「富山県中央植物園」は、珍しい植物など豊富なコレクション数を誇り、研究成果を披露する場でもあるため、アカデミックな展示内容が特徴的です。もちろん市民の憩いの場としても開放されており、お弁当を持ち込んでピクニック気分を味わったり、園内の喫茶室で軽食を楽しみながら自然豊かな景色を楽しんだりと、思い思いに楽しむ来場者の姿が見られます。

Print Friendly, PDF & Email

研究植物園らしい植物収集数を誇り
市民に憩いの場としても提供

1996年に全面オープンした「富山県中央植物園」は、研究植物園として植物の収集・展示を行うとともに、市民の憩いの場としても提供。24ヘクタール、外周2kmに及ぶ敷地を保有し、大人の足で1〜2時間の散策を楽しめます。

研究の成果を展示する側面があるため、珍しい植物などのコレクション数も多く、分類学、生態学などに基づいた展示をしているのが特徴です。例えば展示する植物の元々の生育地である草原、森、海岸、水辺などの環境を再現したうえで、適材適所の植栽をしています。ショウガーデンとは対照的に、こちらはより自然に近い姿で自生する姿に親しむ「大人の社会見学会」を満喫できそうですね。

園内は、「世界の植物ゾーン」「日本の植物ゾーン」に分かれています。「世界の植物ゾーン」では、温冷室が充実するほか、日本の植生と類似性のある「雲南省の植物エリア」「北米の植物エリア」があり、広い世界はつながっていると、実感できます。また、繊維を採って加工できるものや、香料やスパイスの材料となるものなど人間の役に立つ植物も見られます。一方「日本の植物ゾーン」では、植生を再現してより自然な姿で植栽しながらも、春から秋まで開花リレーをつないで、いつ訪れても野趣あふれる花姿を楽しめるようにしています。

年間を通して約10万人が訪れる「富山県中央植物園」は、リピーターも多い癒しの場。「北アルプスの借景もいい」「芝生がきれい」「自然な景観ながらも、それぞれの植物を繁茂させすぎずに調和させる、手入れの行き届いた管理が心地いい」といった声が届いています。季節によって企画展などさまざまなイベントも開催されているので、まめにホームページをチェックして出かけるのがオススメです。

雪に閉ざされる冬に元気をもらえる!
5棟が立ち並ぶ充実の温冷室

富山県中央植物園 温室

「世界の植物ゾーン」内には、5つの温冷室が建っています。冬も緑の楽園を織り成す温室「熱帯雨林植物室」「熱帯果樹室」「ラン温室」「雲南温室」の4棟と、冷室の「高山・絶滅危惧植物室」です。いずれも大変充実した展示となっているので、温室を目当てに訪れてはいかがでしょうか。月下美人を中心に夜に咲く花が多くなる季節など、年に数回は夜間開園する時期もあるので、甘い香り漂う夜の温室を堪能するのもいいですね。

熱帯雨林植物室

写真の「熱帯雨林植物室」では、400種もの熱帯性植物を展示しています。冬に一歩足を踏み入れると、外の雪に閉ざされた景色から一変。むっと湿度のある草いきれが漂う、生命力に満ちた景色に元気をもらえそうです。棟の高さは22mにも及び、巨竹やヤシの木が自由に枝を広げる迫力の景色が楽しめます。特に花がきれいなのは、春に咲く鮮やかなエメラルドブルーのヒスイカズラや、フォルムが美しいサガリバナ。香料として珍重されているビャクダンが生育する姿も見学できます。

富山県中央植物園 ラン温室

「ラン温室」では、ランが好む湿潤な気候で管理しており、一年を通して華麗に咲く姿を楽しめます。コチョウランやシンビジューム、デンドロビュームなど、華やかな咲き姿を見せる洋ランを多数展示しています。ほかにも、楚々とした味わいを見せる野生系のランや、小笠原諸島で見られる亜熱帯性の植物など、コレクションは多岐にわたっています。

富山県中央植物園 雲南温室

こちらは、中国の雲南省に生息する植物を多様に集めた「雲南温室」。写真は中国で親しまれているトウツバキの開花の様子で、2〜3月頃が見頃です。花径約15cmの大きな花が派手やかに咲く様子は、圧巻。侘び寂び感をまとった日本のツバキとは、また違った魅力がありますね。「雲南温室」では、ほかにもモクレンの仲間で香りが素晴らしい、キンコウボクやギンコウボクの観賞もオススメです。

植生を再現するアカデミックな展示のほか
植物園の研究成果も披露

フクジュソウ

「日本の植物ゾーン」では、日本各地の植物が見られます。春は写真のフクジュソウから始まり、カタクリ、サクラ、カキツバタ、ハナショウブへ。夏はオミナエシ、秋はフジバカマ、落葉樹の紅葉やドングリなど木の実をつけた木々の姿を観賞できます。ここでお気づきの方がいるかもしれませんね。園内では華やかに改良された園芸植物ではなく、日本に古くから自生し愛でられてきた花々で開花リレーが構成されています。楚々とした花々の姿に、森歩きを楽しんでいるような気分を味わえますよ!

