庭好き、花好きが憧れる、海外ガーデンの旅先をご案内する現地取材シリーズ。今回旅したのは、いわゆるイングリッシュガーデンとは少し異なる雰囲気の、さまざまなスタイルの庭が見られる「コンプトン・エーカーズ」です。周遊ルートに沿って歩くと、いろんな庭が次から次へと現れて、探検するような楽しさがあります。中でも、エリカのピンクの花に染められた庭は必見。英国のガーデンカルチャーの奥深さを感じさせてくれます。

Print Friendly, PDF & Email

庭づくりの夢を実現した実業家

イギリス コンプトン・エーカーズの寄せ植え
エントランスに飾られた大鉢。チューリップの明るいオレンジ色が目を引きます。

イギリス南部のドーセット州にあるコンプトン・エーカーズの庭は、1920年代に、トーマス・シンプソンという地元の実業家によってつくられました。シンプソンの夢は、植物への興味を追求しながら、訪れた海外の国々を思い出す庭を、自らデザインしてつくるというもの。彼は、庭師と二人三脚でその夢を実現し、独特なデザインによる自慢の庭を一般に公開しました。

第二次世界大戦後は所有者が何度か変わり、庭園も戦争で荒れましたが、再び美しく復元されました。現在は、おしゃれなカフェやショップが併設され、結婚式場としても使われています。

イギリス コンプトン・エーカーズのプリムラ

訪れたのは、まだ肌寒い4月の頃。庭めぐりの最初、入口の花壇で、淡い黄色のプリムラが出迎えてくれました。プリムラはイギリスの春を告げる花。絵本『のばらの村のものがたり』に描かれているのと同じ愛らしい花姿を目にして、なんだか嬉しくなります。

3つのイタリア風庭園

イギリス コンプトン・エーカーズ
円形で塀に囲まれたローマン・ガーデン。

さて、庭めぐりは、円形の小さなローマン・コートヤード・ガーデンから始まります。中心に据えられたロマネスク様式の小さな噴水を、ツゲの低い生け垣が丸く囲む、シンプルで静かな庭です。奥のアイアンロートの扉の向こうは、「グロット」と呼ばれる、洞窟を模した構造物になっていて、次の庭へとつながるトンネルのようになっています。グロットの暗がりを抜けると…

イギリス コンプトン・エーカーズのグランド・イタリアン・ガーデン

広々とした整形式庭園、グランド・イタリアン・ガーデンに出ました。グランドと銘打っているだけあって、壮麗な雰囲気。中央に運河のような細長い池が伸びています。

イギリス コンプトン・エーカーズのテンプル

奥の、フォーカルポイントとなるドーム状のテンプルには、豊穣と酒の神バッカスの石像が立っていて、エレガントな雰囲気です。十字架形の池の中心には噴水が据えられ、スイレンも浮かびます。

池の脇に並ぶのは、端整に刈り込まれたセイヨウイチイのトピアリー。その後ろには、クレマチスの絡まる花綱が渡された石柱が並んでいます。夏になれば花綱からクレマチスが美しく垂れさがり、涼しげな水音も響いて、ずいぶん印象の違う庭になるのでしょう。

イギリス コンプトン・エーカーズのイタリアン・ヴィラ

イタリアン・ヴィラと呼ばれる後ろの建物は結婚式場として使われていて、訪れた時も披露宴が行われていました(ウェディングケーキが見えています)。イギリスでは結婚式のできる観光ガーデンも多いのですが、花々に囲まれた美しい庭で挙げる結婚式は、きっと思い出深いものになりますね。

イギリス コンプトン・エーカーズ

整形式庭園に色彩を添える花壇の植栽は、季節ごとに変えられるそうです。この時は背の低いプリムラやデイジーの間から、いろいろな姿のチューリップが花首を伸ばす、明るい色調の植栽。花の合わせ方が、日本とはまた感覚が違っていて面白いですね。

イギリス コンプトン・エーカーズのパーム・コート

歩を進めると、隣にはパーム・コートと呼ばれる、大小のシュロをセンターピースに据えた整形式庭園がありました。中央に伸びる花壇が、先ほどの細長い池と呼応するようなデザインです。背の高いシュロと、低いチャボトウジュロの植わる南国風の植栽は、英国の中でも温暖なこの地方だから可能なものです。株元に色を添える花々の植栽は季節によって変わり、夏には真っ赤な花が使われることも。情熱的な赤がアクセントに入ると、ずいぶん雰囲気が変わるでしょう。

