咲かせて、眺めて、飾って嬉しい、花のある暮らしにオススメの植物をセレクトしてご紹介。初夏から秋にかけて楽しむアジサイ、アナベル。小さな庭のある暮らしを楽しむ前田満見さんがご紹介します。

小さな庭で育てるアジサイ‘アナベル’

毎年、バラが咲き終わる頃、いつのまにか蕾が膨らむ紫陽花アナベルは、純白の花の美しさと、耐寒性と耐暑性に優れた丈夫で育てやすい性質から、今やガーデナーに大人気。地下茎でどんどん殖えるので、株分けしたアナベルを、わが家の庭の3カ所に植えています。また、黄緑色〜純白〜緑へと変色していく花色も魅力のひとつ。初夏から秋までのアナベルの楽しみ方をご紹介します。

みずみずしい黄緑色の花とクレマチス

咲き始めの淡い黄緑色の花は、ちょうど同じ頃に咲くクレマチスとの相性がぴったり。藤色や紫色のクレマチスと共に、初夏の庭を爽やかに彩ります。日ごとに白味を帯びてゆく花は、とても風情があります。

雨に映える純白の花

梅雨の時期、アナベルは大輪の白い手鞠のよう。雨粒をまとうと、さらに美しくなります。山アジサイと束ねてブーケをつくるなど、ひと時の花遊びを楽しみます。じめじめして、ちょっぴり憂鬱な気分も晴れていくような気がします。

涼しげな夏のインテリア

ヤマユリやオニユリが夏の到来を告げる頃、アナベルは、再び緑色へと褪色します。どこか灰色を帯びた緑色の花は、少しカサっとした感触。こうなれば、思う存分カットして部屋のあちこちに飾ります。大輪の花をアケビの籠にバサッと無造作に活けると、アナベルらしい野趣あふれる存在感が味わえます。また、ガラスの器に活けると、ニュアンスのある緑色と透明なガラスが、とても涼しげです。

秋はカゴいっぱいのドライフラワーに

夏の間にカットしたアナベルは、ほぼ色褪せることなくドライフラワーになります。リースベースを土台にしてリースをつくったり、ガラスの瓶やカゴに入れて置いておくだけでも、不思議と様になります。時を経たアナベルの深い色合いに、心も和みます。

Credit

写真&文/前田満見
高知県四万十市出身。マンション暮らしを経て30坪の庭がある神奈川県横浜市に在住し、ガーデニングをスタートして15年。庭では、故郷を思い出す和の植物も育てながら、生け花やリースづくりなどで季節の花を生活に取り入れ、花と緑がそばにある暮らしを楽しむ。小原流いけばな三級家元教授免許。著書に『小さな庭で季節の花あそび』(芸文社)。