毎月、今が見頃を迎える花や収穫期の果物などにフォーカスし、その力を閉じ込めた優秀コスメを美容ライターの徳永幸子さんがご紹介していく連載『旬花秀粧(しゅんかしゅうしょう)』。今月は、早咲きのものなら6月下旬から開花が始まる“ハーブの女王”ラベンダーです。リラックス効果や安眠効果などがあるのは有名ですが、その効能を活かしたコスメが登場しますよ。

Print Friendly, PDF & Email

ラベンダー花エキスやブドウ種子油がみずみずしい肌に テラクオーレ「ラベンダー ハーバル ボディミルク」

ラベンダー花エキスやブドウ種子油がみずみずしい肌に テラクオーレ「ラベンダー ハーバル ボディミルク」

植物の見識が深いイタリアの製造チームと、日本人の肌を知り尽くした日本の開発チームがタッグを組み、“日本人のためのオーガニックコスメ”を生みだしてきたコスメブランド、「テラクオーレ」。植物の力を最大限に引き出す、バイオダイナミック有機農法で育てられた原料を可能な限り採用しているブランドです。

こちらの『ラベンダー ハーバル ボディミルク』は、その名のとおりラベンダー花エキスを配合したボディミルク。ラベンダー花エキスには、香りで心をリフレッシュしてくれる効果だけでなく、肌の水分バランスを整える働きもあるんだそう。

他にも、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキス、ルリジサエキスなど、ヨーロッパでは古くから用いられてきた肌コンディションを整える植物エキスや、保湿効果の高いコメヌカ油、ブドウ種子油などのオイルも配合。みずみずしくなめらかな肌に導いてくれます。

驚くほどみずみずしいテクスチャー

テラクオーレのボディミルク-驚くほどみずみずしいテクスチャー

ボディミルクをチューブから出すと、しっかりとツノが立つので、「硬くて伸びにくいのかな?」と思ったのですが、触れると驚くほどみずみずしく、スーッと軽やかに伸び広がります。すぐになじんでベタつきもなく、肌が瞬時に潤いで満たされるような感覚に。

個人的には、ボディケアアイテムは、なにげにこの使い心地がいちばん大切だと思うんです。だって広範囲に塗り広げたいものなのに、伸びが悪いとケアに時間がかかってしまいます。浸透が悪くてベタつくと、塗った面積が広いだけに不快感も大きいし、服だってしばらく着られない。なので、こんなにスルンと広がってあっという間に浸透するのは、本当にありがたいなと思います。

心ほぐれるようなラベンダーの香りで全身を包むと、1日の疲れやストレスからも開放されますよ。

【商品概要】
テラクオーレ『ラベンダー ハーバル ボディミルク』
150ml 価格:2,500円(税別)

枕に寝室空間に…シュッと一吹きで良質な眠りへ ニールズヤード レメディーズ「グッドナイトピローミスト」

枕に寝室空間に…シュッと一吹きで良質な眠りへ ニールズヤード レメディーズ「グッドナイトピローミスト」

最近よく耳にする“睡眠負債”。わずかな睡眠不足でもそれが借金のように蓄積すると、生活習慣病などの健康リスクが高まったり、ストレスに弱くなったりと、心身ともに危険な状態になってしまうのだとか。しかも、週末の寝だめでは、睡眠負債は解消できないといわれているので、毎日の睡眠の質を上げることが大切なんです。

そうはいっても、寝つきが悪い、熟睡した感じがしない、寝ても疲れが取れない…といった悩みを抱えている方は多いでしょう。そんな方におすすめなのが、この『グッドナイトピローミスト』。寝る前に寝具や寝室にシュッとスプレーするだけで、疲れた脳を深いリラックスへと導き、質のよい眠りへと誘います。

上質な眠りのための精油をブレンド

寝つきが悪かったり、眠りが浅いという方は、交感神経の高ぶりが原因。『グッドナイトピローミスト』には、その高ぶりを静め、リラックスさせてくれるラベンダー精油をはじめ、気持ちを穏やかにするマンダリン、イライラするなど過敏になった神経を落ち着かせるカモミール、心身のバランスやホルモンバランスの崩れからくる不調に働くゼラニウム、不安や緊張を解きほぐすベチバーなど、深い眠りをもたらし、すっきりとした目覚めに導くエッセンシャルオイルがブレンドされています。

