花咲く庭で散歩する様子や、庭でくつろぐ動物たちの姿が微笑ましい! と話題の北海道旭川の「上野ファーム」。「庭づくりをしながら撮りためた写真には、愛らしい動物たちの姿がたくさん!」と言う上野砂由紀さんに、フォトジェニックな動物の写真とともに、その思い出を教えていただきます。

Print Friendly, PDF & Email

花咲くガーデンで過ごす動物たち

上野ファームのアイガモのヒナ
生まれたばかりのアイガモのヒナたち。庭の散歩は彼らにとっては大冒険。

春から秋まで、さまざまな花が咲く上野ファーム。庭には花や植物が欠かせない存在ですが、庭と一緒に「上野ファーム」のちょっとした名物となっているのが、動物たちがいる風景です。

アイガモのヒナとムスカリ
春はベビーラッシュ。かわいいアイガモの子どもたちが、ムスカリの隙間でかくれんぼ。

私が本格的に植物に触れるようになって、十数年が経ちましたが、動物との付き合いはもっともっと長く、自分の周りに生き物がいなかったことは、記憶の中では一度もありません。小さな頃から動物が家の周りにいるのが当たり前の環境で育ち、犬や猫も含めてさまざまな動物と出合ってきました。

上野ファームのひな鳥たち
水鳥ですが初めての池はこわいのかな? ジャンプするか悩むヒナたち。

昔の農家では、鶏を放し飼いしている家も多くあり、上野ファームもかなり前から鶏を飼っていたようです。現在もその流れのまま、鶏がガーデンの中を自由気ままに歩き回っています。美しい花ももちろん魅力的ではありますが、生き物がいるガーデンは、とても絵になります。今回は、上野ファームで撮影した、庭の動物たちの写真をご紹介します。

七面鳥と鶏のヒナ
孵卵器で孵化させた七面鳥のヒナと鶏のヒナ。

上野ファームにいる動物たちをご紹介

ガーデンでミミズを探す鶏
穴を掘るスコップの音で駆けつけてきた鶏。お目当てはミミズ。

現在、上野ファームにいる動物は鳥類が多く、チャボ(小さめの鶏)、ガチョウ、アイガモ、七面鳥がいます。親が卵を産んで温めることも多いですが、難しい場合は、卵から孵卵器で孵化させた鳥たちもたくさんいます。鳥たちは、天気の良い日は毎日外に出かけて、庭やお客様が入れないバックヤードなどで過ごしています。ガーデンの隙間に入って、大好きなミミズや虫を捕まえたり、体をきれいにするためなのか、庭に穴を掘って土浴びをしている姿もよく見かけます。

黒い鶏 ネラ
黒い鶏「ネラ」は、ガーデンのどんなシーンにも似合う真っ黒な羽が魅力的。

ガーデンで土を耕すと必ず駆け寄ってくるのは鶏たち。お目当ては、土の中に棲んでいる元気なミミズ。スコップで土を掘り返すと必ずミミズは出てくるのですが、鶏たちは賢くて、スコップの掘る音を記憶しているので、その音が聞こえると、どんな遠くからでも足早にやって来ます。

ガーデンを熟知する動物たちの行動

上野ファームの鶏
毎日、庭中の様子をくまなく見て回っている。

動物たちは、もしかすると人間以上に植物の変化に気づき、ガーデンを熟知しているのかもしれません。鳥が自由に歩いていると、植物を傷めませんか? など、いろいろなご質問をいただきます。でも、今までそれほど驚くような悪さはしていないように思います。

チューリップと鶏
あえてチューリップの隙間を通り抜けるように移動する鶏。まるでチューリップの中でかくれんぼしているよう。

鶏の目線を毎日観察しながらいつも思うことは、その時きれいな場所を動物たちは一番分かっているのかもしれないということです。気が付くと、きれいな場所で遊んでいたり、ゆっくり休んだりしている姿をよく見かけます。もしかすると、人間と同じように動物も庭を楽しんでいるのかもしれません。

