冬から春に向けては寒暖差が激しく、また、春は乾燥の季節なので、肌トラブルが多い時期でもあります。気がついたら手先にささくれができていた…なんてことありませんか? 今回は、乾燥の季節にオススメ! 植物由来成分100%の贅沢なネイルオイルの作り方をご紹介します。顔やボディーだけでなく、手先もしっかり保湿してあげましょう!

Print Friendly, PDF & Email

始めよう♪ アロマで手軽にできるガーデンセラピー

お花を植えて育てたり、お庭で育てたハーブでティータイムを楽しんだり…そんな植物のある暮らしは、ストレスを減らし、健康な心身を維持するのに役立ちます。園芸療法や森林療法など、植物でできる自然療法を一括して「ガーデンセラピー」と呼んでいます。

そんなガーデンセラピーの中の一つに、アロマテラピー(芳香療法)があります。

アロマテラピーは、植物の花・果皮・果実・根・葉など、さまざまな部位から抽出された、天然の揮発性物質“精油”を使って心身のケアを行う療法です。精油は、香りをかいで癒されるだけではなく、今回ご紹介するネイルケアオイルのような、顔や身体をケアするアイテムを手作りするのに使うこともできるんです。毎日のケアに使える、実用的な植物の楽しみ方「ガーデンセラピー」を、一緒に始めましょう!

植物油(キャリアオイル)ってなに?

植物油(キャリアオイル)ってなに?

アロマテラピーを楽しむためにまず必要になるのが、精油です。植物の成分が凝縮されている精油は、原液のまま肌につけると刺激が強すぎるので、希釈した状態で使うことが原則。そんな精油を希釈するアイテムは、基剤と呼ばれ、植物油やアルコール、水分などさまざまなバリエーションがあり、それらを組み合わせて、マッサージオイルやアロマコスメを作るのですが、その中でも一番使われているのが、植物油です。

この植物油の別名は、「キャリアオイル」。“精油を運ぶ人・運搬人”という意味で、精油の成分を皮膚に運ぶ役割を持っているところからこの名前がついたといわれています。手に入りやすいものだけでも20種類ほどあり、肌に直接塗布することで、私たちのお肌によい作用をもたらしてくれるんですよ。

マカダミアナッツオイルを使ってみよう!

今回のネイルケアオイルには、マカダミアナッツオイルを使ってみましょう

今回のネイルケアオイルには、マカダミアナッツオイルを使ってみましょう。

マカダミアナッツオイルは、マカダミアナッツのタネを圧搾して採取された植物油で、主な産出国はアメリカです。

マカダミアナッツオイルには、美容への働きかけが有効であるとされる成分・パルミトレイン酸が20%前後も含まれています。人間の皮脂には、10%ほどの脂肪酸が含まれているのですが、年齢と共に減少してしまう成分であるため、これを補給する役割を持つパルミトレイン酸を補充することで、皮膚を滑らかにする・乾燥を防ぐ・シワやたるみを改善する・皮膚にハリを与える・手のひび割れやあかぎれを改善する、といった嬉しい作用が期待できるのです。

ローズが香るネイルオイルを作ろう

お肌に嬉しい作用をもたらしてくれる、マカダミアナッツオイルをベースにした、ネイルオイルを作っていきます。今回は、持ち運びに便利で、爪先にも塗りやすいロールオンボトルを使用します。

<用意するもの>

〇 マカダミアナッツオイル 7ml

〇 ローズ(ドライハーブ)花びら 10枚程度

甘く上品な香りとともに、オイルにローズの持つ有効成分が溶け出します。ローズには抗炎症作用や乾燥防止など、スキンケアに向く成分が多く含まれています。手先を若々しく保つためにもオススメのハーブです。

〇 ラベンダーの精油 1滴

ラベンダーの精油は、傷の治りを促す瘢痕(はんこん)形成作用(皮膚組織の再生)があります。小さなささくれやあかぎれなどの傷のケアにもぴったりです(お持ちでなければ省略しても問題ありません)。

〇 ロールオンボトル 7ml用

★上記の必要なもの一式は、アロマテラピーやハーブ専門店で揃います。慣れないうちは実際に店舗に足を運び、専門家に聞きながら購入すると安心ですよ。

<作り方>

1. ロールオンボトルの中に、ローズを入れる

1、 ロールオンボトルの中に、ローズを入れる

入れにくかったら、竹串などを使って、そーっと中に入れこみましょう

2. ビーカーにマカダミアナッツオイルを計量し、その中にラベンダーの精油を1滴加えたら、竹串でよく混ぜる

3. オイルをロールオンボトルの中に入れ、ふたを閉めて、振ってなじませたら完成

ネイルケアオイルの作り方-オイルをロールオンボトルの中に入れ、ふたを閉めて、振ってなじませたら完成

すぐに使っても問題ありませんが、ローズの成分が溶け出すまで、5日ほど置くとベターです。作ったネイルケアオイルは、こまめに手先に塗りこんで、ご使用くださいね。

<注意点>

〇 自然の恵みが詰まったハーブですが、妊娠中・授乳中の方、治療中の病気がある方、体質等の心配がある方は、使用できない種類もあります。使用する前に、かかりつけの医師にご相談ください。また、ご紹介したレシピの作用や反応には、個人差があります。ご利用の際には、身体に合うかどうかパッチテストを行い、違和感がある場合にはすぐ使用を中止するなど、ご自身で責任を持ってお試しいただくようお願いします。

〇 保存料などを使用していないため、3カ月程度を目安に使い切ってください。

併せて読みたい

10分で完成! 精油を使ったハンドクリームの作り方
<簡単手作りアロマレシピ>5分で完成! リップクリームの作り方
好きな精油をブレンド♪ アロマバスソルトの作り方と効能

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

「Garden Story」LINE@の友だち追加はこちらから!
友だち追加

Print Friendly, PDF & Email