鉢や植物の選び方によって、雰囲気がガラリと変わる寄せ植え。ここでは、一点一点オリジナルの鉢を作る陶芸家と、その作品に合わせて植物を寄せ植える作者によるユニークな試みと、作品が生まれるまでのストーリーをご紹介。自身も自宅のバルコニーで、バラをはじめとする数々の植物を育てるガーデニング愛好家で写真家の松本路子さんがレポートします。

Print Friendly, PDF & Email

存在感のある植木鉢との出合い

寄せ植え
2年前にルーフバルコニーに到来した寄せ植え鉢。ガウラ(ヤマモモソウ)を中心にセンテッドゼラニウム、ウェストリンギア、シンバラリア、ベアグラスなど。

数年前『更紗 いのちの華布』という本を出版し、東京・目白にある古民家ギャラリーで出版記念展を行なった。その時、お祝いの品物として届いたのが陶器の植木鉢に寄せ植えされた花々。

植物のアレンジの見事さと同時に、私が目を見張ったのはダイナミックな鉢の存在感だった。独創的なフォルムでありながら、屋敷の入り口に長年置かれてあったかのようにその場に馴染んでいた。

お客様を出迎えるウェルカムフラワー

清水さんの植木鉢
我が家の玄関脇に置かれた清水さん作の植木鉢。季節ごとに草花を植え替え、楽しむことができる。

陶器の鉢は今、私の自宅マンションの玄関脇にあり、ウェルカムフラワーの寄せ植え鉢としてお客様を迎えている。鉢の作者は、陶芸家の清水順子さん。お祝いにいただいた寄せ植えのアレンジは、秋田緑花農園の秋田茂良さん。2人は東京・日本橋のギャラリーで「風にのって 花・器らくらく二人展」という展示会をこれまでに3回ほど開催している。オリジナルの植木鉢と植物の寄せ植えの展示会は、ユニークな試みではないだろうか。

草花が好きで植木鉢をつくった!

作陶中の清水さん
自宅の工房にて作陶中の清水さん。さまざまな土を使用するが、備前焼の風合いが好きだという。

秋田緑花農園には何度かお邪魔し、秋田さんの作った市民のための庭「タネニハ」で寛いだ時間を過ごしている。今回はかねてより念願の清水さんの自宅兼工房を訪ねた。

作陶

東京の多摩地区東部、東久留米市の閑静な住宅街にあるご自宅の庭には草花が溢れていた。「ミヤコワスレやワスレナグサなど、野の花の風情を持つ花が好き」という。最初は鉢カバーをつくっていたが、やがて好きな植物に合った鉢が欲しいと、植木鉢の制作に取り掛かった。

陶芸を始めて30年

志水さんの育てる寄せ植え
自宅庭の陶芸用のガス窯の前で。窯から生まれた個性的な鉢に植えられた清水さんが育てている植物たち。

中学校の教師だった清水さんが陶芸を始めたのは、約30年前のこと。最初は陶芸教室に通いながら、食器や花器をつくっていた。本格的に取り組むようになったのは、現在の家に移り住んだ22年前から。自宅内に作業場をつくり、庭の一角に陶器を焼くガス窯を設えた。10年前に定年退職してからは、陶芸中心の日々を送っている。

庭で楽しむ植木鉢

女性のトルソーを模った鉢

家の庭は落合川に面していて、川堤の桜の巨木がすぐ近くまで枝を伸ばし、深い緑に囲まれている。窯の前にはいくつかの植木鉢が並んでいた。なかでもユニークなのは豊かな胸の女性のトルソーを模った鉢。パンダすみれの細い枝が、黒い釉薬の器に絶妙な曲線を描いている。

クローバーが植わるバスケット型の鉢

バスケット形の器にはクローバーの葉が。どっしりとした重量感と軽やかさが同居して、幸せな感じが溢れている。白い釉薬の鉢には鮮やかな青色のベルフラワー、縄文土器を模った器にはミヤコワスレが、それぞれに調和した姿を見せている。縄文土器風の器は試作品で、これから本格的に取り組んでいきたいという。

器と寄せ植え植物とのコラボレーション

ギャラリー展示作品
ギャラリーでの展示作品。トクサやコロキアコトネアスターの枝、ヒューケラやアジュガの葉、クリスマスローズ、シクラメンなどを合わせた、ユニークな寄せ植え。写真提供/秋田茂良

そんな清水さんが秋田さんと出会ったのは今から6年前。

「それまで器だけの個展を20回以上続けてきましたが、秋田さんの寄せ植えを見て、ぜひ一緒に展示したいと思いました」

以来、2014,2015,2018年と、3回にわたり二人展を行ってきた。

三角形の鉢

出展された鉢はいずれものびやかで、鋭い三角錐の鉢も2~3個つなげることで、飛び立つ翼の様にも見える。また、コロンと丸みを帯びた器は、作者のおおらかさと暖かさを感じさせるものだ。

