バラを育ててみたい! だけどなんだかムズカシそう…。と思っていませんか? 実は、バラの育て方はそれほど難しくありません。ガーデニング初心者にだって美しい花を咲かせられますし、広い庭がなくてもベランダでも大丈夫。バラの選び方や植え方、植え替え、病気など、バラの育て方の基本をご紹介します。基本を押さえれば、すくすく育って毎年、季節には美しい花を咲かせてくれますよ。自分で育てたバラで花束を作るのも夢ではありません。

Print Friendly, PDF & Email

バラにはどんな種類があるの?

バラの種類

バラにはたくさんの種類や品種、系統があります。もともと自然のなかに自生している野生種(原種)、人が品種改良をした園芸品種があり、園芸種の中にもオールドローズやモダンローズ、ミニバラといったカテゴリーがあり、色、形、香り、トゲの有無、花びらの枚数も5枚のものから、一輪で100枚以上あるものまで、実に個性豊か。毎年、世界中から新品種が発表され、登録されているだけでも4万もの品種があります。

多品種あるバラの選び方

その膨大な数のバラの中から、あなたに最適のバラを選ぶにはどうしたらいいのでしょう。多彩な個性の中から、育てるときに必ず押さえておかなければならない重要なポイントは、バラの樹形と開花周期です。まずはその2つの項目の中から選択肢を絞り、それから花形や香りなど、ご自身の好みで選ぶとよいでしょう。

バラの樹形は3タイプ

①つる樹形
枝が2m以上に伸び、構造物に誘引することで形状はさまざまに変えることが可能です。クライミングローズとも呼びます。
■適した場所/広い庭で壁やアーチなどの構造物に誘引して育てるのが適しています。地植え・鉢植えとも可能ですが、地植えのほうが本来の魅力を発揮して咲いてくれます。

つるバラ フランソワ・ジュランヴィル
つるバラの‘フランソワ・ジュランヴィル’。つるの長さは8mにも及ぶ。春の一季咲き。

②半つる性樹形
半自立する樹形です。ブッシュ樹形よりも枝がしなやかで1~2mと長く伸びますが、つる樹形ほどは伸びません。シュラブローズとも呼びます。
■適した場所/どこでもOK。小さな庭で小型のつるバラとして扱うのに最適。地植え・鉢植えとも可能。

シュラブのメイヤー・オブ・キャスターブリッジ
‘メイヤー・オブ・キャスターブリッジ’。四季咲き。小型のアーチにつるバラとして仕立てるのにちょうどいい大きさのシュラブ樹形。

③木立ち性樹形
支柱などの支えがなくても自立できる樹形。ブッシュローズとも呼びます。
■適した場所/どこでもOK。地植え・鉢植えとも可能。

ブッシュ樹形の‘チャーリー・アンバー’
ブッシュ樹形の‘チャーリー・アンバー’。四季咲き。樹高約60cm。

それぞれの詳しい解説はこちら
バラを育てる時に知っておきたい、バラの樹形3タイプ

バラの見頃の季節はいつ頃?

見頃のバラ
春の見頃のバラ(北海道など冷涼地では7月初旬に見頃を迎える)。

バラの開花周期には次の3つのタイプがあり、見頃を迎えるのは主に5〜6月の春と9〜10月の秋です。

  1. 四季咲き性/一年を通して繰り返し咲く。
  2. 返り咲き性/繰り返し咲くこともある。
  3. 一季咲き性/一年に1度、5〜6月に咲く。

どれも5〜6月頃にまず見頃を迎えます。「一季咲き性」は一年でこの季節に1度しか花を咲かせません。一方、「四季咲き性」は四季を通じて、伸びた枝先に規則的に繰り返し花を咲かせるため、何度も花を楽しめます。「返り咲き性」は、季節や条件によって伸びた枝先に花を咲かせます。

コスモスとバラ
秋にコスモスと一緒に咲くバラ。

品種によるメリット・デメリット

  • 四季咲き性品種は花を繰り返し楽しむことができますが、通年花を咲かせるためには、その分、施肥の回数や剪定回数が多くなったり、こまめな病虫害対策も必要です。
  • 一季咲き性品種は一年のうち、5〜6月の限られた期間にしか花が咲きません。ただし、この季節に向けて手入れをすればよいので、管理は比較的楽です。

初心者は要チェック! 苗の選び方

バラの苗は園芸店やホームセンター、バラ苗専門ネット通販などで購入することができます。苗には次の3つのタイプがあり、購入後の管理の仕方が異なるので、自分に合ったタイプを選びましょう。

