雑草が抜いても抜いても生えてきて、もう草取りにうんざり。という方に朗報です。面倒な草取りの苦労から一切解放され、好きな植物の栽培にだけ専念できる工法ができました。あるバラ園ではこの工法により、除草メンテナンス費を1/10にまで削減。造園家の阿部容子さんが在籍するかたくり工房が開発した、草取りのいらない画期的な庭づくりのシステムをご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

雑草を取るのが庭仕事のメインになっていませんか?

草取り
Simon Kadula/Shutterstock.com

ガーデニングのなかで、最も時間と労力を要するのが雑草取りです。春先から秋にかけての雑草たちの繁殖力と生命力は驚異的。庭仕事の大半は草取りに追われている、という人も少なくありません。「実は近年、以前に施工した施主様から、『雑草取りが大変で』という相談を受けることが度々ありました。施工当初は若く体力のあった施主様も、それから10年、15年という月日が経てば体力も衰え、以前はなんでもなかった雑草取りや庭仕事が非常に負担になっているケースがあることに気づきました」と阿部容子さんは話します。

雑草取り
David Prahl/Shutterstock.com

「植物が大好きで、四季折々の庭の変化を楽しみにしていらっしゃった施主様たちから『雑草取りが大変だから、庭をもうやめようかな』という声を聞くたびに、なんとかしたいと思いました。これまでにもローメンテナンスの庭づくりをしてきましたが、庭は生き物ですから“ゼロ”メンテナンスというわけにはいきません。でも、メンテナンスのほとんどが雑草取りでは、ガーデニングが楽しくなくなってしまうのも当然です。庭は本当に豊かな楽しみを暮らしにもたらしてくれるのに、雑草のせいでその楽しみが奪われるなんて、実に惜しいことです」。そこで、かたくり工房が開発したのが「ノンストレスガーデン工法」。雑草取りのストレスをなくし、雑草取り以外の植物の植え込みや植え替えなど、ガーデニングの楽しい部分にだけ専念できる新しい庭づくりの工法です。

雑草を生えなくさせる「ノンストレスガーデン工法」を開発

雑草の生えない庭
一見すると分からないが、防草シートが敷いてあるので植栽した植物以外に雑草が生えない。

ノンストレスガーデン工法は、かたくり工房が開発した雑草が生えない造園工法です。最初に雑草が生えないように土壌処理をし、次に植物がきちんと育つよう土壌改良を施します。そして防草シートを全面に敷き、植栽部分にだけ穴を開けて植物を植え込みます。ですから、植栽部分だけは防草シートがなく、その下の土壌改良された土へと根が伸び、植物はすくすくと育ちます。

雑草の生えない庭
ノンストレスガーデン工法の施工途中。この上から自然素材のマルチングを敷く。

「防草シートというと、みなさん黒いシートが庭に広がった無粋な風景を思い浮かべて戸惑われるのですが、もちろん黒いシートをむき出しにするようなことはしません。上から自然素材のマルチング材をかぶせて、一見して防草シートが敷いてあるとはわからない自然な庭の風景に仕上げます」。マルチング材の上に、外から雑草のタネが飛んできて発芽したとしても、根は防草シートに阻まれて、その下の地面にまで根を伸ばすことができません。「だから、たとえ雑草が生えたとしても、根っこはシートに張り付いた状態なので、ペリペリッとはがして簡単に除草することができます」。

雑草対策「ノンストレスガーデン工法」はリフォームにもオススメ

雑草の生えない庭
雑草以外の植物は生き生きと育つ。

庭づくりの最初に、こうした地面づくりをしておけば、その後のガーデニングでは、好きな植物とだけ向き合うことができ、メンテナンスは格段に楽。「でも、今すでに庭ができ上がっていて、草取りに悩んでいる方にもオススメです。実際、このノンストレスガーデン工法はリフォームの庭での依頼で施工することも多いんです」。

雑草の生えない庭
ノンストレスガーデン工法で施工したカフェの庭。

静岡県にある日本茶専門のカフェ「san grams(サングラム)」も、庭のリフォームに際してこのノンストレスガーデン工法を採用した実例です。「この庭はオープン当初にかたくり工房で庭を施工しましたが、その後のメンテナンスに関しては、カフェのスタッフさんでされていました。ただ、庭が広いことや接客のお仕事が忙しいことなど、さまざまな事情で庭に手をかけられる余裕がなくなり、次第に雑草がはびこってしまった状態でした」。

植物にとってもノンストレスだから育ちがいい!

