日本庭園やイングリッシュガーデン、整形式庭園など、世界にはさまざまなガーデンスタイルがあります。そんなガーデンの歴史やスタイルを、世界各地の庭を巡った造園家の二宮孝嗣さんが案内する、ガーデンの発祥を探る旅第20回。今回は、今までにたどった各国のガーデンから、特にガーデンの植栽にスポットを当て、それぞれの国ごとに特徴的な植物の使い方をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

各国の特徴が現れるガーデン植栽

前回まではヨーロッパの庭の遍歴を見てきました。メソポタミアからイスラムの庭、イタリアルネッサンスからフランスの貴族の庭、そしてドーバー海峡を渡ってイギリスのブルジョアジーの庭まで、主に庭のスタイルを中心に見てきました。今回は少し視点を変えて、植物の使い方を中心に歴史を探ってみましょう。

イスラムの庭

アルハンブラ宮殿
アルハンブラ宮殿(スペイン)。Jose Ignacio Soto / Shutterstock.com

スペイン「アルハンブラ宮殿」【世界のガーデンを探る旅1】

イタリアルネッサンスの庭

ヴィラ・ターラント
ヴィラ・ターラント(イタリア)。

イタリア「チボリ公園」【世界のガーデンを探る旅2】
イタリア「ボッロメオ宮殿」【世界のガーデンを探る旅3】
これぞイタリアの色づかい「ヴィラ・ターラント」【世界のガーデンを探る旅4】
イタリア式庭園の特徴が凝縮された「ヴィラ・カルロッタ」【世界のガーデンを探る旅5】

フランス貴族の庭

リュクセンブルグ宮殿(パリ・フランス)
リュクセンブルグ宮殿(パリ・フランス)。

フランス「ヴェルサイユ宮殿」デザイン編【世界のガーデンを探る旅6】
フランス「ヴェルサイユ宮殿」の花壇編【世界のガーデンを探る旅7】
フランス「リュクサンブール宮殿」の花壇【世界のガーデンを探る旅8】

イギリスのブルジョワジーの庭

ハンプトンコートパレス(ロンドン・イギリス)
ハンプトンコートパレス(ロンドン・イギリス)。

イギリス「ハンプトン・コート宮殿」の庭【世界のガーデンを探る旅11】
イギリス「ペンズハースト・プレイス・アンド・ガーデンズ」の庭【世界のガーデンを探る旅12】
イギリスに現存する歴史あるイタリア式庭園【世界のガーデンを探る旅13】
イギリス発祥の庭デザイン「ノットガーデン」【世界のガーデンを探る旅14】
イングリッシュガーデン以前の17世紀の庭デザイン【世界のガーデンを探る旅15】
プラントハンターの時代の庭【世界のガーデンを探る旅16】
イングランド式庭園の初期の最高傑作「ローシャム・パーク」【世界のガーデンを探る旅17】
世界遺産にも登録された時代の中心地「ブレナム宮殿」【世界のガーデンを探る18】
現在のイングリッシュガーデンのイメージを作った庭「ヘスタークーム」【世界のガーデンを探る19】

上に挙げた4枚の写真は、現代の各国それぞれの特徴的な庭の写真です。庭がつくられた当時は、地球も今よりはもっと寒かっただろうし、植えられていた植物もこんなに派手ではなかったろうと思いす。現在植えられている植物は、品種改良された園芸品種がほとんど。また、それぞれの庭のガーデナーが自分の好みにアレンジしているかもしれません。そのような時代による変遷も考えながら、植栽に注目して庭の歴史を感じ、つくられた当時の庭の植栽に思いをはせてみるのもまた面白いものです。

それでは、各国のガーデンと植栽を見ていきましょう。今回はスペイン、イタリア、そしてフランスの庭に見る、各国の植栽の特徴をご紹介します。

<スペイン>
水を主役に構成されたアラブの庭

アルハンブラ宮殿
emperorcosar/Shutterstock.com

アルハンブラ宮殿ができた時代は、もちろんプラントハンターが世界中に色々な植物を求めて世界の隅々まで出かけていった時代よりもはるかに前でしたので、つくられた当時の庭は、おそらく今よりももっと地味な庭だったのでしょう。もともとアルハンブラ宮殿の庭の主役は、植物よりも水のように感じられます。それは、遠く西アジアの乾燥地帯から乾燥した北アフリカを経由して、この地にやってきたイスラムの人たちの、豊かな水への憧れが強く表れているのではないでしょうか。

アルハンブラ宮殿
Ivo Antonie de Rooij / Shutterstock.com

右から大きく枝垂れているのはブーゲンビレア、噴水の両側に植えられているのはバラです。

アルハンブラ宮殿
S-F / Shutterstock.com
噴水
Benny Marty/Shutterstock.com

豊かな緑と水とのコントラストが見事にこの庭では強調されていますが、植栽面ではこれといった特徴は見受けられません。基本は地中海性の乾燥した気候に合ったコニファーや常緑低木類が未だに多く使われていて、ある程度は当時の姿をしのばせてくれています。

