標高600mに位置するリゾート施設内の「メナード青山リゾート ハーブガーデン」。約8万㎡もの広い敷地を生かして、エリアごとに花畑をつくり、面で魅せる壮大な演出が見どころです。化粧品メーカー「メナード」の直営で、有機栽培を目指した環境にやさしいガーデンづくりにこだわっています。摘み取り体験やブーケづくりなどのイベントも行うほか、レストランやショップも充実。高原ならではの乾燥した涼しい気候も相まって、一日のんびり過ごして飽きないハーブガーデンです。

Print Friendly, PDF & Email

「美と健康」がテーマのリゾート地
そよ風が薫るハーブガーデン

カモミールの花

1977年にオープンした「メナード青山リゾート」。リゾートホテルやゴルフコース、テニスコート、陶芸館や木工館、各種レストランなどを含む総合リゾート施設です。ここでご紹介したいのは、2007年にオープンした敷地面積8万㎡を誇るハーブガーデン。大人の足で一通り見て回るのに約90分かかり、ゆったりと癒しのひとときを過ごせます。

「メナード青山リゾート」は、化粧品メーカー「メナード」直営のリゾート施設。「美的生活提案」をコンセプトに、「美と健康」をテーマに運営していることから、健康によいとされるハーブガーデンを運営しています。スタッフがリサイクルによって堆肥をつくるなど、できる限り化成肥料や農薬を控えた有機栽培に努めているのもこだわりです。

園内は、虹を描くように色彩豊かに彩る花畑の「レインボー畑」、暮らしを豊かにするハーブを集めた「ライフガーデン」や「リビングガーデン」、ウエディングも行える「ローズガーデン」など、テーマごとにエリア分けされています。年に約3回の大規模な植え替えを行い、一年を通して約300種の植物を植栽。標高約600mの高原では、乾燥した涼やかな風が心地よく、昼夜の温度差によって花色の発色がより冴えているのも特色です。

広大な敷地を生かした、一面を花で埋め尽くす演出は迫力満点で、山々をのぞむ借景の美しさも相まって、ビジュアルの美しい写真を撮影できます。四季折々に生花を摘んだブーケづくりや寄せ植えを教室などのイベントも行っており、体験メニューも充実。年に約2万5,000人が訪れ、リピーターも多いのが特徴です。

春から秋まで旬のハーブの香りを楽しめる
一番人気は、一面が紫に染まるラベンダーの季節

メナード青山リゾート ハーブガーデンのエントランス

「メナード青山リゾート ハーブガーデン」のエントランス。ここで入場料を支払って、入園チケットを購入します。その日一日に限り、チケットの半券を見せれば出入りフリーです。園内へはお弁当などの持ち込みや、ペット同伴はNGとなっています(但し盲導犬は可)。園内にブランチカフェがあるので、休憩はどうぞそちらへ。

メナード青山リゾート ハーブガーデンのカモミール畑

写真はカモミール畑で、見頃は5月下旬〜6月上旬。約2,000㎡に、およそ2,000株が植栽されています。満開の時期には白い絨毯となって覆い尽くし、甘い香りに包まれて幸せな気分に。2019年は6月15〜16日に収穫祭を行い、摘み取り体験(540円)を実施。なんと抱きかかえられないくらい収穫してOKな、太っ腹企画なんです! 「ドライにすればハーブティー1年分は困らない!」と、毎年楽しみにしているリピーターの姿も見られます。

メナード青山リゾート ハーブガーデン ラベンダー畑

写真はラベンダー畑で、園内にはいくつかのラベンダーエリアがあります。敷地内に総じて約1万㎡、約1万株を植栽。見頃は6月中旬〜7月中旬です。まず‘濃紫’が6月中旬〜7月中旬に開花、次に‘オカムラサキ’が6月下旬〜7月中旬、最後にラバンジン系のイングリッシュラベンダーが7月上旬〜中旬と、見頃が大きく3つに分かれ、長く楽しめます。

2019年のラベンダーフェスタ期間は6月15日〜7月15日で、毎日摘み取り体験(510円)を開催。こちらは開花中なので束にして人差し指と親指で作る輪に入る程度までという制限があります。7月6〜7日には‘オカムラサキ’の収穫祭、7月13〜15日にはラバンジン系の収穫祭を開催。同時にエッセンシャルオイルの抽出実演も披露されます。

