新しい元号「令和」の出典となった万葉集の歌には、梅や蘭といった植物が詠まれています。これを機に、日本の伝統園芸の持つ新鮮な魅力を見つめ直してみませんか? ここでは、梅雨時に咲く艶やかなハナショウブについて、品種のバリエーションや育て方を、ベテランガーデナーの遠藤昭さんに案内していただきます。

Print Friendly, PDF & Email

見直される日本の伝統園芸

「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」

新しい年号「令和」の出典である万葉集の歌では、「梅」と「蘭」が登場し、令和時代は、日本の古典園芸が見直される予感がする。平成時代は「イングリッシュガーデン」に圧倒されてしまった日本の伝統園芸だが、日本の伝統園芸には、西洋の園芸にはない魅力が存在する。それは、日本の気候風土と日本人独特の感性のきめ細やかさ、奥ゆかしさが創り出した芸術的な美しさだ。長い歳月をかけて作出されたさまざまな品種には、文学的な名前が付けられ、詩歌にも歌われて、当時の園芸愛好家たちの知的レベルの高さがうかがえる。

梅雨の煌き ハナショウブ

加茂花菖蒲園のハナショウブ
加茂花菖蒲園(静岡県)。

さて、これから迎える梅雨に咲く花といえば、紫陽花とともに、忘れてはいけないのがハナショウブ。ニホンサクラソウのように、何となく年寄り臭いイメージを持つ人が多いかもしれないが、ニホンサクラソウ同様に奥が深いのだ。これから初夏は、各地の植物園でハナショウブ展を開催されるタイミングなので、ぜひその魅力を再発見して欲しい。

ハナショウブ
加茂花菖蒲園のハナショウブ。
堀切菖蒲園のハナショウブ。
堀切菖蒲園のハナショウブ。
堀切菖蒲園(東京都)のハナショウブ。
生田緑地のしょうぶ園
生田緑地(神奈川県)のしょうぶ園。

定年退職してからの植物園勤務を契機に、ツバキ、サクラソウ、サツキ、ハナショウブ…と、季節とともに伝統園芸の洗礼を受け、そして、日々さまざまな園芸相談も受けているのだが、自分の脳内で、園芸世界が宇宙誕生のビッグバンが如く爆発しているような感覚である。園芸世界は宇宙のように広く果てしない。その宇宙のような世界でも、燦然と一等星のように輝く星の一つが、ハナショウブなのだ。

明治神宮御苑のハナショウブ
明治神宮御苑(東京都)のハナショウブ。

ハナショウブは梅雨空の下でも、碧空のような鮮やかな青色系を中心に、華麗優美な花姿を見せてくれる。江戸時代を中心に、日本各地で数多くの品種が育成され、その品種数は2,000種以上とも、咲き方や絞り、覆輪の組み合わせを含めると5,000種以上ともいわれるほど。梅雨時のしっとりとした風情と、多彩な花の形や花弁の色・柄のバリエーションが魅力の花だ。

ハナショウブ

ハナショウブとよく似た花の見分け方

ハナショウブは、よくアヤメやカキツバタ、ショウブ、さらに最近はジャーマンアイリスとも混同されるようだが、それぞれ違いがある。まず、ショウブは菖蒲湯に使用されるもので、花はガマの穂のような形状をしており、鑑賞に向く花ではない。ハナショウブは、葉がショウブに似ていたので、ハナショウブと呼ばれるようになったとのこと。

ショウブの花
ショウブの花。IvanaJankovic/Shutterstock.com

花を見て、よく似た花を咲かせるアヤメやカキツバタと見分けるには、花弁の根元に注目するとよい。ハナショウブは花弁の根元に黄色い部分が見える。アヤメは花弁に独特の網目模様が見える。カキツバタは花弁の元に白い目型の模様が見える。一方、最近、増えているジャーマンアイリスは、花が大きく派手で、ハナショウブの持つ独特な繊細さや、しっとり感がない。

アヤメの花
独特の網目模様が入るアヤメの花。Malachi Jacobs/Shutterstock.com
カキツバタの花
白い目の模様が入るカキツバタ。High Mountain/Shutterstock.com
ジャーマンアイリス ジャーマンアイリス ジャーマンアイリス