<イタリア>
世界の富が集まったイタリアルネッサンスの庭

イタリアのガーデン

イタリアの庭は、写真でも見られるようにはっきりとした色使いが特徴です。

イタリアのガーデン

特にイタリアンレッドとも呼ばれるビビッドな赤が印象的です。サルビアやケイトウ、ゼラニウムの赤が目を引きますが、もちろんこの庭ができた時代には新大陸からの花々はまだヨーロッパには紹介されていませんでした。ですので、つくられた当時にどのような花が植わっていたのかはとても興味深いものの、今はそれを知るすべもありません。

イタリアの湖とガーデン

湖と空の青をバックに、ベゴニアとスタンダード仕立ての白バラがセレブな雰囲気を醸し出しています。

イタリアのバルコニーガーデン

個人の住宅のベランダにも、プランターからのあふれんばかりのペチュニアが咲き誇っています。これほど立派なハンギングは、他ではなかなか見ることができません。きっと丹精込めて管理されているのだと思います。抜けるような青空を背景にした原色系の色合いは、いかにもイタリア人好みです。

イタリアの街中

街の中もとってもオシャレな雰囲気です。

<フランス>
未だにモネの色合いが色濃く残る配色

モネの『睡蓮』
モネの『睡蓮』。

フランスには今でも印象派、特に植物が大好きだったモネの影響が色濃く残っています。

ヴェルサイユ宮殿の花壇

ヴェルサイユ宮殿の花壇。デルフィニウムのブルーが効果的に全体を引き締めています。その中に小型の赤のダリアを入れて、はっきりした組み合わせになっています。

ヴェルサイユ宮殿の花壇

フランスの花の植え方の特徴は、幾つもの異なる種類の植物を混ぜ合わせることです。色々な植物を組み合わせることにより、優しい色合いを作り出しています。

ヴェルサイユ宮殿の花壇

重厚なヴェルサイユ宮殿を背景に、少し高すぎるツゲヘッジ(生け垣)の中には、白のマーガレットやクレオメ、セージ、ルドベキア、ガウラなどが混植されています。

ヴェルサイユ宮殿の花壇

広々としたフランス式毛氈花壇。

ヴェルサイユ宮殿の植栽

イタリアでは見られなかった、優しいパステル調の組み合わせです。

フランス風の植栽

イタリアでも使われていた赤と黄色の組み合わせでも、フランス人の手にかかると落ち着いた色になってしまいます。

フランスの混植花壇

このような混植花壇は他の国では見たことがありません。フランス恐るべし! ただただ感心するばかりです。

リュクセンブルグ宮殿の花壇

花壇では混ぜ合わせるのにとても難しい、自己主張の強い黄色のマリーゴールドも、オレンジ系統と薄黄色のものを混ぜ合わせることで優しい色合いになっています。中心に背の高いブルーのサルビアを入れることにより、立体的な植栽にもなっています。そして1ピッチごとに銅葉のヒマ(ニュージーランドパープル)を入れてボリュームをつくっています。

フランスの花壇

優しくカーブする園路に合わせ、背丈の低い花壇が両側に作られています。ここではピンクのペチュニアを中心に、オレンジのジニアや濃緋色のコリウス、ヘリオトロープなどを混ぜ合わせることで、浮いてしまいそうなピンクのペチュニアとの素敵なコンビネーションをつくっています。

写真では分かりにくいかもしれませんが、ランダムに混色されているように見える花壇も、数メートルごとのピッチで植えられています。どのようにして植物の組み合わせを決定し、植え方を決めるのかは分かりませんが、そのムダもなく他では見ることのできない混植方法には、ただ驚くばかりです。このようにさまざまな花色やテクスチャーの違う植物を混ぜ合わせることで、独特な印象派の雰囲気をつくっていると感じるのは僕だけではないはずです。

今回は、イスラムからイタリア、そしてフランスと、ヨーロッパ諸国の花や植物の植え方を見てきました。次回はイングリッシュガーデンの本場イギリス。ジーキル女史からチェルシーフラワーショウまでの現代の花の植え方と、僕の植え方について話をしていきたいと思います。

併せて読みたい

花の女王バラを紐解く「ハイブリッド・パーペチュアル~最後のオールドローズ」
英国の名園巡り イギリス南西部のエキゾチックな庭「トレングウェイントン・ガーデン」
イギリスで3代にわたって受け継がれる庭園「Kiftsgate Court Gardens」

Credit

文/二宮孝嗣
長野県飯田市「セイセイナーセリー」代表で造園芸家。静岡大学農学部園芸科を卒業後、千葉大学園芸学部大学院を修了。ドイツ、イギリス、オランダ、ベルギー、バクダットなど世界各地で研修したのち、宿根草・山野草・盆栽を栽培するかたわら、世界各地で庭園をデザインする。1995年BALI(英国造園協会)年間ベストデザイン賞日本人初受賞、1996年にイギリスのチェルシーフラワーショーで日本人初のゴールドメダルを受賞その他ニュージーランド、オーストラリア、シンガポール各地のフラワーショウなど受賞歴多数。近著に『美しい花言葉・花図鑑-彩と物語を楽しむ』(ナツメ社)。

Print Friendly, PDF & Email