「エンブロイダリー・フープ・リース」をご存じですか? エンブロイダリー・フープとは刺繍枠のこと。刺繍用のあの丸い枠を使うのですが、針や糸の出番はなく、テクニックも必要なし。しかも、100均で揃う素材で誰にでも簡単に作れて、おしゃれなインテリアとして飾れる新しいリースクラフトです。今回はチュールレースを使った簡単な作り方と飾り方をご紹介します。クラフト初心者にもオススメです。

Print Friendly, PDF & Email

100均で揃うエンブロイダリー・フープ・リースの材料

「エンブロイダリー・フープ・リース」の材料

<材料>

  • 刺繍枠
  • チュールレース
  • グルーガン
  • グルースティック
  • ドライフラワー

最近の100円ショップはクラフトコーナーが超充実! 上記の材料はすべて100円ショップで揃います。もちろん、ドライフラワーは庭で育てた草花を材料にしてもOK。ドライフラワーの作り方は、『ボタニカルクラフト シリカゲルでつくる桜のドライフラワー』の記事をご参照ください。

エンブロイダリー・フープ・リースの作り方

グルーガンでドライフラワーを接着
  1. 刺繍枠にチュールレースを挟みます。
  2. ドライフラワーを刺繍枠にレイアウトします。
  3. レイアウトが決まったら、グルーガンでドライフラワーをチュールレースに接着していきます。

*コツ1
グルーガンで接着する前に、レイアウトを吟味しましょう。ドライフラワーもチュールレースも繊細なので、グルーガンで接着した後にやり直そうとすると壊れてしまいます。また、全面を花で埋めるのではなく、余白を残すようにレイアウトするのがポイントです。

*コツ2
グルーガンは、樹脂を熱で溶かして接着するクラフト用の道具です。普通の接着剤を布に使用すると液の染みが広がってしまうので、この場合の接着にはグルーガンが適しています。ドライフラワーに溶かしたグルースティックをつけ、それをチュールレースに接着しますが、ベタッと全面ではなく、点で数カ所に少量ずつつけるのがポイント。量が多すぎるとはみ出して仕上がりが汚くなります。表から見えないように、つける量を調節します。また、グルースティックはすぐに固まり始めるので、レイアウトを撮影しておいて、それを確認しながら手早く作業を進めましょう。

エンブロイダリー・フープ・リースの飾り方

エンブロイダリー・フープ・リース

刺繍枠の留め具の部分にワイヤーを通し、壁やドアにかけたり、窓辺に吊るしても光を透過してきれいに楽しめます。植物のフォルムが影を落とす風景も美しいですよ。

エンブロイダリー・フープ・リース
部屋のドアにかけて。

初心者にも育てやすい、ドライフラワークラフトにオススメの花

今回ご紹介したエンブロイダリー・フープ・リースのほかに、ドライフラワーはハーバリウムなどいろいろなクラフトで楽しめます。そんな植物を使ったボタニカルクラフトに最適な花が、サントリーフラワーズの「コロロ™」。キク科ムギワラギク属のコロロ™の多年草で、厳寒期と真夏を除いてほぼ一年中咲いてくれます。しかも、咲いている時からすでにドライフラワーのような不思議な質感で、特別な処理をしなくてもそのまま置いておけばドライフラワーになってくれます。レモン、ブラッドオレンジ、フランボワーズ、マンゴーの4色があり、鮮やかな花色は切っても半年間は美しい発色を保ちます。

コロロ™ ブラッドオレンジ
コロロ™ ブラッドオレンジ。
コロロ™ フランボワーズ
コロロ™ フランボワーズ。
コロロ™でカラフルなインテリア
コロロ™の花を集めて瓶に入れておくだけで、カラフルなインテリアに!

コロロ™の育て方

<基本情報>

  • コロロ™/キク科ムギワラギク属の多年草
    別名/ヘリクリサム、ムギワラギク、帝王貝細工
  • 草丈/20~30cm
  • 株張り/25~30cm
    花径/5~6.5cm
    開花期/厳寒期、真夏を除く
  • 売っているところ/ホームセンターや園芸店
  • 植え込み株数の目安/直径30cmのプランターに1~3株
  • 苗の販売価格/1苗約600円(10.5cmポット苗)
  • 栽培に必要なもの(苗以外)/プランター(鉢)、草花用の培養土、鉢底石、草花用の元肥、草花用の液肥、シャベル、手袋、ジョウロ
  • 苗を含めた経費概算(上記をすべて購入する場合)/約4,000円〜

<植え込み手順>

  1. プランター(鉢)に鉢底石を敷きます。
  2. 草花用の培養土をプランターの深さの1/2くらいまで入れます。
  3. 草花用の元肥を規定量(袋の後ろに説明があります)入れて混ぜます。
  4. さらに培養土をプランターの深さの3/4くらいまで入れます。
  5. 苗をポットから出します。この時、根がグルグルと回って中の土が見えないようなら、根を少し手で切ってほぐします。
  6. 苗をプランターの培養土の上に置いて、根が全部埋まるようにシャベルで土を入れます。最終的に表土の位置がプランターの縁から3cmほど下にくるように調節します。
  7. 複数の苗を植える場合には苗と苗の間(特に中央)に隙間ができやすいので、隙間なくちゃんと土が入っているか、苗をかき分けて確認します。鉢底から水が流れ出るまで水やりをし、日当たりのよい場所へ置きます。

<日々の手入れ>

  • 置き場所/霜や雪に当たらない、半日以上直射日光が当たる日当たりのよい場所へ置きましょう。
  • 水やり/土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷり与えます。
  • 肥料/冬は2〜3週間に1回程度、1,000倍に薄めた液肥を与えます。春以降は500倍を1週間に1回程度。
  • 日々の手入れ/枯れた花は摘んでおきます。
    花を長く咲かせるテクニック「花がら摘み」とは

丈夫で害虫被害もほとんどなく、栽培に苦労することはありません。クラフトが好きでドライフラワーをよく使うという方は、素材から育ててみてはいかがでしょうか。

コロロ/サントリーフラワーズ https://www.suntory.co.jp/flower/gardening/lineup/fall/cololo/

併せて読みたい

インテリアに透明感のあるオシャレなDIYキャンドル。ボタニカルキャンドルの作り方
草花を飾るかわいいコーナーづくりに挑戦! チェストのプチリメイクと小窓のカーテン
ホオズキで作るおしゃれなボタニカルクラフト「リース飾り」&「透かしホオズキ」

Credit

写真&文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email