れたての美味しさをたっぷり楽しみましょう。

肥大化に要注意!

キュウリ
LedyX/Shutterstock.com

キュウリとナスは菜園の見回りを怠って肥大化させてしまうと、樹勢が衰え、収穫できる期間も短くなってしまいます。毎日、あるいは1日おきに菜園を見回って、適期に収穫しましょう。

ズッキーニも放っておくとどんどん巨大化し、しまいにはとんでもない大きさになってしまいます。長さ20〜30cmの頃に収穫するようにしましょう。

巨大ズッキーニの美味しい食べ方は?

ズッキーニ
Zhukovskaya Elena/Shutterstock.com

巨大化してしまったズッキーニも小さく切ってカレーやシチューに入れれば美味しく食べられます。直火で焼き、カツオブシと醤油をかけて食べるのもオススメです。

Credit

文/岡崎英生(文筆家・園芸家)
早稲田大学文学部フランス文学科卒業。編集者から漫画の原作者、文筆家へ。1996年より長野県松本市内四賀地区にあるクラインガルテン(滞在型市民農園)に通い、この地域に古くから伝わる有機栽培法を学びながら畑づくりを楽しむ。ラベンダーにも造詣が深く、著書に『芳香の大地 ラベンダーと北海道』(ラベンダークラブ刊)、訳書に『ラベンダーとラバンジン』(クリスティアーヌ・ムニエ著、フレグランスジャーナル社刊)など。

Print Friendly, PDF & Email