上の3枚はジャーマンアイリス。黒花はカッコいいが、しっとりとした優美さはない。

そして、ハナショウブの花の特徴は花弁の元が黄色く見える事だ。

ハナショウブ
‘勇獅子’

‘勇獅子’という江戸系で垂れ咲きの六英花。花弁の元が黄色いことが分かる。

種類豊富なハナショウブの系統と品種

ハナショウブ‘桜の春’
‘桜の春’

ハナショウブの品種は、大きく分けて、花の咲き方と、かつて栽培が盛んだった品種の育成地で分類されることが多い。

花の咲き方は、花弁を基準に、「三英咲き(さんえいざき)」と呼ばれる3枚の弁が大きく目立つものと、6枚の弁が広がる「六英咲き(ろくえいざき)」、そして「八重咲き」などがある。

そして、品種の育成地によって、「江戸系」、「伊勢系」、「肥後系」の3タイプに大別されるが、これらの交配種もあり、さらに、種間交配によって育成された黄花品種や、アメリカなど海外で育成された品種もある。

江戸系のハナショウブ

ハナショウブの浮世絵
(左)「名所江戸百景 堀切の花菖蒲」初代歌川広重(右)「江戸自慢三十六興 堀きり花菖蒲」二代歌川広重、初代歌川国貞(ともに国立国会図書館 錦絵でたのしむ江戸の名所より)

江戸中期頃に初のハナショウブ園が葛飾堀切に開園し、歌川広重によって堀切のハナショウブが築山などと共に浮世絵に描かれた。浮世絵を通して、江戸系のハナショウブは屋外で遠目に鑑賞されていたことが分かり、屋内で鑑賞する肥後系や伊勢系とは異なる特徴が生まれたと考えられる。こうした鑑賞方法にも品種改良の方向性が見え、江戸系は色とりどりで多彩な色調で、鉢植えより庭植えにして群生させると映える品種が多いそうだ。

‘相生’
‘相生’

‘相生’。三英咲き(さんえいざき)と呼ばれる3枚の弁が特徴。

‘葵の上’
‘葵の上’
‘浅妻舟’
‘浅妻舟’
‘三筋の糸’
‘三筋の糸’

伊勢系のハナショウブ

一方、伊勢系や肥後系は、屋内観賞用に品種改良が重ねられた。伊勢系のハナショウブは弁が垂れるのが特徴で、伊勢ナデシコ、伊勢ギクと共に、伊勢三花と呼ばれるに至った。花弁が3枚の三英花(さんえいか)が多い。

‘旭丸’
‘旭丸’
‘紫苑’
‘紫苑’
‘美吉野’
‘美吉野’

肥後系

肥後の国(現在の熊本県)で室内鑑賞向きに栽培されてきた品種である。肥後熊本藩主細川斉護が、藩士を菖翁のところに弟子入りさせ、満月会によって現在まで栽培・改良が続けられている。門外不出という会則を現在も厳守している点が、他系統には見られない掟である。花が大きく豊潤な印象の、花弁が6枚の六英花(ろくえいか)が多い。

‘天晴’
‘天晴’
‘葦の浮船’
‘葦の浮船’
‘古金欄’
‘古金欄’
‘湖辺の波’
‘湖辺の波’

長井古種系

江戸に持ち込まれる以前の原形を留めたものとされ、江戸後期からの品種改良の影響を受けていない、江戸中期以前の原種に近いものとされている。長井古種と他系の品種を掛け合わせて作られた新品種を「長井系」としている。

その他の品種

ハナショウブには、日本国内だけでなく、海外で改良された品種もある。下の2つはアメリカで作出された品種だ

‘コンフェティ・シャワー’
‘コンフェティ・シャワー’
‘イマキュレイト・グリッター’
‘イマキュレイト・グリッター’

