くじゅう連山の借景に恵まれた「くじゅう花公園」では、22万㎡の敷地に、500種、500万本の植物を植栽。園内はガーデンエリア、花畑エリア、森のエリア、温室エリア、果実エリアに分けられ、それぞれにテイストの異なる景色を楽しめます。園内には15の飲食店や雑貨店、土産物店があり、食事やショッピングの楽しみも。一年を通してガーデニング講習会や収穫体験、クラフト体験などのイベントも開催しています。

Print Friendly, PDF & Email

くじゅう連山に囲まれるロケーションの下
感動的に広がる花畑の景色は理想郷そのもの

1993年にオープンした「くじゅう花公園」は、九州の中心に位置する久住高原にあります。くじゅう連山が目の前に鎮座し、遠くには阿蘇五山、祖母・傾山を望める絶好のロケーション。約22万㎡の敷地を持ち、園内を巡るのには、大人の足でゆっくり散策して2時間ほどかかります。

「くじゅう花公園」は「若者からお年寄りまで、大自然に囲まれた非日常な癒しの世界に浸ってもらいたい」という目的の下で整備された公園です。園内には約500種500万本の植物が植栽され、春・夏・秋のいつ訪れても花々が織りなす迫力ある景色を楽しめます。園内は、ガーデンエリア、花畑エリア、森のエリア、温室エリア、果実エリアに分けられ、テイストの異なる景色を楽しめます。年間約100万ポットの苗を自社生産する「花苗生産センター」も強みの一つで、ダイナミックな花の景色づくりを支えています。

「くじゅう花公園」では、花の季節に合わせて、チューリップの球根掘り上げイベントや、ラベンダーの摘み取り体験を開催。クラフト作家が集合して開催する「花公園クラフトフェア」も人気です。年間来園者数は20万人にものぼり、訪れる人々に美しい花々の景色を披露し、安らぎと感動をもたらしています。

春霞のたなびく高原に浮き立つのは
花々で彩られた夢のような絶景

くじゅう花公園 チューリップ

「くじゅう花公園」のチューリップの見頃は4月中旬頃です。写真のように花の絨毯が広がり、ため息がこぼれるような景色を楽しめます。配色デザインは毎年変えており、2019年は「四季彩の丘」エリアに展開。1,200㎡に3万本を植栽しており、珍しい品種を揃えた「チューリップコレクション」は必見です。「チューリップフェスティバル」は、4月20日〜29日に開催予定(暖冬により、1週間ほど前倒しになる可能性があります)。

くじゅう花公園 シバザクラ

写真は「シバザクラの丘」エリアの4月中旬〜5月上旬の景色です。1,500㎡に1万株を植栽。斜面になっているので、下から見上げるとダイナミックな花の景色が広がります。2019年はリニューアルのため観覧休止となっていますが、2020年から再びの素晴らしい景色に期待しましょう。

くじゅう花公園 ポピー

ポピーは4月下旬〜5月に見頃を迎えます。毎年植栽する場所や株数を変えており、2019年に登場するのは「四季彩の丘」エリアです。約1,600㎡と約1,200㎡の2カ所のエリアに約3万株を植栽。チューリップやシバザクラのように花色を面で見せる演出とは対照的に、オレンジ、黄色、白の花色をバランスよくミックスさせた花畑も見応えがあります。

くじゅう花公園」の「久住ガーデン」エリア

写真は、「くじゅう花公園」の「久住ガーデン」エリア。他のエリアの面で魅せる演出とは異なり、一年草、多年草、花木を組み合わせた、ナチュラルガーデンをつくっています。つる植物を仕立てたアーチやオベリスクなど、立体感を演出する構造物も随所に配してアクセントに。開花期を合わせた花の組み合わせ術や、草丈の高低差を生かした植栽など、自邸の庭づくりのヒントになりそうです。

