一口に園芸店といっても、今やさまざまなスタイルのショップがあります。それぞれのショップの個性が色濃く反映されたこだわりの空間は、私たちのイマジネーションを刺激し、ガーデニングのセンスを磨ける最高の場所。今回は、サンプルガーデンを見に、有名なガーデナーたちも県外から遠路はるばる訪れるという人気のショップ「フェアリーガーデン」を訪ねました。全国のこだわりの生産者から取り寄せた苗や庭づくりにプラスして欲しいガーデングッズなども扱っているお店です。

Print Friendly, PDF & Email

自然体な庭をつくりたい人必見
広々としたサンプルガーデン

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」

幹線道路から少し入った住宅街の中に突如広がるガーデンショップ、「フェアリーガーデン」。つる植物が絡むウッドフェンスと雑木で囲まれた、ナチュラルでまるで秘密の花園のようなお店です。

大きな木々や宿根草が茂る人気のサンプルガーデンは、オーナーの柴田しず江さんが25年前からコツコツと造り上げてきたもの。約250坪もある敷地は、植物をゆっくり愛でながら回遊できるように枕木や自然石が敷かれ、花木、バラ、宿根草、球根などさまざまな植物が植栽されています。今ではこんなにも成熟した庭ですが、ここに至るまでに相当な時間と労力を費やしてきました。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」のシンボルツリー
庭の中心に植わるシンボルツリーのヤマボウシ。枝いっぱいに真っ白な花をつける、5月下旬の風景。

今から25年以上前、自宅を洋風に建て替えた際にガーデニングを始めた柴田さん。建物の雰囲気に合った美しい庭づくりを目標に掲げました。しかし当時はおしゃれな庭づくりの情報が少なかったため、都内の洋書専門店まで何度か出向き、ガーデン関連の洋書を購入。神楽坂にあったスクールでガーデンデザインを学び、庭づくりの知識を身に付けていきました。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」の庭
シャクヤクやバラなどの花があでやかに映える庭。洋書から得たセンスが光っています。
ガーデンショップ「フェアリーガーデン」の庭

洋書には、見たことのない素敵な宿根草やオールドローズがたくさんありました。その当時、それらの植物もまた日本では出回っていなかったため、海外から種子を取り寄せて自身で育苗をスタート。オールドローズは都内の販売店にまで足を運び、少しずつ数を揃えていきました。

しかし、自邸で本格的な庭づくりをするには限界を感じた柴田さんは、苗づくりはプロの農家に依頼し、それを販売するショップをオープンしようと決意。自身だけでなく園芸好きの人たちにも楽しんでもらえるような、サンプルガーデンを併設することで、自身が思い描く庭づくりを実現化させました。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」のサンプルガーデン

サンプルガーデンを造るにはある程度の広さが必要なので、使われなくなった田んぼを借用して、まずは洋風の建物を建設。その後、ガーデン部分となる場所には業者に客土をお願いし、へこんでいた敷地を平らにしてもらいました。けれど、入れてもらった土には礫やガラが非常に多かったので、最初の頃のしばらくはそれらを取り除いて、有機的な資材で土壌改良をすることに注力。整地しながらデザインを考え、花壇となる部分はレイズドベッドにして新しい良い土を入れ、水はけを確保しました。

見ごたえたっぷり、魅力あふれる植栽シーン

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」のサンプルガーデン

柴田さんが、庭をデザインする上で心がけたことは、奇をてらわない自然体な風景であること。縦長で奥行きのある敷地を有意義に使うために、園路を2本縦に通して奥でつなげ、回遊できるようにデザインしました。枕木や自然石を用いてラフに敷いたことで、雑草までもが愛らしく見えています。

ざっくりと敷いた園路の両側には、昔から親しまれている植物から最新の植物まで、さまざまな種類が植わっています。「この庭では消毒で薬剤を使用しないので、とにかく性質が強い品種を入れています」と柴田さん。強健な植物を選ぶことでメンテナンスに追われるストレスを極力減らし、丈夫な植物が持つ野趣を生かして自然な風景を演出しています。

庭演出で注目の植物「オールドローズ」

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」のオールドローズ

バラは、うどんこ病や黒点病にかかりにくい品種をセレクト。あまり主張が強くない品種であることもポイントで、旺盛に育ちながらロマンティックなシーンを実現しています。東屋に誘引したバラは‘コーネリア’。

庭演出で注目の植物「クレマチス」

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」のクレマチス

やわらかさをシーンに加えるに活躍するのがクレマチス。フェンスに絡むのは、軽やかな花形と淡い花色が美しい‘チャッツワース’。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」のクレマチス