丸みのある鉢

秋田さんは清水さんの鉢の魅力を「とにかく個性的で、こちらの感性を刺激してくれます。大地を思わせる安定感も感じます」と語る。

「寄せ植えを始めた頃、自分の個性をどの様に表現していいか分からなかった時に、ずいぶんと助けられました。器に添って花を組み合わせるだけでオリジナリティが生まれてくるのです」

さらに「焼き物だからでしょうか。植えた植物がとても元気に育ちます」と続ける。

寄せ植えアレンジのコツ

清水さんの鉢に寄せ植え

この日の撮影のために秋田さんが届けてくれたのが、清水さんの大鉢にアレンジした寄せ植え植物。赤と黄色のラナンキュラス・ラックスにハーブゼラニウム、ブラキカムなどが配されている。

「アレンジのコツは対照を考えることです。色、形、感情など、表現したいイメージの要素はたくさんありますが、自分のイメージだけでつくり上げるのではなく、少し対照的な要素を取り入れる、そんな気持ちの余裕を持つことですかね」

清水さんの鉢に寄せ植え
背景を変えることで寄せ植えの見え方が変化するが、どこに置いても存在感がある。

「たとえば全体を落ち着いたトーンの花でまとめたい時には、明るめの色をどのくらい加えたら良いか、また自分の感情がポジティブな時にはあえて暗めの花を差し色にする、などと考えます。そうすると形に重層感が生まれます」

清水さんの鉢に寄せ植え
2018年10月の展示に際し、案内カードに使用した写真。丈の高いエバーフレッシュの葉、エキナセアの白い花、サラセニアの赤い補虫葉、カラテアの丸い葉などの寄せ植え。写真提供/秋田茂良

「まん丸い葉には直線的な葉の植物を合わせたりして。面白いことに目に見える形が違う植物同士を組み合わせると元気に育ちます。形が違うと根の張り方も違うし、かかりやすい病気も違うので、結果としてうまく育つのでは、と仮説を考えています」

清水さんの鉢に寄せ植え
2015年の展示に際し、案内カードに使用した写真。コロキアコトネアスターの枝、ヒューケラの葉、ペルネッチアの実などの寄せ植え。写真提供/秋田茂良

「基本は植物を優しく扱い、よく観察すること。それが楽しみながら寄せ植えを上達させるコツではないでしょうか」

農園でさまざまな草花を愛しみ育てている秋田さんならではのアドバイスだ。

これからの展示について

作陶

二人展に際して、当初秋田さんはギャラリーでの展示への不安から負担を感じる部分もあったという。だが蓋を開けてみると、想像以上に花に対して興味を持ってもらえ、不安が喜びに変わったそうだ。

ミヤコワスレを植えた縄文風の鉢
縄文土器をモチーフにした植木鉢とミヤコワスレ。清水さんの庭にて。

2019年秋にも、前3回と同じ日本橋のギャラリーでの展示が予定されている。清水順子さんは「今後、縄文土器のように土と火の力をより醸し出す作品をつくりたい」と語る。秋田茂良さんは「器とぴったり合う草花だけでなく、意外性が感じられるアレンジにも取り組みたい」と意欲的だ。

オリジナルの植木鉢

オリジナル陶器の植木鉢と草花たちのハーモニーがどんな音色を奏でるか、今から楽しみにしている。

Information

「風にのって 花・器 らくらく二人展」

日程:2019年11月5日~10日

会場:ギャラリー日本橋 梅むら
東京都中央区日本橋室町1-13-1 梅むらビルB1

お問い合せ:info@kaobana.com (秋田緑花農園)

併せて読みたい

写真家・松本路子のルーフバルコニー便り「早咲きのバラをめぐる物語〜その2」
いくつ知ってる? 押さえておきたい基本の植木鉢の種類とその特徴
備前焼の魅力を伝える新プロジェクト「Bizen×Whichford」コラボイベント報告

Credit

写真&文/松本路子
写真家・エッセイスト。世界各地のアーティストの肖像を中心とする写真集『Portraits 女性アーティストの肖像』などのほか、『晴れたらバラ日和』『ヨーロッパ バラの名前をめぐる旅』『日本のバラ』『東京 桜100花』などのフォト&エッセイ集を出版。バルコニーでの庭仕事のほか、各地の庭巡りを楽しんでいる。2018-19年現在は、造形作家ニキ・ド・サンファルのアートフィルムを監督・制作中。

Print Friendly, PDF & Email