富山県中央植物園のサクラ

「富山県中央植物園」では、サクラのコレクションも見どころのひとつです。野生では絶滅の危機にあるホシザクラや、北陸地方ならではの花弁が数百枚に及ぶ菊咲き性品種など、その品種保有数はなんと約120種類! サクラはこんなにも表情豊かな花木だったのかと、感嘆すること間違いありません。長さ300mにおよぶソメイヨシノの花のトンネルは、開花期間中はライトアップも行われ、近くの水面にも花姿が映し出されて幻想的な景色を楽しめます。園内への飲食持ち込みはOKなので、花見を楽しむのもいいですね。ただし飲酒は不可、ゴミの持ち帰りは忘れずに、マナーを守りましょう。

オオオニバス

夏は、屋外の広大な池の一角にて南米原産の巨大な水草として有名なオオオニバス(パラグアイオニバス)の群生が見られます。写真のように、直径1m近い葉が池の岸辺を埋め尽くす景色は圧巻です。ここでひとつ疑問が浮かびませんか? 「熱帯植物のオオオニバスが、雪国の富山でどうやって越冬するの?」って。

それは「富山県中央植物園」が研究機関でもあることに由来します。一年草のオオオニバスのタネの採取から、タネ播き・育苗後の定植まで、雪国での育成に成功した、研究成果の披露の場となっているのです。もちろん北国では「富山県中央植物園」でしか見られない珍しい景色ですから、必見ですね。毎年8月中下旬の3日間、子どもを対象にオオニバスに乗って記念写真を収めるイベントも開催されています。

雲南省の植物展示

高山気候から熱帯性気候まで内包し、世界の植物の宝庫として知られる中国の雲南省。ランやトウツバキ、サクラソウ類の原産地としても知られています。「富山県中央植物園」では、現地機関と共同研究を行っている縁もあり「雲南エリア」の展示が充実しているのも、持ち味の一つです。現在では持ち出すことができなくなった雲南省の貴重な石林の石を配置して、現地の風景を再現。甘い香りを持つウンナンザクラや、黄色い花を咲かせるチヨウキンレンなどをはじめ、珍しい雲南省の植物コレクションの数々を観賞できます。

北アルプスが借景のイギリス風景式庭園
景色を愛でられる喫茶室にも立ち寄りを

イギリス式風景庭園

屋外は緑の美しい芝生や木立、広大な水面、曲線的な園路で構成され、自然への賛美を表現する「イギリス風景式庭園」となっています。手入れの行き届いた植物園ながらも、北アルプスの雄大な山々を借景に、野山を散策するような心地よさがあります。

冬はカモ類を中心に、多種多様な水鳥が飛来して越冬するため、白銀に化粧した北アルプスを背景にバードウォッチングを楽しめます。自然保護のためにも、餌やりはご遠慮くださいね。

ココナッツアイランド

「富山県中央植物園」には、喫茶「ココナッツアイランド」があり、紅茶やコーヒー、軽食などを楽しめます。営業時間は11:00〜16:00、木曜定休、テーブル席5席。大きく取られた窓の向こうには、広い池や野鳥の姿があり、見晴らしがいいのが嬉しいですね。ランチは500〜1,000円くらいの価格帯で、サンドイッチ、蕎麦、カレーなどがあります。特に生のフルーツを使ったジュースやジェラートがオススメ。

Information

富山県中央植物園

所在地:富山県富山市婦中町上轡田42
TEL:076-466-4187
http://www.bgtym.org/

アクセス:バス/JR富山駅前(6番乗場)発→ファボーレ経由 萩の島循環線「中央植物園口」バス停下車、徒歩約15分
車/北陸自動車道 富山ICより婦中大橋経由約15分

オープン期間:通年

休園日:木曜日(ただし木曜日が祝日の場合、および4月の第1・2木曜日、ゴールデンウィーク、お盆の期間は開園)、年末年始(12月28日~1月4日)

営業時間:9:00~17:00(2〜10月、最終入園は16:30まで)、9:00~16:30(11〜1月、最終入園は16:00まで)

料金:大人500円(3〜11月、団体20名以上は400円)
大人300円(12〜2月、団体20名以上は240円)
高校生以下、70歳以上は無料

駐車場:普通乗用車332台、大型バス専用駐車場6台(無料)

併せて読みたい

花の庭巡りならここ! 牧野富太郎コレクションを堪能「高知県立牧野植物園」
花の庭巡りならここ! 麗しき英国式庭園「みつけイングリッシュガーデン」
カメラマンが訪ねた感動の花の庭。北海道 イコロの森

Credit

長田節子

取材&文/長田節子
ガーデニング、インテリア、ハウジングを中心に、ライフスタイル分野を得意とするライター、エディター。1994年より約10年の編集プロダクション勤務を経て、独立しフリーランスで活動。特にガーデニング分野が好きで、自身でも小さなベランダでバラ6姉妹と季節の草花を育てています。草花や木の名前を覚えると、道端で咲いている姿を見て、お友達にばったり会って親しく挨拶するような気分になれるのが醍醐味ですね。
https://twitter.com/passion_oranges/

Print Friendly, PDF & Email