近年話題の「スワッグ(壁飾り)」のお正月飾りを、縁起がよい植物をたっぷり使って手作りしてみませんか? 神奈川県の自宅の庭で100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主、遠藤昭さんが、ワークショップでも人気のスワッグ作りと、お正月飾りに選ばれている植物の由来をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

魔除けの意味もある
海外で伝統的な飾り「スワッグ」とは

お正月スワッグ

日本でも最近、リースとともに人気のスワッグですが、海外では伝統的なクリスマス飾りとしてスワッグが古くから存在しました。16世紀にスカンジナビアからイギリスに伝わったとされるスワッグは、ドイツ語で「壁飾り」や「揺れるもの」を意味します。好きな花やフレッシュな木の枝を束ねて、壁やドアにかけて飾るのが一般的ですが、ヨーロッパでは魔除けの意味もあるそうです。

スワッグは、材料を束ねて結ぶだけという手軽さで、日本でもこの数年、リースに代わる勢いで人気急上昇中です。

日本の縁起がよい植物とその由来

縁起のよい植物

これまではクリスマス飾りのスワッグが中心でしたが、近年、お正月用にもスワッグが人気です。日本の正月を飾る松飾りは、正月の神を迎える依代 (よりしろ) の一種とされています。松は冬でも葉が落ちない常緑樹なので、古くは中国で生命力や長寿などの象徴で神が宿る木とされていました。また、松は「祀る(まつる)」ともいわれている木であることから、門松などには松が使われています。一方、南天が正月飾りに使用されるのは、「難を転じる」に通じるので、日本では古くから縁起のよい木とされてきたことから。南天を植えると家が栄える、お金持ちになれる、災難から逃れられる、などの意味があるのです。

パパでも作れる! クロスカルチュラルな
オリジナルのスワッグ

そんな背景を踏まえて、ここでは、細く長い葉が迫力のある大王松(ダイオウマツ)を中心に、南天、ヒノキ、そしてオーストラリアのユーカリ、メラレウカ、ミモザなどの植物を使用して、クロスカルチュラルな、お正月スワッグの作り方をご紹介します。

庭の植物も使ってみよう!
使用する材料と道具

スワッグ花材

【材料】
大王松、南天、ヒノキ、スギ、ユーカリ、ユーカリの花つき枝、メラレウカ、ミモザ、ユズ、稲穂、実つきの南天など。結束用にラフィア、麻布、麻ひも、麻テープ、針金なども用意。道具は剪定バサミなどを使います。

上記はオススメの花材ですが、庭の木を利用したり、花屋の店頭で選ぶとよいでしょう。材料が揃ったら、葉のボリュームや枝ぶりを見て、完成イメージを想像しましょう。

お正月飾りスワッグの作り方

  1. あらかじめ材料をだいたいの長さに切り揃えます。
    花材を切り揃える
  2. 一番下には、材料の中でも長く大きくて平らな安定する葉を選んで敷きます。写真は稲穂の上にヒノキを載せたところ。
    土台をつくる
  3. さらに、スギを載せて、上に銀葉のユーカリ、ミモザ、黄葉のメラレウカなどを重ねていきます。
    花材を重ねる
  4. 色や葉の形を考えてバランスよく、手前に枝の根元を集合させながら並べます。この時に、余計な枝は切り落として、バランスを取ります。
    バランスを考えてつくる
  5. バランスよく置いて束ねます。見せたいもの、小さなものは上に置きます。ここでは、大きく葉が広がる大王松がアクセントになるように一番上に載せました。
    大王松をアクセントに
  6. さらに実つきの南天とユズの黄色い実を引き締め役に載せ、針金で材料の根元を束ね、かたく結びます。
    実付きのナンテンとユズを飾る
  7. 鉢金の上から根元を麻布で包み、麻ひもでしっかり縛ったら、壁に吊るすためのひもや針金を取りつけて完成!
    スワッグ完成

結び方や使う素材で毎年変わるお正月スワッグ

結び方や素材いろいろ

ラフィアや麻ひも、水引など、結ぶ素材を変えて、毎年雰囲気を変えて楽しんでみるのもオススメです。

松ぼっくりを主役に
大きな松ぼっくりを主役に。
ダイダイが鮮やかなスワッグ
ダイダイが鮮やかなスワッグ。

今回は、ユーカリやミモザなど、僕の好きなオーストラリアの植物をプラスしましたが、自分の好きな植物を加えて、個性的なお正月のスワッグを作ると楽しいですね。簡単なので、お正月のスワッグを家族やお友だちと作ってみませんか?

家の入り口に飾りたい、「ミニ門松」の作り方を紹介した『手作りで迎える新年! 玄関に備えたい縁起物「ミニ門松」の作り方』も併せてどうぞ。併ぞれせ。て

併せて読みたい

年末の贈り物にも。モダンな部屋にも似合う根引松の松飾り
新春を祝う白いチューリップのお正月アレンジメント
小さな庭と花暮らし 「新年の迎え花」

Credit

写真&文/遠藤 昭
30代にメルボルンに駐在し、オーストラリア特有の植物に魅了される。帰国後は、神奈川県の自宅でオーストラリアの植物を中心としたガーデニングに熱中し、100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主。ガーデニングコンテストの受賞歴多数。現在は、川崎市緑化センター緑化相談員を担当しながら、コンテナガーデン、多肉植物、バラ栽培などの講習会も実施。園芸文化の普及啓蒙活動をライフワークとする。著書『庭づくり 困った解決アドバイス Q&A100』(主婦と生活社)。

Print Friendly, PDF & Email