庭にさりげないアクセントをつける細いオベリスクには、ベル型のクレマチス‘雫’を絡ませて。

庭演出で注目の植物「リーフ類×潅木」

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」のリーフと灌木の植栽

樹木の下はしっとりとしたシーンを作るのに最適な場所。春に白い花穂を下げるコバノズイナと黒い葉のリグラリアでシックにまとめて。

庭演出で注目の植物「リーフ×宿根草×球根」

庭演出で注目の植物「リーフ×宿根草×球根」

灌木の株元をにぎやかに彩るブルーベルと黄花のイカリソウ。覆輪のギボウシ‘寒河江’を背景に、反対色の組み合わせが効いています。ほかの場所では、柴田さんのお兄様から譲り受けた3倍体の大きなイカリソウが見られます。

庭演出で注目の植物「リーフ×球根植物」

オーニソガラム・ヌタンス

アスチルベやキミキフガの花が上がる前の緑一色の頃は、ブルーがかった白い星形の花を咲かせるオーニソガラム・ヌタンスが清楚な彩りを添えて。

庭演出で注目の植物「宿根草×一年草」

ヒメフウロとヤグルマギク

こぼれ種で広がるヒメフウロと、青いヤグルマギクの、ブーケのような可憐な組み合わせ。

庭演出で注目の植物「宿根草」

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」の宿根草

園路の傍らで愛らしい彩りを添えるフロックス‘シアウッドパープル’。この花が咲き終わる頃に、ニゲラ‘グリーンマジック’にバトンタッチします。

庭演出で注目の植物「山野草」

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」の山野草

庭の奥方の木陰ではエビネなどの山野草の花が咲き、野趣あふれる風景が広がっています。

本格派アイテムを典型物として用いて
メリハリのある風景を演出

宿根草が咲き乱れる植栽に変化をつけるため、柴田さんは大きなオーナメントやコンテナをポイントで配し、インパクトのあるシーンを演出しています。アイテムは、英国のウィッチフォード社やドラゴンストーン社などの本格的で大ぶりなものを多用。「中途半端なものをあちこちに飾るよりも、経年変化で味わいが出る本物を数点置く方が絵になると思うんです」と柴田さん。洋書をから学んだテクニックがここにも生かされています。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」の庭

どっしりとしたドラゴンストーン社のコーンのオーナメントが、ジャーマンアイリスやギリアなどの草花のフォルムを引き立て役として活用。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」の置物

日陰のコーナーに配したガーゴイルの置物。シダの陰にひっそりと佇む姿が魅力的です。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」のギボウシとポット

ギボウシの奥で存在感を放つ、テラコッタのルバーブポット。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」のアイアンフェンス

広い花壇をひと区切りしたいときは、アイアンフェンスがぴったり。

冬~早春の間も楽しめる
サンプルガーデン

「フェアリーガーデン」のサンプルガーデンは、冬の間もオープンしています。ひっそり静まり返ったような庭にも、よく見てみると発見がたくさん。冬の庭では植物の冬の状態を学べるだけでなく、冬枯れした植物の姿を愛でる楽しみもあります。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」のクリスマスローズ

2~3月になると、たくさんのクリスマスローズがあちこちに咲き群れます。ぜひ寒い時期も訪れてみて。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」のクリスマスローズ

クリスマスローズは、新潟から仕入れたというシックな花色のものが多数。時期になると店頭で販売されます。

早春のガーデンショップ「フェアリーガーデン」

落ち葉の中のあちこちから、スノードロップやプシュキニア、チオノドクサなどの愛らしい小球根類が顔を出します。

ショップのマスコット的な存在に。
大人気の猫たち

フェアリーガーデンでは、数匹の猫たちが店番しながら遊んでいる様子を見かけます。彼らは柴田さんが保護したという近所の猫たち。近所でどうしても殖えてしまって処分されてしまう恐れのある野良猫たちを、自己負担で病院に連れて行き、去勢・避妊の処置してもらっています。生まれたばかりの子猫の場合は、飼ってくれる里親を探し、今まで約80匹を里子に出しました。柴田さんに目をかけてもらった猫たちは、自由に庭を出入りし、恩返しをするかのように? 来訪者に愛嬌を振りまいています。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」の猫たち

オーナメントに勝るとも劣らず、存在感を放っている猫たち。みんなにかわいがられているせいか、野良猫のわりにはのんびりとしています。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」の猫

柴田さんが飼っているオッドアイ(左右の目の虹彩の色が異なる)の白猫の‘小春’。一代目の看板猫‘福’の後継猫として活躍中。お客様との程よい距離感を保ちながら散歩したり、昼寝をしたりと忙しそう。

