日本人にとって「和風の庭」は、眺めたり、身を置いているだけでホッとできる空間なのではないでしょうか。白い砂を川や池に見立てたり、獅子落としがあったり…和の庭だからこその仕掛けはいろいろありますが、そんな素敵な空間を夜もライトアップすると、より情緒のある雰囲気を楽しむことができます。今回は、和の庭に合うライトアップの方法やコツをご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

和の庭をライトアップするコツ

和の庭をライトアップすることで、より魅力を引き立たせるには、特に光の強さや色味、影、高さを意識するとよいでしょう。

〈光の強さ〉

和の空間では、間接光で周囲をやわらかく照らし、眩しさを感じる光源は見えないようにするとよいでしょう。照明の色は、やわらかく発光する乳白色選ぶとよいでしょう。

〈光の色味〉

和の雰囲気を高めるには、温かみを感じる色味の光を使うとよいでしょう。ただ、温か味を感じる色味でも赤系の光を強く当てると、暑苦しい印象になってしまいます。落ち着いた明るさの照明器具を使うのがオススメです。

選ぶ色味と、眩しくなりすぎない程度に、灯数を増やしすぎないように気を付けましょう。

〈光と影〉

影がはっきり映し出されるような強いライティングをすると、モダンな印象になります。和の趣を強調したい時には、影が映らない程度にライトアップをしてあげるとよいでしょう。

上記の例とは異なり、より強調させたい対象がある場合は、あえて周りに暗い空間を作ってライトアップをすることで、光で照らされた部分が際立ちます。

例えば、日本の庭園様式の一つ、“枯山水”の場合は、光を低い位置に置いて下から舐めるようにライトアップすることによりと、凹凸が強調されるので、より枯山水の存在感が高まります。

〈光の高さ〉

光は低い位置にあると落ち着いた印象になり、和のイメージにマッチするので、和の空間では意識して低い位置でライトアップするようにしましょう。

水面を使ったミラーライティング

池のある庭では、ぜひ「ミラーライティング」を取り入れてみましょう。

ミラーライティングとは、水面近くの植栽や樹木をライトアップすることで、水面に照らされた植栽や樹々の陰影を反射させるライティング方法です。

きれいに反射させるコツは、水面が揺らいでおらず、穏やかであることが条件です。

濃い色の葉を持つ松の木や紅葉など、和の空間でよく使われる植栽には色鮮やかなものが多くあります。ぜひ、ライトアップされた植栽を水面に映す演出をして、夜ならでは楽しめる景色を作ってください。

和のエントランスのライトアップ

和の空間には明るさを抑えた照明器具を使うほうが合うのですが、エントランス周りのライトアップの場合、明るさが足りないと目的の場所にたどり着きにくいアプローチになってしまいます。

そんなときは、足元の明るさの確保はもちろん重要ですが、突き当たりの壁面や玄関部分が暗くならないように意識しましょう。それだけでも随分歩きやいアプローチになります。

アプローチのライトアップは、突き当たりの壁面より明るさを抑えたやわらかい光のライトで、足元の明るさを確保してあげるとよいでしょう。また、アプローチには緩やかに陰影をつけ、一定のリズムでライトアップをしましょう。

前述した和の庭のライトアップを行う際のポイントをアプローチにも取り入れれば、ホッとする素敵な空間ができ、帰宅したときにきっと心が落ち着くことでしょう。

“揺らぐ光”は、人に癒しや快適さを与えてくれますが、和の空間に取り入れることでさらにその効果が得られます。最近では、まるでろうそくの火が灯っているように光が揺らめく器具もありますので、そのようなアイテムをアプローチ脇などに置き、光をわずかに揺らすことで、より心地よい空間が演出されるはずです。

室内から楽しむライトアップされた和庭

ご自宅に中庭や坪庭があっても、夜は室内のほうが明るくなるため、室内が窓に映り込むミラー現象が起こりがちです。そんなときは、庭側を明るくするか、室内の明るさを抑えることで、映り込みを防ぎ、夜も庭の様子を楽しむことができます。部屋を広く見せる効果もあって一石二鳥ですよ。

坪庭など、小さな空間をライトアップする際は、シンボルツリーや造形など何か1つを集中的にライトアップしてあげると、より効果が発揮できます。室内の照明はやや暗めにして、家の中から屋外の和空間を鑑賞できたら素敵ですよね。

和の空間のライトアップは、いくつかのコツとテクニックを上手に取り入れることで、より一層魅力的な空間に仕上げることができます。

大切なのは、光の強さ、色味、影、高さの4つです。これらを意識して、幻想的で心地よいライトアップ空間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

併せて読みたい

壁面のライトアップで華やかな空間を演出!
坪庭や中庭をライティングで夜も身近に。狭い場所でも、ちょっとした植栽とライトアップで毎日眺めて落ち着ける空間をつくりませんか?
“ひかりノベーション”で自宅を簡単にライトアップ!

Credit


LEDIUS Lighting Lab.
『LEDIUS Lighting Lab.』は庭に快適な光を計画・提案する〝ライティングデザインチーム〟。庭に新たな光を考え、創造する〝商品企画チーム〟、庭に最適な照明器具を形にする〝開発チーム〟、庭の光の価値を伝える〝セールスプランチーム〟からなる屋外照明のプロフェッショナル集団。
エクステリア、ガーデン、商業施設などあらゆる空間に合った照明器具デザイン、空間デザインを通して光の価値、重要性を考え、新しさ、ワクワクする光の提案を行っていきます。

Print Friendly, PDF & Email