メナード青山リゾート ハーブガーデン セージ畑

10月中旬〜11月下旬には、セージが見頃になります。約1万㎡に約4万株を植栽。メキシカンセージ、ラベンダーセージ、ボックセージ、サルビア類など、約10〜15種類が色とりどりに花を咲かせます。開けた青空の下、花色のカーペットを前にインスタ映えする写真が撮れそうです。2019年は9月28日〜11月24日の期間にミニ花束づくりの教室を、11月22〜24日は収穫祭を開催します。

ハーブ苗やオリジナルブランド「あおやま」など
充実の品揃えが嬉しいショップも併設

メナード青山リゾート  苗の販売

「メナード青山リゾート」では、苗の販売も行っています。ハーブを中心に年間100種以上を揃え、季節の旬の苗が豊富に並ぶので、ぜひパトロールを。園内で一目惚れした植物があれば、同じものが購入できるかもしれませんよ! 特に人気が高いのは、ラバンデュラ(イングリッシュラベンダー系)や、早咲き品種の‘オカムラサキ’などです。

メナード青山リゾート  オリジナルブランドショップ

「メナード青山リゾート」のオリジナルブランド「あおやま」が揃うショップ。ラベンダー、カモミール、月下美人、ローズ、カサブランカなど癒し効果のある香りを配合したコスメアイテムがずらり。ボディエマルジョン、ハンドモイストスムーザー、バスシャワージェル、オーデトワレなど充実のラインナップです。ここでしか手に入らないアイテムですが、気に入った方に向けて通信販売にも対応しています。

園内のブランチカフェ「ルッコラ」で
自家製ハーブのランチやドリンクを堪能

メナード青山リゾート カフェ ルッコラ

園内のブランチカフェ「ルッコラ」の内装は、丸太の椅子が愛らしいナチュラルスタイル。営業時間は10〜16時、定休日なし、60席あります。主な価格帯は、フードが1,200円前後、ドリンクが500円前後。自家製ハーブを使ったハーブランチやパスタ、カレーのほか、オリジナルブレンドのハーブティーがオススメです。

メナード青山リゾート ハーブガーデン ラベンダーソフトクリーム

写真は、一番人気のラベンダーソフトクリーム(410円)。ここでしか味わえない、オリジナルのフレーバーです。バニラクリームにほんのりとラベンダーの香りが混じる、意外にさっぱりとした風味。リンゴのような甘い香りを楽しめる、カモミールソフトクリーム(410円)もあります。

Information

メナード青山リゾート ハーブガーデン

所在地:三重県伊賀市霧生2356
TEL:059-269-3181(予約センター 059-54-1236)
https://www.menard.co.jp/resort/

アクセス:
公共交通機関/近鉄大阪線伊賀神戸駅から予約制無料送迎バスで約30分
近鉄大阪線榊原温泉口駅から予約制無料送迎バスで約30分
車/名阪国道上野東ICから約40分
伊勢自動車道道久居ICから約50分

オープン期間:4月26日~11月24日(2019年)

休園日:なし

営業時間:9:00~17:00(最終入園16:00)

料金:大人540円、小学生270円(4月26日〜5月24日、8月1日〜9月27日)
大人1,080円、小学生540円(上記以外)
※いずれも2019年・税込料金

駐車場:100台(無料)

併せて読みたい

連休の花庭お出かけ情報! 日本全国、花の旅にオススメの観光ガーデン保存版【北海道・東北・関東】
宿根草ショップの店長が提案! 実用的でお得な宿根ハーブ5選
バラを育てたい! 初心者さん必見 野生種、オールドローズとモダンローズなどバラの種類を分かりやすく解説

Credit

取材&文/長田節子
ガーデニング、インテリア、ハウジングを中心に、ライフスタイル分野を得意とするライター、エディター。1994年より約10年の編集プロダクション勤務を経て、独立しフリーランスで活動。特にガーデニング分野が好きで、自身でも小さなベランダでバラ6姉妹と季節の草花を育てています。草花や木の名前を覚えると、道端で咲いている姿を見て、お友達にばったり会って親しく挨拶するような気分になれるのが醍醐味ですね。
https://twitter.com/passion_oranges/

Print Friendly, PDF & Email