庭にあるハーブをもっと楽しんでみませんか? 今回ご紹介するのは、ユーカリやミントなど、香りのするハーブたちを集めて束ねたスワッグ(壁掛け)。そこにクリスマスによく使用される常緑針葉樹の枝も加えれば、オシャレなクリスマススワッグの完成です♪ ハーブで作るスワッグは、ナチュラルな風合いで、見ているだけで癒やされます。そのまま乾燥させれば、長期間ドライフラワーとしても楽しめますよ。
ここでは、クリスマススワッグの作り方や、上手にドライフラワーにするためのコツをご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

スワッグとは?

スワッグとは、「壁飾り」という意味のフラワーアレンジメントの形の一つです。

丸型は「リース」、それ以外の形は、「スワッグ」や「ガーランド」などと呼ばれます。スワッグは、ドアや壁に掛けてもいいですし、横にして置いて、テーブルを飾っても素敵です。

リースやブーケ(花束)と比べて短時間で簡単に作れるので、初心者さんにオススメのアレンジメントです。

特に決まりもありませんから、自由に作ってみてくださいね。

クリスマススワッグを作る材料は?

まずは使用する花材の準備から。用意したものは、ユーカリ、チェリーセージ、コモンセージ、サラダバーネット、エレガンテシマ(ヒノキ)、ラムズイヤー、アップルミント、モミです。今回は、ドライフラワーになりやすいユーカリやミントなど、ハーブの葉に加えて、クリスマスシーズンに飾って楽しめるように、庭に植えてある針葉樹(コニファー)の枝を使いました。ヒバやモミ、ヒノキなどの針葉樹も立派なハーブ! これらがプラスされると、一気にクリスマスの雰囲気にもなりますよ。

ハーブの種類はもっと少なくても問題ありませんし、お庭に生えている針葉樹がある方は、剪定を兼ねて、一緒に使ってみるのもオススメです。手に入らなければ、お花屋さんにある花材で気に入ったものを揃えてくださいね。

自家栽培している植物を使う場合には、虫がいないかどうか、よくチェックしましょう。虫がいるとしたら、葉の表ではなく裏面です。

枝葉を裏返して、よくチェックをしましょう。枝と枝の間もよく確認してくださいね。

他に揃えておく材料は、輪ゴム、リボン、麻布です。

クリスマススワッグの作り方

それでは、スワッグを作っていきましょう。仕上がりは、40×20cmくらいです。

1. 花材の準備をします

はじめに、用意したハーブのサイズを3つに分類しましょう。枝葉の長さが40cm以上を大サイズ、30~20cmを中サイズ、20cm以下を小サイズとしてまとめておきます。

●(左から)大サイズ…チェリーセージ、ユーカリ

●中サイズ…(左から)サラダバーネット、コモンセージ、エレガンテシマ

●小サイズ…(左から)ラムズイヤー、アップルミント、ユーカリ、モミ

分類したら、下葉を取り除いておきましょう。

目安は握りこぶし1つ分ほど。ここに葉が残っていると、うまく乾燥されずカビの原因にもなりますので、丁寧に取り除いてくださいね。

2. 大サイズから束ねます

まずは大サイズから束ねていきます。三角形になるように枝葉の向きを調整して、輪ゴムでとめましょう。

ポイントは、手で持つのではなくて置いて作ること。手で持ちながら作るといのは、練習が必要な難しい技術です。あまり慣れていない方は、テーブルの上に置きながら作り、要所要所を輪ゴムでとめていくと、上手にできますよ。

3. 中サイズ、小サイズを束ねます

長いものから順々に上に置き、三角形を意識して重ねていきます。上に重ねていくことで、厚みが出て、ボリューム感のあるスワッグに仕上がります。また、ハーブは左右に均等に配置するのではなく、1種類をひとかたまりにまとめて配置します。この手法をグルーピングと呼びます。

作りながら、時々逆さにして、三角形になっているかをチェックしましょう。

4. 輪ゴムでまとめます

すべての花材が入ったら、輪ゴムで1つにまとめましょう。

5. 麻布とリボンを巻きます

輪ゴムを隠すように、麻布を一周巻き、その上からリボンを巻きます。

この際、リボンの向きに注意しましょう。吊るして楽しみたいので、これまで作っていた向きとは逆にして蝶々結びをします。麻布はなければ省略してOKです。

6. 完成です

ボリューム感は、枝葉の量で調整してくださいね。クリスマスが終わったら、リボンや麻布をお正月っぽいものに変えると、また違った雰囲気になりますよ。季節に合ったリメイクをして、ぜひ長く楽しんでください!

上手にドライにする方法

うまくドライにできれば、きれいな色やハーブの香りを長い期間楽しむことができますので、コツをおさえておきましょう。

コツ1:天日に当てないこと

強い光に当ててしまうと、色があせたり、葉が焼けたりします。乾燥させる場所は“風通しの良い日陰(室内)”にしましょう。

コツ2:短時間で乾かすこと

湿気の多い季節は避けて、短時間で乾燥させたほうが、いい状態のドライフラワーになります。冬場は空気が乾燥しているので、きれいに仕上がる季節でもありますよ。ぜひお試しくださいね。

併せて読みたい

クリスマスやお正月にもぴったり! 冬こそ楽しめるおしゃれなリースの寄せ植え
ツリーがなくても大丈夫! クリスマスツリー風アレンジメント
お庭で採れたハーブ活用術! レモングラスコーディアルの作り方

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email