エッセンシャルオイルは、すべてオーガニック植物から丁寧に抽出したもののみ。だから香りも格別なんです。

シュッと吹きかけると、そのなんともいえないいい香りに、思わず深呼吸をしてしまうのですが、これがリラックスのスイッチに。頭に酸素が行き渡り、全身がゆるゆるとほぐれて、脳がオフモードへ…。心安らぐ香りに包まれながら、幸せな気持ちでスーッと眠りにつくことができますよ。

【商品概要】
ニールズヤード レメディーズ『グッドナイトピローミスト』
45ml 価格:2,800円(税別)

まるでラベンダー畑にいるようなピュアで芳醇な香り ジュリーク『ラベンダー ハンドクリーム』

まるでラベンダー畑にいるようなピュアで芳醇な香り ジュリーク『ラベンダー ハンドクリーム』

オーストラリアのオーガニック自社農園で育てられた植物エキスを配合した「ジュリーク」のコスメたち。中でもハンドクリームは、創業者のウルリケ夫人の実際の体験から、自身が開発に携わり生まれた製品です。夫人は農園で長時間土作りをしたあとに、自分の手肌がひどく乾燥していることに気づき、独自にブレンドしたハーブエキスでしっかりと潤すことができるハンドクリームを作ったのだそう。

そのハンドケア効果の高さだけでなく、芳醇な天然エッセンシャルオイルの香りがたちまち評判となり、ハンドクリームはブランドを代表するアイテムに。こちらの『ラベンダー ハンドクリーム』も、つけた瞬間、まるで開花したばかりのラベンダー畑にいるような、本物そのものの香りが広がり、心をふわりと軽くしてくれます。

ラベンダーのほかにも、ローズ、ジャスミン、シトラスの計4種の香りがあり、そのどれもがとにかくいい香り! 思わず全種類揃えたくなるほどで、世界中で人気なのも納得です。

ローズやデイジー、カレンドラなど植物の恵がたっぷり

オーストラリアのオーガニック自社農園で育てられた植物エキスを配合した「ジュリーク」のコスメたち。中でもハンドクリームは、創業者のウルリケ夫人の実際の体験から、自身が開発に携わり生まれた製品です。夫人は農園で長時間土作りをしたあとに、自分の手肌がひどく乾燥していることに気づき、独自にブレンドしたハーブエキスでしっかりと潤すことができるハンドクリームを作ったのだそう。 そのハンドケア効果の高さだけでなく、芳醇な天然エッセンシャルオイルの香りがたちまち評判となり、ハンドクリームはブランドを代表するアイテムに。こちらの『ラベンダー ハンドクリーム』も、つけた瞬間、まるで開花したばかりのラベンダー畑にいるような、本物そのものの香りが広がり、心をふわりと軽くしてくれます。 ラベンダーのほかにも、ローズ、ジャスミン、シトラスの計4種の香りがあり、そのどれもがとにかくいい香り! 思わず全種類揃えたくなるほどで、世界中で人気なのも納得です。 <h3>ローズやデイジー、カレンドラなど植物の恵がたっぷり

香りだけでなく、その使用感と潤い感も、高い人気の理由。美肌効果や保湿効果の高いローズ、デイジー、カモマイル、カレンドラ、マカデミアナッツオイルといった成分に、2015年にはダイズ油を新配合してさらにその保湿力がパワーアップ。肌の奥からもっちりとした弾力が生まれ、長時間潤い続けます。

また、テクスチャーは濃厚なクリームながら、瞬時にググっと肌に入り込み、ベタつきもゼロ。すぐにスマホやPCを触ることができるので、忙しい女性にもオススメです。

【商品概要】
ジュリーク『ラベンダー ハンドクリーム』
40 ml 価格:2,900円(税別)

今回ご紹介した3アイテムは、どれも厳選されたオーガニック原料を使ったものばかり。ラベンダーのように、香りに特別なパワーを持つ植物こそ、香り高いオーガニックのエッセンシャルオイルをチョイスしてほしいと思います。癒やされ方が格段に違いますよ。

Credit

写真&文/徳永 幸子(とくなが さちこ)

早稲田大学卒業後、美容専門の編集プロダクション「レ・キャトル インターナショナル」でライター・エディターとしてのキャリアをスタート。『non・no』、『MORE』、『LEE』、『ar』 といった女性誌でライティングや、『美レンジャー』、『美的.com』などの美容系webメディアで編集に従事。エイジングケアコスメとチョコレートに目がない44歳。

Print Friendly, PDF & Email