チャボやアイガモのいるガーデン風景

羽が美しく、普通の鶏よりも小さなチャボは、おとなしい性格もあってガーデンでも人気者です。

サクラの下にたたずむチャボ

動物もお花見をするんだ〜と思った一枚。フジザクラの下で、花を見上げながらまったく動かなかったチャボ。

上野ファームを散策する鳥たち

花を眺めながらガーデンを散策する様子。

鶏のオブジェと生きた鶏

動かない仲間がいる!?  と思ったかどうか。思わずクスッと笑いを誘うワンシーン。

緑のトンネルの下のチャボ

グリーンのトンネルを気持ちよさそうにくぐるチャボたち。

寄せ植えと七面鳥

寄せ植えについて話し合っているような七面鳥。

ガチョウの行進

天気の良いある日、裏の山を登るアイガモとガチョウの行進。15歳くらいになるガチョウのモルテンは、みんなのリーダー的存在で、いつも威張っているよう。

寄せ植えの下で雨宿りをする鶏

突然の雨に、寄せ植えの下で雨宿りしている鶏たち。まるで人間のようです。

上野ファームの庭の歴史と重なる動物たちとの記憶

ウサギが遊ぶガーデン

鶏やアヒルをたくさんご紹介してきましたが、ウサギを庭で放し飼いにしていた時代もあります。その頃は、とても仲の良いミニウサギの夫婦、ひとみちゃんとマンサクが、毎日仲睦まじい姿をガーデンで見せつけてくれました。夜になるとキツネに狙われる恐れがあるため、鶏と一緒に鶏小屋へ入るという、とても利口な夫婦でした。日中は、他の動物たちと一緒に庭に出て、好きな草を食べていました。今はもう天国へいってしまいましたが、ガーデンを訪れる人をいつも温かな気持ちにしてくれたことを思い出します。

ガーデンで遊ぶミニウサギ
庭で毎日自由に過ごしていた名物ウサギ夫婦、ひとみちゃん(グレー)とマンサク(茶色)。
雪の中のウサギと鶏とアヒル
ウサギも鶏もアヒルも、種類は違っていても、いつも仲良しでした。

たくさんの木々に囲まれた上野ファームには、野生動物もやってきます。野鳥もさまざまな種類を確認することができます。野ネズミもたくさんいるので、それを目当てにやってくるキタキツネが閉園後の静かなガーデンを散策していることもよくあります。庭のオニグルミを目当てに、エゾリスが通ってきていた時もあり、毎日クルミを取りに来る姿を見るのがとても楽しかったです。

カボチャのタネを食べるエゾリス
オニグルミとかカボチャのタネが大好きだったエゾリス。
ガーデンに遊びに来たキタキツネ
庭仕事をずっと後ろで見ていた若いキタキツネ。

このように、上野ファームの庭にはいつも楽しい動物たちがいました。植物だけでなく、彼らがいるからこそ物語があり、たくさんの素晴らしいシーンが生まれてきたのだと思います。植物からもいつも感じていることですが、生命の逞しさや動物たちの生きる知恵からは、たくさん学ぶものがあります。きっとこれからも、楽しいことや大切なことを彼らは教えてくれることでしょう。

秋の紅葉と鶏
紅葉した葉と同じ色のトサカが、だまし絵のようでおもしろかった一枚。

「上野ファーム」の2019年度ガーデン公開期間は、4月20日~10月14日まで。

*動物はいつも庭にいるわけではありません。危害は加えませんので、見かけたときは追いかけたり、餌をあげたりせずに、あたたかく見守ってください。

併せて読みたい

一年中センスがよい小さな庭をつくろう! 英国で見つけた7つの庭のアイデア 
上野ファームの庭便り「ガーデンはインスタ映えの宝庫! 写真で振り返る庭の四季」
カメラマンが訪ねた感動の花の庭。北海道 上野ファーム

Credit

写真&文/上野砂由紀
北海道旭川にある「上野ファーム」のガーデナー。大学卒業後、アパレル会社に勤務し、園芸を学ぶため退社して渡英。2001年から実家である「上野ファーム」で庭づくりを始め、旭川ではいち早くオープンガーデンをスタート。2008年に放送されたTVドラマの舞台となった富良野の「風のガーデン」や「大雪 森のガーデン」の植栽デザインのほか、全国で講演会・トークショーなども行う。二男の母。
上野ファーム www.uenofarm.net
Facebook http://www.facebook.com/uenofarm1906
Instagram https://www.instagram.com/ueno_farm/

Print Friendly, PDF & Email