育てる楽しさを感じてもらいたいという思いで
セレクトした花苗

ショップを始めた当初は、農家に作ってもらった苗と市場の苗を同時に発売していましたが、25年経った今では、全国のこだわりの生産者から苗を取り寄せています。庭づくりで検証している柴田さんが納得のいく、選ばれし植物たちです。「小さな苗から育てて、翌年また花を咲かせてくれる植物の健気さと愛らしさ。育てることの楽しさ、庭づくりの本当の楽しさを知ってほしい。そんな思いを込めて販売しています」と柴田さん。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」の宿根草苗

斑入りや銅葉、シルバーリーフなど、葉も楽しめる丈夫で美しい宿根草が充実。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」の花苗

一年草をはじめとする華やかな草花もずらり。

庭の雰囲気を高めてくれる、本格派資材も並ぶ

柴田さんが見た洋書で学んだ通り、経年変化で味わいが生まれる本格的なアイテムを多く扱っています。「ちょっと値段は張りますが、何年も買い替える必要もないので、元が取れてしまいますよ」。これは柴田さんのこだわりの一つです。

ガーデングッズ
左/ウィッチフォード社のコンテナが充実。昨年から販売され始めたブルーの鉢も扱っています。 右/ドラゴンストーン社のフルーツバスケットのオーナメント。木陰や花壇の中にアクセントで置いたり、アイストップとして活用したりしても◎。

ブーケのようなアレンジが人気!
好評の寄せ植え講習会

「フェアリーガーデン」では、「ギャザリング」という手法で作る寄せ植えづくりに力を入れています。この手法は、ブーケのような美しい仕上がりが特長です。

ギャザリングづくりと講師担当は、柴田さんの娘さんである育美さん。講習会は、「月1回・全6回の半年コースと全12回の1年コース、一回のみの体験コース」があります。大人気なので、気になる方は早めの問い合わせを。

ガーデンショップ「フェアリーガーデン」のギャザリング

ギャザリングのリース。花材はいずれ庭に地植えしても楽しむことができる、丈夫な種類を多く使っています。

柴田さんイチオシの花苗はコレ!
シックでおしゃれなパイナップルリリー

柴田さんがおすすめするのは、赤黒い葉のシックな佇まいが魅力のパイナップルリリー‘スパークリングバーガンディー’。6月下旬~7月頃に咲くニュアンスのあるピンクがかったクリームイエローの花を咲かせます。花期以外の時も美しい葉が楽しめ、植栽にアクセントをもたらしてくれます。丈夫で育てやすいのでぜひお試しを。

パイナップルリリー

庭の植栽が美しいというだけでなく、植物や動物、命あるすべてを心から愛おしむ柴田さんの温かさがあふれるショップ、フェアリーガーデン。「この庭にいるだけで癒されて、塞ぎ気味だった気分が明るくなった」というお礼を伝えて来られるお客様も多く、介護とショップ運営で疲れきっていた柴田さん自身も、結局は庭の植物に救われたという人のひとり。自然体が生みだす、美しく心地良い庭に訪れてみてください。アクセスは、常磐自動車道那珂ICより車で約10分。JR水郡線・上菅谷駅下車徒歩5分。

【GARDEN DATA】

Fairy Garden(フェアリーガーデン)

茨城県那珂市菅谷3023−6
TEL:029−270−7177
https://ameblo.jp/fairyfairygarden/(ブログ)

営業時間:10:00~17:00(施設に準ずる場合あり)
定休日:木曜日(正月)

併せて読みたい

素敵な発見がたくさん! 園芸ショップ探訪8 神奈川「Buriki no Zyoro湘南T-SITE」
「私の庭・私の暮らし」バラ初心者が育んだ5年目の小さな庭 神奈川・Y邸
暑さに負けず、たくさん可愛い花が咲く夏のイチオシ一年草10種

Credit

文/井上園子
ガーデニングを専門としたライター、エディター。一級造園施工管理技士。恵泉女学園短期大学園芸生活学科卒。造園会社、園芸店を経て園芸雑誌・書籍の編集者に。おもな担当書に『リーフハンドブック(監修:荻原範雄)』『刺激的ガーデンプランツブック(著:太田敦雄)』『GARDEN SOILの庭づくり&植物図鑑(著:田口勇・片岡邦子)』など。自身もガーデニングを楽しみながら、美術鑑賞や旅行を趣味にする。植物を知っていると、美術も旅も楽しみの幅が広がりますね。

写真協力/フェアリーガーデン

Print Friendly, PDF & Email