数ある植物の中から今、注目の植物をピックアップするシリーズ「Now blooming」。ガーデナーや育種家、ナーセリーなど、植物の達人たちへの取材を元に編集部がセレクトした植えどき・買い時・咲き時のオススメ植物をご紹介します。今回はクリスマスの定番花、「ポインセチア」の新色をピックアップ。

Jet Cat Studio/Shutterstock.com

赤、白、ピンク、黄色など、毎年新色が登場し進化を続けるポインセチア。花が少なくなる冬に向けて、株の上部が鮮やかな色に染まり、華やかでクリスマスのイメージがある常緑性の低木です。ポインセチアの特徴は、日が当たる時間が少なくなると、苞が緑から赤や白などに色を変える短日性を持っていること。その性質を少し早く進める「短日処理」をして育てられた株が、晩秋からお店に並び始めます。ポインセチアは、少々水切れしても枯れることがなく丈夫で、ベランダや玄関先、もちろん室内でも育てられます。イベントが多い冬時期のディスプレイとしてもオススメです。

 

ポインセチア‘ゴールド’/これまでにないゴールドカラーのポインセチアが登場。株のまとまりがよく、頂上付近にある苞(ほう)のもちがよく、観賞期間が長いのも嬉しい。オレンジにも見えることからハロウィン・パーティーにもマッチ。販売元:ハクサン

 

プリンセチア‘クリスタル*スノー’/“プリンセス”と“ポインセチア”に由来して名づけられたシリーズ「プリンセチア」はクリアでおしゃれな色合いの品種が揃っています。明るい緑葉に雪が降り積もったような純白の苞が美しく、日を受けて輝き部屋を明るくします。
販売元:サントリーフラワーズ  http://suntory.jp/FLOWER/

 

プリンセチア‘ローザ’/花びらのように形よく重なる苞がローズピンクに染まり、まるで花束のようなゴージャス感があります。可愛らしくラッピングしてインテリアに。
販売元:サントリーフラワーズ http://suntory.jp/FLOWER/

 

プリンセチア 2.5号ミニポット/窓辺やテーブル飾り、寄せ植えなどで組み合わせも楽しめる小さめサイズの苗。鮮やかな赤色の「チェリーレッド」、純白の「ピュアホワイト」、ピンクの濃淡「ルージュ」「ホットピンク」「ピンクホワイト」の5種のバリエ。
販売元:サントリーフラワーズ  http://suntory.jp/FLOWER/