  • 新苗
    圃場で接木して1年ほど育てた小さい苗。圃場から掘り上げて、春に販売します。価格は低めに設定されていますが、成長するまでに時間がかかります。ビニールポットに植わっている場合も多いです。春に販売。
  • 大苗
    圃場で接木して数年育てた大きい苗。圃場から掘り上げて、秋に販売します。苗がすでに大きく充実しています。
  • 鉢植え苗
    大苗を鉢に植え付けて育てた苗です。6号鉢(直径18cm)に入った苗で、すでに大きく充実しています。通年販売。

初心者には「大苗」か「鉢植え苗」が、失敗が少なくオススメです。

こちらもチェック!
よい苗を選ぼう!初心者でもチャレンジしやすいバラの大苗をご紹介
よい状態の苗を手に入れるためにチェックしたい3つのポイント

バラの苗を買ったら…植え替えの仕方

バラの植え替え

バラの苗を買ったら、まず植え替えましょう。苗が入っている鉢は、運搬を考慮して株の大きさに比べて小さなサイズになっていることが多く、そのままではすぐに根詰まりしてしまうなど、順調に生育しない恐れがあります。ですから、買ってきたら地植えにするか、元のサイズより2回りほど大きな鉢に植え替えましょう。

植え替えの詳しい方法はコチラ
バラの鉢植え苗を春〜初夏に買ったら、はじめに「植え付け」をしよう!
専門家が解説! バラを育てる植木鉢の素材は何がベスト?

水やりに肥料に剪定…バラの基本的な育て方

鉢植えでのバラ栽培
鉢栽培の‘ラベンダー・ピノキオ’。四季咲き。樹高約60cm。
難しいと思われがちなバラ栽培ですが、日々の手入れはさほど手間がかかりません。

水やり

Photo/桜野良充

地植えのバラは、植え付けてから2週間くらいは水をやりますが、その後は基本的に水やりはしなくてOK。猛暑で極端に雨が降らない場合には、水やりをします。鉢植えのバラは表土が乾いたら、なるべく朝のうちに水やりをします。水をやる時は常に、鉢底から流れ出るくらい、たっぷりと。

花がら摘み

花がら摘み

四季咲き性の品種を育てている場合は、春の花が咲き終わった後に、花の下の茎を数節つけて切っておきましょう。こうすることにより、7月初め頃の二番花の開花が期待できるようになります。

これは花後の剪定といわれるお手入れ作業の一つです。

野生種や一季咲きのオールドローズは花がら摘みはしません。秋に花がらのところにできる可愛らしい実(ローズヒップ)を楽しみましょう。

肥料

バラの肥料
左が油かす、中央が混合有機質肥料、右が化成肥料。

肥料は、施すタイミング別に、次の4つの呼び方があります。四季咲き性品種と一季咲き性品種とでは、施肥の回数が異なります。バラ専用の肥料もあります。

  1. 元肥(もとごえ)
    植え付け時にすべてのバラにやります。固形の発酵油かすなどを施します。
  2. 寒肥(かんごえ)
    12〜2月に、すべてのタイプのバラにやります。固形の発酵油かすなどを施します。
  3. お礼肥え(おれいごえ)
    5月下旬〜6月下旬(春の花の開花後)に、鉢植えのバラと四季咲き性品種と若い苗にやります。成株になった地植えの野生種や一季咲き性品種には必要ありません。固形の発酵油かすなどを施します。
  4. 追肥(ついひ)
    8月下旬〜9月上旬に、四季咲き性品種と若い苗にやります。成株になった野生種や一季咲き性品種には必要ありません。固形の発酵油かすなどを施します。

鉢植えのバラでは以上の肥料のほかに、定期的に液肥を施すとよいでしょう。

花数アップや果実を甘くする効果あり!「肥料」の種類と使い方
秋バラを咲かせるために、夏バテしたバラの回復を助けよう【PR】
花の勢いを復活! 庭植えのバラを元気にする土の入れ替え方法をご紹介

剪定

バラは基本的に、切らないと花が少なくなったり、咲かなくなったりします。切るのを怖がる人もいますが、たとえ切るところを間違えても枯れることはないので、安心して剪定しましょう。切るタイミングは冬、そして品種によっては夏にも剪定が必要です。

  • 冬剪定
    12月下旬から2月に、春にたくさんの花を咲かせるために行います。全てのバラに必須の作業です。
  • 夏剪定
    8月下旬から9月初旬に、四季咲き性のブッシュ(木立ち性)樹形の品種のみ剪定します。

どこをどのように切るのかは、品種や株の状態によって最適な切り方があるため、別ページで個別に詳しく解説していますので参照してください。

鉢植えバラの冬のお手入れ「来春よく咲かせる!とっておきの話」
バラの専門家がズバリ答える! ブッシュローズの剪定方法 基本編
バラの専門家がズバリ答える! 冬の大切な作業「つるバラの剪定」
バラの専門家がズバリ答える! コンパクトに育つブッシュローズと生育不良の株の剪定
バラの専門家が教える! 生育不良の鉢植えバラの剪定方法
四季咲きバラの夏剪定を解説 コンパクトに生育するバラ編
四季咲きバラの夏剪定を解説 樹高が高くなるバラ編