雑草の生えない庭
既存の植物を活かしノンストレスガーデン工法で庭を再生。

そこで、既存の植物を秋にいったん、掘り上げて養生し、新しく開発したノンストレスガーデン工法で春に植栽し直したところ、ガーデンは見違えるようによみがえりました。「雑草の勢いに負けて、バラや宿根草などの生育が衰えてしまっていましたが、雑草が生えなくなったことにより既存の植物が元気を取り戻しました。上の写真は植栽後、約3カ月の庭です。充実した株を使ったということもありますが、防草シートやマルチング材で地面を覆うことによって地温が安定し、植物の生育が驚くほどいいんです。これは想定していなかった嬉しい効果です」。

バラの黒点病にも効果が期待

生育の良いバラ

「また、土の跳ね返りがないせいか、ノンストレスガーデン工法の庭のバラは消毒を一切していないのに黒点病にかかる葉が、今のところ一枚もないんです。ただ、耐病性の強いバラを選んで植えていますし、十分に土壌改良もしているので、工法のせいだけではないとは思います。けれども、こうした条件を整えれば黒点病の心配のないバラ庭づくりもでき、バラ愛好家の方の庭の管理の負担もぐっと減らすことができるので、ノンストレスガーデン工法で施工した庭のバラの経過を見守って、データを集めていきたいと考えています」。

除草メンテナンス費が1/10になったバラ園

ある3,000㎡の観光バラ園も、このノンストレスガーデン工法で改修工事をしました。そこではこれまで除草作業に年間、300万円の人件費を要していましたが、ノンストレスガーデン工法によりその費用が大幅に削減。10年換算で約1/10に抑えられ、その分のマンパワーと費用をバラ園の主役であるバラや施設費にかけられることになり、新たなプロジェクトが進んでいます。

雑草対策「ノンストレスガーデン工法」は植え穴が重要

雑草の生えない庭づくり

この工法で重要なのは、植物を熟知していることだと阿部さんは話します。「生育するとどのくらいの株張りになるのか、どういう根の張り方をし、どういう生育経過をたどるのか、株元の形状がどうであるか、肥料の施し方など、植物一つひとつの生育特徴や手入れの仕方を熟知している必要があります。それによって植え穴の形状も穴の周囲のシートの留め方も細かに変えているんです。この植え穴が適切でないと、植物が健全に育たなかったり、植物の生育によってシートが破れてしまったり、そこから結局雑草がはびこってしまったりして、全く意味のないものになってしまうからです」。また、防草シートやマルチング材にも複数の選択肢があるため、庭の地形や雰囲気に合わせて、適したものを選びながら施工していると言います。

タイム
花壇の縁を彩るタイム。ノンストレスガーデン工法で根の伸びる範囲を制限しているためエリアを超えて必要以上に茂らない。

「san grams」の庭では花壇の手前は植栽スペースを広くとって、一年草など季節の花を植え替えやすくしたり、タイムなど繁殖力旺盛なハーブをコントロールしながら育てています。その後ろはノンストレスガーデン工法で宿根草やバラ、潅木などが植栽されているため、必要以上にハーブが広がって茂ったり、間に雑草が生えることはありません。庭のリフォーム以来、スタッフの草取りの労力が減り、いつも美しい花々がお客様を迎えるようになりました。今ではガーデンで写真を撮り合うお客様も増えたと言います。

san gramsの庭

雑草から解放され庭づくりの楽しさをもう一度味わおう!

バラ

「庭づくりの楽しみは、やっぱり好きな植物を育てることですよね。実は造園の仕事って、最初の地面づくり、いわゆる土木の仕事がすごく重要で、植栽はもう最後の楽しい仕上げなんです。ですから、その楽しいところはお客様ができるように、排水を整えたり、土壌改良をしたり、雑草を生えないようにしたり、地面をきちんと整えることこそ我々プロの仕事。そうやって“地面づくり”をお手伝いし、以前のようにガーデニングを再び楽しまれているお客様の姿を目にすると、本当に嬉しいですね」。

草取りに辟易し、庭をコンクリートで固めてしまったり、庭づくりをあきらめてしまおうかと考えている人の前に、新たな道を示した「ノンストレスガーデン工法」。庭のある豊かな暮らしをもたらす、希望の選択肢です。

Information

施工/かたくり工房

岐阜県可児郡御嵩町伏見747 TEL:0574-67-6633
http://www.katakuri.co.jp/

 

「san grams(サングラム)」http://www.san-grams.jp

Credit

アドバイス/阿部容子
ガーデンデザイナー・造園家。岐阜県可児郡「かたくり工房」に所属。モデルガーデンのガーデンカフェ「ガズー(Garzzz)」を拠点とし、公共、企業、個人の庭を全国各地でデザイン、施工。ぎふ国際バラコンクール審査員として岐阜県「花フェスタ記念公園」でも活動。アメリカ園芸療法協会会員として米国のカンファレンスで学んだ知識や技術を活かし、病院のガーデンも施工しています。

 

写真&文/3and garden

Print Friendly, PDF & Email