勝手口や物干しに使われている裏庭は、人の目に触れないので物置スペースになったり雑草が生えたままになったりと、手入れが後回しになる場所。でも、リビングルームから見えたりして、ちょっと気になっている人もいるのではないでしょうか。今回は、そんな裏庭の狭小スペースを開放感ある空間にリノベーションした事例をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

清楚でエレガントな空間へ

Before
写真/タカショー
After
写真/タカショー

空間全体をホワイト系のやわらかな色調にまとめることで、ジメジメとした裏庭を清楚でエレガントなイメージに一新。素足で歩きたくなるような心地よさを感じるスペースに仕上がっています。こんな可愛らしい空間なら、心がウキウキしてバラなども育ててみたくなってしまいます。

シェード付きのフレームポーチで、もう1つの部屋に

写真/タカショー

リビングルームの前にはシェード付きのフレームポーチを設けることで、日中でも快適に過ごせる空間に仕上がっています。軒下まで届く心地よい光を浴びながら近所の方やお友達とおしゃべりしていたら、ついつい話が弾んでしまうかもしれません。

奥行きのある広々とした空間

写真/タカショー

ちょっと注目していただきたいポイントは、リビングのデッキと物干しスペースの床の高さが揃えられていることです。こうすることで、リビングからの出入りがしやすくなるだけでなく一続きの空間になり、奥行きのある広々とした開放感を得ることができます。また物干しスペースの前にあえて突き出した壁を設けることで、物干しに必要な道具を視線から隠し、スッキリした見た目にしています。

窓を開け放ちたくなるようなスッキリした空間

写真/タカショー

元々あったコンクリート塀はあえて残し、白色のスダレで覆っています。さらに、白のアルミ板塀で統一感を出しつつ目かくしすることでプライバシーをしっかり確保。板と板の間には隙間を設けて光や風が程よく通るようにしています。

また塀の間々に柱を立ててデザインにリズムを付け、夜も楽しめるようにライトを取り付けました。デッキと塀の間に設けた植栽用のスペースが裏庭の雰囲気を柔らげてくれているようです。

 

このように、裏庭のような限られたスペースでも工夫次第で、朝も昼も夜も外の空気を感じながら過ごしたくなるような気持ちのよい空間にできるのです。

Print Friendly, PDF & Email