それにしても、シュロを使った整形式庭園というのは、初めて目にしました。

自然を楽しむウディッド・バレー

イギリス コンプトン・エーカーズのウディッド・バレー

周遊ルートの小道を進んでいくと、次は整形式庭園とは対照的な、自然の森を散歩するような「森の谷(ウディッド・バレー)」がありました。ウッドランド・ガーデンとは、ありのままの自然のような植栽を楽しむ庭で、この谷はそのスタイルでデザインされています。すべて意図的に植栽されているのですが、人為的なものを極力感じさせず、森のように見せるところがミソ。

セイヨウシャクナゲ

ヨーロッパアカマツに守られて、セイヨウシャクナゲやツバキ、日陰を好む植物が植えられています。うねうねと曲りながら小道が続く谷は、春はセイヨウシャクナゲのカラフルな花に彩られます。

フリチラリア

谷には小さな滝があって、小川が流れ、小さな池もあります。樹木の天蓋が途切れ、陽光が差し込む開けた場所では、紫のフリチラリアや淡い黄色のプリムラ、ラッパスイセンなどが咲いて、春の野原のような植栽です。ガーデン写真で何度も目にしてきたフリチラリアを、実際に目にすることができて、感動のひととき。

森の谷の端には、子どもの遊び場のエリアと、小動物や蝶、昆虫、野鳥といった野生生物に良い環境を与えることを目的とした、ワイルドライフ・サンクチュアリもあります。私が訪ねた時も、英国で人気の小鳥、ロビンがちょうど遊びに来ていました。

野趣に富むロック&ウォーター・ガーデン

コンプトン・エーカーズのロックガーデン

さて、次は何が待っているだろうか、と歩を進めると、今度は岩と水の庭がありました。高低差のある岩場に高山性の植物を植えるロックガーデンは、19世紀後半に流行したスタイルです。この庭をつくるのに、他所からたくさんの岩が運び込まれたそうです。

コンプトン・エーカーズのロックガーデン

英国で最大規模のロックガーデンと考えられていて、アルカリ性の灰色の石灰岩のエリアと、酸性の赤い砂岩のエリアに分かれています。

コンプトン・エーカーズのロックガーデン

庭のところどころに、岩を組んだ小さな滝や、洞窟風の構造があって、中央の池に水が流れ込むようなデザインに。

コンプトン・エーカーズのサクラ コンプトン・エーカーズのロックガーデン

ここには、スギやブナなどの樹木から、カエデやサクラ、セイヨウネズなど、300種を超える植物が植えられているとか。シンプソンはきっと、この庭で植物蒐集を楽しんだのでしょう。

コンプトン・エーカーズの花壇

周遊ルートにある、ひと休みできるカフェの前には、カラフルな植栽の花壇がありました。

チューリップやプリムラ、アネモネ、ワスレナグサ

チューリップやプリムラ、アネモネ、ワスレナグサなどの春の草花で、楽しいマルチカラーの植栽に。

ピンクに染まるエリカの谷

コンプトン・エーカーズのエリカの谷、ヘザー・ガーデン

さて、次はどんな庭が待っているだろうと、小道を下っていくと…、現れたのはエリカの谷、ヘザー・ガーデンです。春の花盛りを迎えたエリカに埋め尽くされた景色に、思わず胸がときめきます。南西を向いた斜面はかなり斜度がありますが、斜面をうまく活用すると、こんなドラマチックな景色を生み出せるのか、と感心。シンプソンの頃には、「砂漠の庭(デザート・ガーデン)」だったそうですが、オーナーが変わった1950年代にヘザー・ガーデンとなりました。

コンプトン・エーカーズのエリカの谷、ヘザー・ガーデン

日本だったら、さしずめ、エリカの代わりにツツジが植わって、ツツジ園となっているような形態の庭でしょうか。エミリー・ブロンテの小説『嵐が丘』にある通り、エリカは荒れ野に咲くイメージで、どちらかというと地味な存在。こんな素敵な庭景色をつくる素材になるとは知らず、新しい発見です。

コンプトン・エーカーズのエリカの谷、ヘザー・ガーデン

調べてみると、ヘザー・ガーデンというカテゴリーの庭は意外と存在するようで、英国王立園芸協会の庭園、ハーロウ・カーにも、このような色とりどりのエリカが集められたコーナーがあります。日本でも、札幌の百合が原公園にヘザー・ガーデンがあるようです。ヨーロッパ原産のエリカは高温多湿の環境が苦手なので、冷涼な夏の札幌ならではの庭といえるでしょう。それにしても、コンプトン・エーカーズほどの広さを持つヘザー・ガーデンは珍しいようです。