ツバキなどと同様に、海外で育種された花は、大振りのものが多い印象だ。

ハナショウブの育て方

ハナショウブ

ハナショウブを育てるにあたっては、次のようなポイントを押さえておこう。

水やり

菖蒲園を見学に行くと、ハナショウブは水に浸かった状態で栽培されているので、ハナショウブは常に水に浸かっていないといけないと考えがちだが、これは主に修景効果の為であって、じつは水に浸けておく必要はなく、鉢植えや花壇で育てることができる。ただし、つぼみを持ってから開花期の間は水分をよく必要とするので、鉢を腰水につけておくとよい。展示の修景効果とも一致するわけだ。

用土

用土は赤玉7、腐葉土3とする。市販の草花用培養土でもよい。

施肥

植え付け、株分け時には与えないが、根が安定した秋以降の施肥は必要。秋の彼岸頃に株を太らせるために施肥すると、翌年、良い花が咲く。早春の芽が出る頃の芽出し肥、花後のお礼肥も忘れずに。

育て方のポイント

定期的(鉢植えは毎年)な植え替え、施肥、そして、特に花の時期は乾燥に弱いので水やり充分にする。

ハナショウブの増やし方

ハナショウブを増やす前に、まず、伝統園芸品種の増やし方の鉄則を覚えておきたい。ニホンサクラソウにしてもハナショウブにしても、品種保存のためには、交雑を避けるために種子繁殖は行わず、株分けで増やすのが基本だ。

株分けの時期は花後の7月。今年咲いた芽には来年は咲かないので、切り捨てる。他の芽を切り分け、7号鉢に3芽ずつ植え付ける。その際、根を切らないように注意する。この時、株の表と裏があるので、葉脈が1本ある表を内側、裏を外側にして、鉢の中心に浅植えにする。元肥は、株分け時には与えなくてよい。植え替え直後は、特に水切れに注意が必要。

株分け作業の手順

株分け作業は次の通り。

  1. 花後に鉢から株を取り出し、根鉢を崩して棒などで突きながら土を落とす。
    株分け
  2. 株を切り分ける。その際、今年咲いた花芽は、咲かないので捨て、葉を長さ25cmほどに切り詰める。
    株分け
  3. .鉢の表面につける名札が紛失する場合に備え、鉢の底にも名札を入れる(一緒に埋めておけば、万が一名札が紛失してしまっても、掘り起こせば判明するのだ)。そして、その上に鉢底石を入れる。
    株分け
  4. 鉢底石を入れた上に、用土を入れる。ハナショウブの表裏を確認し、植え付けの向きを決める。ハナショウブは裏側から芽が出るので、植え付けの際は裏を外側に。表裏は葉の葉脈の有無で見分け、葉脈が1本走っているほうが表。
    植え付け
  5. 植え付けの向きを確認したら、7号鉢に3芽ずつ、浅めに植え付ける。そして、根が隠れる程度まで用土を足して植え付け終了。葉はまとめて縛っておくとよい。
    植え付け
養生

植え付け後は水切れしないように注意し、しっかりと根付くまで養生させる。

平成時代はガーデニングブームだったが、令和の時代は、万葉時代から平成時代の悠久の歳月で培われた、さまざまな日本の園芸文化が進化し、花開く事を願っている。さて、ハナショウブは、みなさんにとっても令和の星になれるのだろうか?

併せて読みたい

【ニホンサクラソウ(日本桜草)】清楚で美しくユニークな名前を持つ伝統植物の魅力
オージーガーデニングのすすめ オーストラリアの青い空と海を映す「ブルーレースフラワー」
どんな花が咲くのかな? 変化朝顔のタネを播いて咲かせてみました

Credit

写真&文/遠藤 昭
30代にメルボルンに駐在し、オーストラリア特有の植物に魅了される。帰国後は、神奈川県の自宅でオーストラリアの植物を中心としたガーデニングに熱中し、100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主。ガーデニングコンテストの受賞歴多数。現在は、川崎市緑化センター緑化相談員を担当しながら、コンテナガーデン、多肉植物、バラ栽培などの講習会も実施。園芸文化の普及啓蒙活動をライフワークとする。著書『庭づくり 困った解決アドバイス Q&A100』(主婦と生活社)。

Print Friendly, PDF & Email