春を代表する花、ラナンキュラス。本来は春、気候が暖かくなってから開花する花ですが、苗が出回るのはちょうどこの時期、1~3月。近年は品種数も増え、春の寄せ植えづくりでは主役を担う存在感です。おすすめ品種と苗の選び方、寄せ植えのポイントをJunk Sweet Garden tef*tef*の槇谷桜子さんが解説します。

Print Friendly, PDF & Email

ラナンキュラスは花苗から育てるのがおすすめ

ラナンキュラスの苗

ラナンキュラスはキンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で、球根植物です。球根から育てる場合には秋に植え込みをしますが、ラナンキュラスの球根は植栽前に吸水作業が必要になるなど、ほかの球根と比べて植え方の難易度が上がるので、苗から育てるのがおすすめです。本格的な春を迎える前、2月下旬から3月の時期なら、花つきでたくさんの品種が出回っていて、好きな花を選ぶことができます。

それでは、個性的で魅力的な品種や寄せ植えでの楽しみ方をご紹介したいと思います。

一株一株個性の違いが大きいラナンキュラスを素敵に演出

ラナンキュラスの寄せ植え

同じ品種名であっても、一株一株個性が違ったり、同じ株から咲いた花も一輪一輪微妙に違って咲くれことも多いラナンキュラス。

また蕾から咲き進む過程も色んな表情を楽しませてくれるので、寄せ植えに使うと、長くいろんな雰囲気を感じさせてくれる一鉢となります。

ラナンキュラスの寄せ植え

この寄せ植えは‘トワイライトレディ’という品種の花びらが多いゴージャスでありながらシックなお色のラナンキュラスと、綾園芸さんが育種されたラナンキュラス‘イカロスパープル’を合わせました。

どちらも八重咲きですが、咲き方が異なるのでまた違った雰囲気を持ったお花です。

ラナンキュラス‘イカロスパープル’
ラナンキュラス‘イカロスパープル’。

使った植物

寄せ植えに使用した花材

【花】(左上から時計周りに)
ラナンキュラス‘トワイライト’
ラナンキュラス‘イカロスパープル’
アルメリア‘バレリーナ’レッド
プリムラ‘シャビーカラー’

寄せ植えに使用したリーフ

【リーフ】(左上から時計周りに)
ロフォミルタス‘マジックドラゴン’
キンギョソウ‘ダンシングクィーン’(円の中が花)
フォックスリータイム
万両‘紅孔雀(ベニクジャク)’

ラナンキュラス以外の花も落ち着いたシックな花色をセレクトし、‘トワイライトレディ’の存在感でグッと女性らしく気品のある寄せ植えに仕上げました。

ラナンキュラスの花色から選んだプリムラ‘シャビーカラー’も渋い色がより引き立ち、株元を素敵に演出してくれています。

リーフ類もラナンキュラスの色合いに合わせて、株元を花のように彩りました。シックな色ほど、その割合を多くすることで華やかさや存在感を演出することができます。

▼point▼

統一感のある寄せ植えにするときは、このように花色やリーフの色を合わせるのが基本ですが、差が感じられないほどそっくりな色合いを選んでしまうとお互いの良さが引き立ちません。

色同士がグラデーションになるように微妙に色の差を作ったり、大きさや形に差ができるように植物をセレクトすると、それぞれの違いがお互いを引き立て合い、なおかつ統一感のある素敵な一鉢になります。

ポット苗は寄せ植えに使いやすいサイズ感

ラナンキュラスのポット苗

ほとんどの苗は一番花が一輪だけ咲いた早めの状態で出荷されるポット苗。寄せ植えにおすすめな植えやすいサイズです。

こちらは寄せ植えに使った‘トワイライトレディ’。素敵なビオラを育種されている高知のうえた氏が育種された品種です。ゴージャスな花びらとシックな色合いが素敵で、耐寒性もあるのでガーデンでも育てられます。色幅のある品種ですので、数株まとめて植えるとより素敵な空間を演出できます。

庭植えできる!綾園芸育種のキラキラ可愛いラックスシリーズ

ラナンキュラス ラックスシリーズ

宮崎県の「綾園芸」草野修一氏が作出されたラナンキュラスの中でも人気があるラックスシリーズ。花びらに艶があり光に当たってキラキラと輝く特性を持っています。さまざまな色合いや花の形が次々に誕生し続けており、思わずいろんな品種を育てたくなる、魅力あるラナンキュラスです。

そして最大の特徴は、何より庭植えで冬越しできるという耐寒性です。ラナンキュラスは大株になると花数も増え、草丈もあるラナンキュラスは庭にぴったりの植物でしたが、それまでの既存品種には耐寒性がなかったので、屋外で植えっぱなしで育てることが難しい植物でした。

しかし、ラックスという耐寒性のあるラナンキュラスが生まれたことで、春の庭の楽しみやデザインの幅がとても広がりました。育ててみるとその魅力をもっと感じ、また違う品種を迎えたくなる。そんな素敵なシリーズです。

春の庭にニューフェイス登場! 庭植えできるラナンキュラス「ラックス」

透き通るような薄い花びらのパステルカラー

パステルカラーのラナンキュラス寄せ植え

ラナンキュラスは花びらが薄めで、シルクのような柔らかさや光が透ける感じが可愛らしい花です。

その可愛らしさを存分に発揮できるのがパステルカラーの花色。春らしい花に合わせると、ほんわりと優しい雰囲気の寄せ植えのポイントとなってくれます。

この寄せ植えは、花首が長いタイプのプリムラ・オブコニカ‘ピーチ’やパンジービオラなどのアプリコットカラーでまとめました。お花をたくさん楽しめる寄せ植えですが、どの花色も控えめなパステルカラーなので、しつこくならず優しい雰囲気を保ってくれます。

ラナンキュラス‘セレンディシリーズ’
ラナンキュラス‘セレンディシリーズ’。

バラのようにエレガントに咲いてくれるラナンキュラスは、気品あるガーデンに植えてほしい植物です。力強く優雅に咲く姿は生きる勇気を与えてくれます。

切り花としても多く生産されていることから分かるように、ラナンキュラスは暖かくなると次々に花をあげて咲いてくれます。もちろん、庭で育てた花もアレンジで楽しめます。室内でも身近にその可愛さを感じてくださいね。

併せて読みたい

Junk sweet Garden tef*tef*が教えるかわいさ120%の寄せ植えのコツ! 初心者におすすめのバスケット植え1
Junk sweet garden tef*tef*が教えるワンランク上の寄せ植えテクニック
黒田健太郎さんに学ぶLesson3 数株で素敵に! シンプル寄せ植え&コーディネート

credit

写真&文/槇谷桜子
‘大人可愛い’をテーマにした「Junk sweet Garden tef*tef*」とクールでスタイリッシュな観葉を扱う「BOTANICAL GREEN」、2つのWebプランツショップのオーナー。高校1年生の娘と小学校4年生の息子がいるアラフォー。花好きが高じてショップを始めて10年、仕事と家庭の両立をしながらショップを展開中。繊細で絵画的な寄せ植えにファン多数。
「Junk sweet Garden tef*tef*」http://teftef.biz
「BOTANICAL GREEN」http://botanical-green.teftef.garden

Print Friendly, PDF & Email