コンプトン・エーカーズのヘザー・ガーデンのテラス

一度下った谷を再び登っていくと、男女の銅像が置かれた石敷きのテラスに出ました。銅像は、詩人と百姓を表したものだそうですが、身分違いの恋を想像させるようなシーンなのでしょうか。ロマンチックな雰囲気のガーデン・オーナメントは個人的にあまり好みではないのですが、楚々としたエリカに囲まれた2つの銅像は、なかなか素敵です。

コンプトン・エーカーズのヘザー・ガーデン コンプトン・エーカーズのヘザー・ガーデン

エリカの谷には、アクセントとして、つやつやした明るい黄緑の葉を持つ灌木や、レモン色の花を咲かせるアカシア・プラビッシマ、同じく黄色い花を咲かせるソフォラ・ミクロフィラ‘サン・キング’などの潅木が植わっています。エリカの紫やピンクの花色に、反対色となる黄や黄緑が映えて、互いを引き立て合う関係です。大きな常緑の樹木などもあって、高さにも変化を持たせた植栽となっていました。

静けさただよう日本庭園

コンプトン・エーカーズの日本庭園

周遊ルートを歩いていくと、今度は黄金色の竹がそびえるエリアに出ました。足元に咲くのは白いラッパズイセン。それぞれに馴染みのある植物ですが、この組み合わせはなかなか目にすることがないような。

コンプトン・エーカーズの日本庭園

アジアンな雰囲気になってきたぞ…と思ったら、日本庭園がありました。茅吹き屋根の門から入ります。

コンプトン・エーカーズの日本庭園
コンプトン・エーカーズの日本庭園

ちょうどツツジやシャクナゲが咲き始める頃合いでした。石灯籠もあって、なかなか立派な日本庭園です。英国ではいくつか有名な日本庭園がありますが、この庭が作られた1920年代には、本格的なものはそう多くありませんでした。シンプソンは、ヨーロッパでも数少ない「本格的な日本庭園」を名乗るために、設計も造園も日本の業者に依頼し、東屋や石塔、石灯篭などは日本から輸入したそうです。

コンプトン・エーカーズの日本庭園の池

シャクナゲやツバキなどの植栽の間から飛び石のある池が覗く、絵になる景色。奥の滝からは水が流れ込んでいます。日本にいるようなホッとした気分になりますが、かつて日本を訪れたであろうシンプソンも、きっと異世界のようなこの庭を楽しんだのでしょう。

コンプトン・エーカーズの日本庭園の池

八重桜とモミジの取り合わせ。池には鯉も泳いでいます。近年、盆栽とともに、日本庭園が再び人気となり、英国では1993年にジャパン・ガーデン・ソサエティが誕生、2011年には慈善団体として登録されています。今後、海外から日本への観光客が増えるに従って、日本庭園の海外進出も一層進みそうですね。

コンプトン・エーカーズでは、いわゆるイングリッシュガーデンとは少し異なる雰囲気の、さまざまなスタイルの庭を見ることができました。英国のガーデンカルチャーは本当に奥深いものですね。

コンプトン・エーカーズのナーセリー
おしゃれなナーセリーもあります。

〈コンプトン・エーカーズ〉庭園情報

ロンドンからは、車で2時間ほど(約110マイル)。電車の場合は、ロンドン・ウォータールー駅からボーンマス駅(Bournemouth)まで1時間50分ほど。駅から庭園まではタクシーで約15分(5マイル弱)。

開園は通年(12/25、12/26、1/1は除く)。開園日時は、イースターのグッド・フライデーの祝日(復活祭の聖金曜日、2019年は4/19(金))~10/31は、10:00-18:00(最終入場17:00)。11/1~グッド・フライデーの祝日(2020年は4/10)は、10:00-16:00(最終入場15:00)。入園料は£8.45。

*2019年4月現在の情報です。

Compton Acres
164 Canford Cliffs Road, Poole, Dorset BH13 7ES
https://www.comptonacres.co.uk/

併せて読みたい

ロンドンの公園歩き 春のケンジントン・ガーデンズ編
イギリス流の見せ方いろいろ! みんな大好き、チューリップで春を楽しもう
一年中センスがよい小さな庭をつくろう! 英国で見つけた7つの庭のアイデア

Credit

写真・文/萩尾 昌美 (Masami Hagio)
ガーデン及びガーデニングを専門分野に、英日翻訳と執筆に携わる。世界の庭情報をお届けすべく、日々勉強中。5年間のイギリス滞在中に、英国の田舎と庭めぐり、お茶の時間をこよなく愛するようになる。神奈川県生まれ、2児の母。

Print Friendly, PDF & Email