初夏から秋にかけても開花リレーがつながれ
いつ訪れても、魅惑の花畑を満喫できる

くじゅう花公園 バラ

「ローズガーデン」では、3,500㎡に350種、3,500株のバラが楽しめます。2019年は5月25日〜6月9日に「ローズガーデン祭」を開催。期間中はバラの花苗市が立ち、専門スタッフが品種に応じた栽培法を教えてくれます。咲き姿を確かめて購入できるのは嬉しいですね。5月25~26日、6月1~2日には、バラの専門家を招いて「バラ教室」を開催。参加は無料です。また、同じ日程で「バラのフレグランス作り体験」参加料金1,000円(材料費込み・要予約)も行われます。

くじゅう花公園 サルビア

「くじゅう花公園」のサルビアの見頃は9月中旬から10月下旬です。3,500㎡に2品種、赤、白、青紫の3色の花を使って約4万株を植栽。毎年配色のデザインを変えているので、サルビアのカーペットを楽しみに、リピーターが多く訪れます。園内では、ペットの同伴OK。一緒にフォトジェニックな写真を撮影して、SNSで披露するのもいいですね。

くじゅう花公園 コスモス

9月下旬〜10月中旬にはコスモスが見頃を迎えます。5,000㎡に、なんと100万本が咲き競う規模! 空気が澄んで空が高くなる秋は、くじゅう連山の雄大な景色もよく見通せます。「くじゅう花公園」園内には、飲食物を持ち込んでもかまいません。頰をなでる高原の風を感じながら、お弁当やおやつを広げてピクニック気分を味わいましょう!

レストランやカフェの店舗数が多く
雑貨店や土産物店の品揃えも充実!

ドライフラワー

「くじゅう花公園」には、レストラン、カフェ、ドライフラワーショップ、アロマグッズショップ、豆の専門店、雑貨店、土産物店など計15店舗があり、食事やお買い物の楽しみがあるのもうれしい! 写真はドライフラワーショップ「Rose de Mai(ローズ・ド・メイ)で、予約不要で「リースづくり体験」に参加できます。料金は1,200円〜。

土産物店では、地元の特産品などが販売されているのでぜひ立ち寄りを。訪れた記念にオススメなのは、「くじゅう花公園花畑オリジナルカレンダー」1,000円です。

久住高原お菓子工房 シャーロット バラのジェラート

写真は「久住高原お菓子工房 シャーロット」で手作りしているバラのジェラート。くじゅう高原産の搾りたて生乳100%を使った、こだわりのミルクジェラートをベースに、旬のフルーツを使ったフレーバーを季節限定で販売。何度でもリピートしたくなります! 座席数20、テラス席もあり。

Information

くじゅう花公園

所在地:大分県竹田市久住町4050
TEL:0974-76-1422
www.hanakoen.com

アクセス:豊肥本線 豊後竹田駅より タクシーで約30分

オープン期間:3月~11月

休園日:なし

営業時間:8:30~17:30(最終入園17:00)

料金:大人(高校生以上)1,300円、小人(5歳以上)500円

駐車場:300台(無料)

併せて読みたい

春のおでかけお花見スポット〜城山かたくりの里〜
天野麻里絵さんの「やってみよう!初めてのガーデニング」小さな花壇で育てる一年の花サイクル
花の庭巡りならここ! 牧野富太郎コレクションを堪能「高知県立牧野植物園」

Credit

取材&文/長田節子
ガーデニング、インテリア、ハウジングを中心に、ライフスタイル分野を得意とするライター、エディター。1994年より約10年の編集プロダクション勤務を経て、独立しフリーランスで活動。特にガーデニング分野が好きで、自身でも小さなベランダでバラ6姉妹と季節の草花を育てています。草花や木の名前を覚えると、道端で咲いている姿を見て、お友達にばったり会って親しく挨拶するような気分になれるのが醍醐味ですね。
https://twitter.com/passion_oranges/

Print Friendly, PDF & Email