植え替え

鉢植えのバラ
‘レディ・オブ・シャーロット’(オレンジ)と‘プリュム’(淡ピンク)の寄せ植え。

鉢植えで育てているバラは、同じ土のまま3年以上経つと生育が衰えてくることがあります。以前のように咲かなくなってきたなと思ったら、一度株を鉢から取り出して、既存の土を全て取り除き、新しい土に植え替えてやります。植え替えはバラの休眠期の12〜2月に行いましょう。

年数を経たバラの活力を蘇らせる! 鉢植えにピッタリな植え替え法

バラがかかりやすい病気って? 対策も伝授

バラがよくかかるのは「うどんこ病」と「黒星病(黒点病)」です。品種によって、病気に強い品種と弱い品種があり、図鑑やカタログなどにも「耐病性」についての記載があります。強い品種を選べば、薬剤散布などの対策をせずとも育てられます。より気楽にバラを育てることができるので、初心者は「耐病性・強」という項目をバラを選ぶ際の選択肢にするとよいでしょう。近年は病気への耐性がある品種が多く生まれています。

うどんこ病

うどん粉病

春から初夏、秋に発生します。新しい枝や若葉が、白い粉をかけたようになり、進行すると茎や葉がねじれたように萎縮します。放置しておくと全体に広がって枯れることがあります。
■対策/発生したら、殺菌剤または納豆菌などで防除できます。

黒星病(黒点病)

黒星病 黒点病
Photo/kay roxby/Shutterstock.com

主に梅雨明け頃から発生し、バラの葉に黒い斑点ができます。黒点病にかかった葉はやがて黄変し、落葉します。落葉が著しいと光合成ができず、株の生育が悪くなるので夏以降の花が咲かなくなることがありますが、肥料などをきちんと施していて株自体に体力があれば、新葉が再び芽吹いてくるので、枯れることはありません。
■対策/まずは株を丈夫に育てておく。発生して、気になるようなら殺菌剤などで防除。

バラの病虫害と対策はコチラ
バラの害虫Q& A・症状別でよく分かる! 被害と対策方法「葉っぱ編」
バラの害虫Q& A・症状別でよく分かる! 被害と対策方法「枝・根っこ編」
バラの専門家が教える! バラにつく厄介な害虫・カイガラムシの対策
早春の予防で差がつく! 病害虫からバラを守る薬品活用術

花束のバラと庭のバラは違うって知ってた?

バラの花飾り
庭で咲いた河本バラ園のローズ・ドゥ・メルスリーシリーズのバラをバスケットアレンジに。

庭で育てるバラと、お花屋さんで花束にしてくれるバラとでは、同じ品種がほとんどないのをご存じですか? お花屋さんで売られている花は、切ってから長もちするように、流通途中で傷まないようになど、商品として扱いやすい「切り花」用に品種改良されたバラです。茎が比較的太く、真っ直ぐで、香りがないものがほとんどです。香りの成分があると、花びらが傷みやすいためです。

一方、栽培用のバラは、そうした配慮をする必要がないため、よりナチュラルな咲き姿で、豊かな芳香をもつ品種が多くあります。育てたバラで花束をつくれば、それはどこにも売っていない特別な花束になるはずですよ。

私のガーデンストーリー「小さな花壇の花あそび」

色ごとに違うバラの花言葉

バラの花言葉

バラの花束をプレゼントする際には、花言葉を知っておきましょう。うっかりすると、とんでもないメッセージを伝えることになったり、誤解を招いてしまいます。

  • バラ全体の花言葉
    愛・美
  • 赤いバラ
    情熱、強烈な恋、あなたを愛しています
  • ピンクのバラ
    しとやか、上品、幸福
  • 白いバラ
    純潔、深い尊敬、私はあなたにふさわしい
  • 黄色いバラ
    友情、嫉妬、愛情の薄らぎ

(参考文献:『美しい花言葉・花図鑑〜彩りと物語を楽しむ』二宮孝嗣著、ナツメ社)

バラの基本情報

【植物名】バラ
【学名】Rosa
【和名・流通名】バラ
【科】バラ科
【属】バラ属
【形態】半常緑または落葉低木、つる植物
【原産地】アジア、ヨーロッパ、北アフリカ、北アメリカなど
【開花期】主に5〜6月、9〜10月
【花色】
【花言葉】上記参照
【サイズ】H30〜200cm以上、W30〜200cm以上
【特徴】品種により耐寒性、耐暑性、芳香やトゲの有無は異なる
【日照】日当たりのよい場所を好む
【育て方】上記参照

Credit

写真&文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email